2013年7月24日

避難する権利と避難しない権利

私の目に入ったタイトルに関するツイートを集めました。
57
水無月 @minadukiG

「このような分断を被害者自身による選択(自己決定)の結果としてとらえるのではなく…むしろ、避難するかしないかについて『選択の強要を受けることこそが共通の被害である』(藤川賢「福島原発事故における被害構造とその特徴」環境社会学研究18号45頁以下)ととらえ…」

2013-07-21 12:03:53
水無月 @minadukiG

「一方で『避難する権利』を認め、それを実現するための支援を保障することと、他方で『とどまる論理』をも正当なものとし、それに見合った補償を与えることが必要なのではないか」 【原発事故と損害賠償】立命館法科院吉村教授 http://t.co/FUm5aeR9cl @minadukiG

2013-07-21 12:06:46
水無月 @minadukiG

↓原発事故という人為災害によって、「選択を迫られること自体が被害である」という視点は重要だね。 これは昨今はやりの、いわゆる「自己責任論」へのカウンターともなりうる論理ではないかな。原発事故の被害にも自己責任を言い出しかねない風潮があるから。

2013-07-21 12:14:59
水無月 @minadukiG

(「避難させる権利」じゃなくて「避難する権利」ね。「させる」を権利化するなんてロクでもない)

2013-07-22 08:58:25
水無月 @minadukiG

https://t.co/3tof0UqbX0 「権利とは、ほんらい主体的に獲得するもの」←不勉強というより無知なだけ。

2013-07-22 20:23:12
水無月 @minadukiG

https://t.co/5aJME5FVvp 「『お金を下さい。』というのをプライドが邪魔して言えない」←じゃなくて、「避難したい人には公的補助金を出す仕組み」を備えるのが当然なのだから(=避難の権利)、できてない政府がまず「お金がないんです、ごめんなさい」と言うべきなのね。

2013-07-23 10:35:21
kentarotakahashi @kentarotakahash

経済的困窮は関係ないですよ。それじゃ、移住費用が捻出できる人は権利なし、という話になる。RT @SuruganoTBN: 「避難の権利」じゃなくて、「経済的困難で避難出来ないでいる人に公的補助金を出す仕組み」、なら話し合い出来ると思う。

2013-07-23 12:44:14
kentarotakahashi @kentarotakahash

「避難の権利」は分かりにくいと言えば、分かりにくいと思う。「避難を希望する者が、そのための公的支援を得る権利」ですよ。

2013-07-23 12:50:46
kentarotakahashi @kentarotakahash

「おかしな言葉」というより、「嫌いな言葉」なんじゃない? RT @HayakawaYukio: 「避難の権利」というおかしな言葉は2年前から使われている。 http://t.co/Iu3mJnVTs8

2013-07-23 12:59:56
kentarotakahashi @kentarotakahash

「「避難の権利」という言葉が私は嫌いだ。自己責任を基本とする私の災害観と相入れないからだ」 https://t.co/udsfWG6wvc

2013-07-23 13:13:25
kentarotakahashi @kentarotakahash

つまり、法律論議じゃないんだよね。私と相入れるかどうか、を話してるだけ。 「「避難の権利」という言葉が私は嫌いだ」 https://t.co/udsfWG6wvc

2013-07-23 13:15:27
水無月 @minadukiG

https://t.co/QHZFdQ1GPs 「『避難の権利』…私は嫌いだ。自己責任を基本とする私の災害観と相容れない」 https://t.co/ZBUqJVcdQW https://t.co/obsab0rfv2 (「嫌いな」を「おかしな」と言い換えるのも感情ゆえだろうね)

2013-07-23 13:29:05
kentarotakahashi @kentarotakahash

「避難の権利」についてだけれど、この言葉を最初に使われたのは、2011年7月の「「避難の権利」集会 in 福島」だろう。FOE JAPANのサイトに、その時の説明が残っている。 http://t.co/VcKnZyP57M

2013-07-23 22:12:44
kentarotakahashi @kentarotakahash

「「避難の権利」・・・耳慣れない言葉ですが、私たちとしては、住民が自らの被ばくのリスクを知り、それに基づいて避難することを判断したとき、正当な賠償や行政サポートを受けることができる権利と定義してみました」 http://t.co/VcKnZyP57M

2013-07-23 22:14:11
kentarotakahashi @kentarotakahash

2011年7月から、住民が避難すると判断した時に、「正当な賠償や行政サポートを受けることができる権利」としての「避難の権利」の確立を求めて、政府との交渉が始まっている. → http://t.co/mNoVFjYihr

2013-07-23 22:19:29
kentarotakahashi @kentarotakahash

あ、もちろん議論されたからこそ、この時点で、明確な定義を示して、「避難の権利」という言葉が使われたのだと思います。 QT @karitoshi2011 これ以前に、福島県内の一部では議論されていました。チェルノブイリ原発事故の事例を知ってる人はいましたから。

2013-07-23 22:21:11
kentarotakahashi @kentarotakahash

定義を示した上で、住民がそれを求めてきたのだから無問題。気に入らないで、カッカするのは自由ですが、 QT @HayakawaYukio「避難したい人達が現実的に避難できるような条件を整える事」を「避難の権利」と呼ぶことは、容認できない日本語破壊です。

2013-07-23 22:30:43
kentarotakahashi @kentarotakahash

権利は主体的に主張し、主体的に獲得することで初めて得られるものじゃありませんよ。 QT @HayakawaYukio 権利は、条件を整えることによって達成されるような柔らかい概念ではありません。

2013-07-23 22:32:49
kentarotakahashi @kentarotakahash

違う権利(社会権)の話をしているのだから、その論は無効です。 QT @HayakawaYukio 日本では、避難する権利はだれにでもある。避難先で新しい生活を始める条件が十分整っているかどうかは、個人によって違う。

2013-07-23 22:35:27
水無月 @minadukiG

早川さん(&周辺)に関しては、健太郎さんが発掘した↓が重要だろうと思ってる。 https://t.co/QHZFdQ1GPs 「『避難の権利』という言葉が私は嫌いだ。自己責任を基本とする私の災害観と相容れない」 つまり、原発事故という人災を自己責任に押し込めるかどうかの対立。

2013-07-23 22:42:27
kentarotakahashi @kentarotakahash

「この言葉を最初に使われたのは」× → 「この言葉が最初に使われたのは」○ https://t.co/8M7H0eMnfi

2013-07-23 22:45:03
kentarotakahashi @kentarotakahash

火山噴火という天災から得た自身の意見を、原発事故という人災にも適用したい、という欲があるのでしょう。 QT @minadukiG 「『避難の権利』という言葉が私は嫌いだ。自己責任を基本とする私の災害観と相容れない」 つまり、原発事故という人災を自己責任に押し込めるかどうかの対立。

2013-07-23 22:48:45
水無月 @minadukiG

↓なお、こういう災害時自己責任論は「経済的な理由で避難したくても出来ない…?生活保護豊富な日本で…」とか https://t.co/w1XpOzUPCT とか「健康面は健康保険で」 https://t.co/3QrbuXYZaa という発想とほぼ同じ。だからずっと批判している。

2013-07-23 22:52:59
はみんぐばーど @kei_sadalsuud

「避難の権利を認めた法律」 この法律は、原発事故で避難した方には国の避難指示あるなしにかかわらず、移動・住宅・就学・就業、移動先自治体による役務の提供を、避難しない方には、医療・就学・食の安全・放射線量の低減・保養を支援すること、→

2013-07-24 00:45:53
はみんぐばーど @kei_sadalsuud

→さらに家族と離れてくらすことになった子どもに対する支援を定めたものです。 http://t.co/Fhh3a99FHJ

2013-07-24 00:47:02
残りを読む(18)

コメント

横川圭希 @keiki22 2013年7月24日
あの当時の同調圧力の凄さは、目の当たりにしないと、ちょっと理解しがたいと思います。それを福島の人達は東北人の特徴だ、って表現してたけど、僕は日本中どこでもあまり変わらないと思う。例え東京でも。
3
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
チェルノブイリ法を問題提起に織り込むのはそもそもの間違いなんじゃないですかね。
4
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
居住の自由が侵された、この元に避難する・しない、があるわけで、対立する2つの権利に見えてるだけで、同一の自由・権利が侵害されたことによっています。
3
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
それに対して、チェルノブイリ法は、実質的移動の自由がない、しかも、3年間の不作為と隠ぺいに対する後追い策の性格がありました。
3
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
そもそも日本には移動の自由があるという意見は、チェルノブイリ法との比較によってるわけで、該法を問題提起に織り込むと、必ず付いて回ってしまいます。
3
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
また、チェルノブイリ法は居住民に関しての要件には移住権利ゾーンでは3年以上の居住、つまり、事故後の不作為を考慮した構成になってることにも留意。
2
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
避難の権利発案の参考にはなったのは間違いないとしても、この法を問題提起に織り込むのはまずいと僕は思います。
4
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
shanghai_ii 「チェルノブイリ法を問題提起に織り込む」ということの意味がわからないのですが、日本における「避難の権利」の概念については、まとめ中に定義が(支援法の理念も)収録されていますので参考にしてください。
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
shanghai_ii 避難する権利と避難しない権利が同一のものである、ということは、まさに私が主張していることであり、本まとめのテーマでもあろうと思います。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
水無月さんのことではありません。ただ、まとめでもチラと出てきてますね。また、検索してみれば良いと思います。「避難の権利」が如何にチェルノブイリ法と関連づけて論じられてるか。
3
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
.shanghai_ii チェルノブイリ法と関連付けて解釈する(同法と関連付けてしか解釈できない=誤解している)人が多いなら、なおさら、本来の理念を丁寧に説明するしかないだろうと思います。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
「避難する権利と避難しない権利が同一のものである、ということは、まさに私が主張していることであり、本まとめのテーマ」そのこと確認できて安堵しました。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
改めて表明しますが、避難しない権利は居住の自由回復であって、その回復に伴う措置や行動があたかも避難の権利への圧力になっているかのような論調には今後も警戒お願いします。
4
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
.shanghai_ii 了解しましたが、この話は常に、双方向で成り立つという点に特段のご留意をいただければと思います。避難したい人、避難はしたくない人、戻りたい人、戻りたくない人、全てが被害者で、支援を必要としています。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
うーん、やっぱり相違があるような… 避難の権利で支援したいのは、単に移動したいんじゃなくて、移動したくないのに放射能のために移動せざるを得ない人ではないんですかね。この限定は間違ってるなら、指摘ください。
2
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
居住の自由回復への措置や行動は、ここで2手で論じられている双方に必要なものです。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
それをわざわざ2手で対立項として論じるところに違和感があるんです。異を唱えてる人は、この違和感に対して述べてるんじゃないですかね。
1
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
.shanghai_ii 「避難の権利」の支援対象は、移動したい人、移動したくない人、双方であろうと思います。それはまとめ中のkei_sadalsuudさんの引用を参照願います。続
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
「それをわざわざ2手で…」は、shanghai_ii さんの「避難しない権利は居住の自由回復であって…あたかも避難の権利への圧力に…」という表現にこそ、私は感じました。続
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
だからあえて「双方向で」と強調した次第です。 「移動するも移動しないのも居住の自由回復であって…」が本来であろうと思います。shanghai_ii
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
結局、堂々巡りなのね。僕の質問には答えず、また先祖がえり。
3
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
どの質問ですか? 「避難の権利で支援したいのは、単に移動したいんじゃなくて、移動したくないのに放射能のために移動せざるを得ない人ではないんですかね」には回答済です。 shanghai_ii
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
答えになってないやん。僕の質問が悪かったですか。上で水無月さんが論じておられる「避難する権利」について尋ねました。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
基本的に、居住の自由が侵された前提になるのは「そこに住みたい人」ではないんでしょうか。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
これを認めるならば、「避難する」「避難しない」の2つの権利の上位に「居住の自由」があることは明白。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
だから、「居住の自由」回復のための措置や行動は2つの権利双方のためのものです。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
これを「避難しない権利」にだけ結びつけてはいけない、ということ。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
だから、この僕の意見に対して、双方向というのは、何を指しているのか不明です。
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
shanghai_ii 居住の自由が侵された前提になるのは「そこに住みたい人」だけではなく、「そこに住みたくない人」も、であると考えています。続
1
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
shanghai_ii また私は避難する権利、避難しない権利の上位に位置するのは自己決定権であると考えています。この自己決定を「居住」に結び付けて解釈すれば、そこに住みたい、住みたくない双方が導かれます。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
住みたくない人の自己決定権が侵害されたわけですか? 観念的過ぎてぼくには理解不能です。
2
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
.shanghai_ii 避難の権利と自己決定権に関しては、こちらがまとまっていると思います。参考までに。 http://kappamark.jugem.jp/?eid=12
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
ここが根本的に大事なところじゃないのかな。誰の自由・権利が侵害された(and/orされている)のか。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
リンク辿ればいきなりチェルノブイリ法が出てきた。上で何を論じていたんだろう… かなりガッカリ。一旦論じるのを止めておきます。それぐらい差が大きいと感じた。
5
Kazuo Uozumi(蘇民将来子孫家門&ANTI-FASCISM) @forthman 2013年7月24日
すべての人がそこに住みたくて、住んでいるわけではないので、「住みたい人」「住みたくない人」ではなく、「住まざる得ない人」すべてと考えた方がいいのではないか?
0
Kazuo Uozumi(蘇民将来子孫家門&ANTI-FASCISM) @forthman 2013年7月24日
住まざる得ない人を含めて、住んでいる人全員かな。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
住んでいる人全員と解釈するならば、事故影響がダイレクトに住むか住まないかの自己決定権を侵害する要因なんだけど… ますます何が問題になってるのか謎だ…
3
rozeree in 0.08 @reemayufu 2013年7月24日
なんだか話がうやむやになってしまいますが、避難区域の方はどこに住んでいても今補償がある。避難したい人なら関東にもいる。東電のいうところの「自主避難区域」に住む者が避難したいというときに十分な補償がある=「避難の権利」として今、考えることなのではないでしょうか。
2
内田 @uchida_kawasaki 2013年7月24日
まとめを更新しました。
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
shanghai_ii 「差が大きい」の主語が私と上海さん(の考え方の違い)であれば、「論じない」で問題ないと思いますが、リンク先の河崎弁護士は、子ども被災者支援法に深く関わった人物ですから 続
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
もし、上海さんと河崎さんの考え方との「差が大きい」であるなら、まず書かれてあることを理解するのが先かと思います。続
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
「日本版チェルノブイリ法」という位置づけに疑問を感じるという上海さんのご意見は心に留めておきますが、私自身は、その中身を読めば表現だけのことであるように理解しています。
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
なお、支援対象者は誰か、に関しては「基本方針」の策定を待っている段階ですが、同法成立に尽力した各種市民団体や、同法の速やかな実施を求める国連人権理事会報告では、年1mSvに言及されていますね。
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
実際は年1mSvから年20mSvまでのどこかに線が引かれることになろうかと思います。 reemayufu さんの仰る通り、この支援対象地域に含めて欲しいという嘆願運動は関東でも行われています。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
「表現だけ」というのは現実を見てないな。だから検索してみろ、と書いたんですよ。
2
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
被災者支援法については、ぼくは河崎さんのこちら文書は高く評価しています。https://www.blwisdom.com/linkbusiness/linktime/future/item/8432/8432.html?limitstart=0
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
グーグル検索も見てみて。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
表現の違いに過ぎないというのは、看過できない。(議論は終了します)
0
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
shanghai_ii つまり上海さんの主張は、同法を説明するのに「チェルノブイリ法」という表現を出すな、ということだった、という理解でOKですか?
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月24日
僕が何を主張してるのかは全て書きました。(連続した対話の中の1ツイートに対してのみ皮相的な解釈を加えられるのは耐えられませんので、終了します)
1
水無月 @minadukiG 2013年7月24日
shanghai_ii 上海さんの主張(要するになにが言いたいのか)は全般的に私にはよく理解できませんでしたが、無理に説明をお願いするつもりはありません。ご自由にどうぞ。
0
内田 @uchida_kawasaki 2013年7月24日
まとめを更新しました。
0
Sirius☆彡 #パンデミックの彼方へ @sitesirius 2013年7月25日
「住みたい人が住む権利(=住みたくない人が住まない権利)」と「住みたい人が、住めなくされたので引っ越そうとしたが引っ越すに引っ越せない、しかたなく住んでいるという現状を回復する権利」とか。 #NUKEjp
0