北海道南西沖地震から20年(mixi朝の歳時記風日記 7月12日(金)更新分本文のみ抜粋)

内容はタイトルのままです。7月12日は北海道南西沖地震、私個人としての別称「奥尻島大震災」発生の日です。今年はちょうど20周年。この地震を機に津波に対する姿勢、報道態勢などが変わっていきました。東日本大震災よりも規模自体は小さいですが、津波は東日本大震災のそれと殆ど変わらないものが奥尻島に襲いかかりました。東北、阪神淡路、日本海中部などとともに、絶対に忘れてはならない自然災害の一つです。
国内 津波 震災 大津波 NHK 北海道南西沖地震 奥尻島
3
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
1.今日は北海道南西沖地震発生から、ちょうど20年の日です。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
2.当時私は小学5年生で、地震が発生した当時のニュースは全く見た覚えがありませんが、YouTubeなどの動画サイトで当時の映像を改めて見直し、さらにいろいろな情報を知って、この地震は大変社会に衝撃を与えた地震であったことが分かってまいりました。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
3.北海道南西沖地震が発生したのは、夜の10:17(22:17)。函館や室蘭など北海道南西部の広い範囲で強い揺れを観測しました。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
4.最初に入ってきた情報は「北海道の寿都(すっつ)と江差(えさし)で震度5」という情報。(写真 (C)NHK) http://t.co/qYMXQKd9Iq
拡大
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
5.さらに地震発生から5分後、気象庁は北海道の日本海沿岸に大津波警報同太平洋沿岸と東北の一部海岸に津波警報オホーツク海沿岸に津波注意報を発表し、発表から2分後にNHKから警報発令が伝えられました(写真)。 http://t.co/SnP4TbouEd
拡大
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
6.ところが、この時点で既に奥尻島には津波の第1波が到達しており、津波に流されてしまった人もいたようです。当時、奥尻島は震度計や緊急時の連絡システムが全くの不備か不完全の状態で、奥尻島で甚大な被害が出ている事が伝わったのは地震発生から少し時間がかかりました。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
7.さらに夜に地震が発生したことで、停電の起こった地域ではなにがなんだか分からず、被害の詳細は夜が明けてから一段と深刻さを増す形となりました。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
8.結局、この地震で奥尻島では最大16.8m(初松前地区)の大津波を観測し、島の南部に突き出て三方が海に囲まれていた青苗地区では、島を回り込んだ津波に加え北海道本土から反射した津波も襲来し、地区世帯数504に対し400棟が全壊或は流出し、壊滅状態に陥りました。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
9.死者・行方不明者も230人で、その多くが奥尻島の住民だったとされています。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
10.北海道南西沖地震のちょうど10年前には、秋田県沖を震源とするマグニチュード7.7の大地震(日本海中部地震)が発生しており、「日本海でも津波は起こる」という意識はそこそこ根付いており、早めに避難をした人もいたようです。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
11.しかし一方で、日本海中部地震では地震発生から津波が到達するまでに7分程度の余裕があったため、余裕を見込んで自動車で逃げようとした結果、渋滞にあい津波に巻き込まれたというケースもあったそうです。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
12.北海道南西沖地震では、震源が奥尻島のすぐ近くだったために、揺れから1~2分(つまり場所によっては揺れが収まらないうち)で津波が到達したため、比較的迅速だった報道も間に合わなかった結果となりました。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
13.この地震を機に、奥尻島に震度計が設置され、報道のさらなるスピード化をはかるとともに、技術には限界があるという現実をつきつけられた形となったため「海岸付近にいて揺れを感じたら、警報が出るかどうかを確認する間もなく、すぐ高台に逃げること」が重要項目となりました。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
14.日本では東海・東南海・南海の3地震に特に警戒感が高まっていますが、それを嘲笑うかのように東北の太平洋沖でマグニチュード9.0という巨大地震(東日本大震災の原因となった地震)が起こりました。また、海底には未知の活断層がたくさん存在すると言われています。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro
15.海岸付近にお住まいの方は、常日頃から地震と津波には万全の対策をとっておきましょう。(了 YouTube 北海道南西沖地震 大津波警報‐ニコニコ動画(原宿) http://t.co/WL3DbJPHjU
拡大

コメント

しろいねこ999 @shiroineko999 2013年7月13日
もしもよろしければ、6 >「当時、奥尻島は震度計や緊急時の連絡システムが全くの不備か不完全の状態で、奥尻島で甚大な被害が出ている事が伝わったのは地震発生から少し時間がかかりました。」の原典を提示頂けますでしょうか?
しろいねこ999 @shiroineko999 2013年7月13日
私が知る限り、揺れている最中に波は襲ってきたとのNHKニュース報道を記憶しております。計測機器の不備の有無はともかく、この奥尻島を襲った津波は逃げる時間猶予がほとんどない事例です。
しろいねこ999 @shiroineko999 2013年7月13日
まとめ意図は十分については理解しているつもりです。また、こうしたまとめは、時を経た現在では貴重ですので、その点では参考になりました。
つれづれの木の下藤吉郎 @Tohkichiro 2013年7月13日
shiroineko999 恐れ入ります。基本的にWikipediaとYouTubeからの動画の様子を基に書いているので、事実もあるものの推測に過ぎないものも少々ございます。当時の奥尻島に震度計=地震計がなかったのは事実で、各地の震度一覧(画像)でも奥尻島の震度は表示されていません。
しろいねこ999 @shiroineko999 2013年7月14日
ご回答に感謝いたします。内容は了解いたしました。