2013年7月19日

法律家・高嶌先生による【避難の権利】について

法律家・高嶌先生 @TAKASHIMA724 さんによる避難の権利についての法的解釈 ■関連続編(長くなったので別にまとめました) 法律家・高嶌先生による"「子ども被災者・支援法」を早期具現化を求む" http://togetter.com/li/536209 続きを読む
81
水無月 @minadukiG

https://t.co/9O3TDUt7PO 「『避難の権利』はいつでもあるので、必要なのは権利ではなく支援です。権利がないのは逆に『帰還』のほうなんです」 https://t.co/LaiMy2xFTX 「権利があることと権利が行使できる条件が整っていること」

2013-07-16 17:07:51
はみんぐばーど @kei_sadalsuud

「子どもを産めますか?」という問いに対して、「大丈夫」「不安を煽るな」で終わってはいけないと思うんですよね。大人が、社会が、あなたのことを絶対見捨てないということを言葉でなく行動で示さないとダメだと思う。

2013-07-17 00:44:09
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

【避難の権利について】近時,「避難の権利」という法概念の意味について,平川さん@hirakawahや林さん@SciCom_hayashiがツイートされています。

2013-07-19 15:29:45
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

言うまでもありませんが,この権利は,今回の原発事故の被害者にとって非常に重要な意義を有していますし,投票に際しても重要な考慮要素になると思われます。

2013-07-19 15:30:21
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

ところが,平川さんや林さんの議論のお相手のいくつかのツイートを読む限りでは,「避難の権利」という法概念の意味について,必ずしも共通理解は存在していないようです。

2013-07-19 15:30:56
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

そこで,法律学の視点からは,「避難の権利」という概念がどのように理解されるべきかを以下で明確にしておきましょう。

2013-07-19 15:31:19
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

とりわけ気になったのは,一部の論者には,「避難の権利」と,「憲法22条1項に基づく居住移転の自由(権)」が混同されていることです。

2013-07-19 15:31:38
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

憲法第22条1項  「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。」

2013-07-19 15:32:22
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

このように,憲法22条1項は,居住,移転は自由であることを明言しています。そして,避難の権利を,この意味での自由(権)であると理解する限り,避難の権利は現在でも保障されているという結論になってしまいます。

2013-07-19 15:33:14
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

現時点において,居住や移転を理由なく妨げる法令は存在しませんので,避難することそれ自体は自由であると一応は言えるからです。

2013-07-19 15:33:36
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

しかし,避難の権利を,国家による規制からの自由というレベルで捉える理解は,少なくとも現行法の解釈としては誤っています。

2013-07-19 15:34:35
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

平川さんや林さんは,避難の権利とは,より積極的な支援を内容とする権利である,との理解を示しておられますが,実定法の解釈としては,このような理解が適切です。

2013-07-19 15:35:34
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

その根拠を法律学の観点から補足すると,次のようになります。

2013-07-19 15:35:42
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

「避難の権利」が単なる自由(権)ではなく,積極的な公的支援を内容とする権利であることは,すでに原発事故子ども被災者支援法の2条2項に明示されています。

2013-07-19 15:36:04
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

すなわち,同法2条2項は次のように定めています。

2013-07-19 15:36:40
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

「被災者生活支援等施策は、被災者一人一人が第八条第一項の支援対象地域における居住、他の地域への移動及び移動前の地域への帰還についての選択を自らの意思によって行うことができるよう、被災者がそのいずれを選択した場合であっても適切に支援するものでなければならない。」

2013-07-19 15:36:59
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

この条文を読めば誰でも理解できるように,一定の地域については,居住,移動,帰還のすべてを「適切に支援する」ことが,すでに実定法の条文によって明言されているのです。

2013-07-19 15:37:46
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

そしてさらに,政府は,「被災者生活支援等施策を実施するため必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない」ことも,同法4条によって定められています。

2013-07-19 15:38:20
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

「避難の権利」の内容を具体化し,現実化すべきであるという主張は,単なる理念的なものではなく,上記のように,実定法に根拠を持った主張なのです。この点を見失ってはいけません。

2013-07-19 15:38:40
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

従って,原発事故子ども被災者支援法4条2項を前提とする限り,避難の権利を自由(権)のレベルで捉える理解は,現行法の解釈としては誤りということになります。

2013-07-19 15:39:06
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

法学的な観点からの解説、ありがとうございます。勉強になります。RT @TAKASHIMA724: 【避難の権利について】近時,「避難の権利」という法概念の意味について,平川さん@hirakawahや林さん@SciCom_hayashiがツイートされています。

2013-07-19 15:48:59
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

私が指摘したのは,避難の権利が実定法に根拠を持つ法概念であるという点です。決して言葉の定義の問題ではありません。この点をまず確認しましょう。 http://t.co/24sYZTHutS

2013-07-19 16:59:14
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

その上で,「帰還の権利」について述べますと,原発事故子ども被災者支援法2条2項を読めばお分かりのように,同法は,帰還の権利も,住み続ける権利も認めています。この点は,法律の文言から明らかです。 http://t.co/MaV0aX8xco

2013-07-19 17:02:05
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

ただし重要なのは,居住,避難,帰還という「選択を自らの意思によって行うことができるよう、被災者がそのいずれを選択した場合であっても適切に支援するものでなければならない。 」とされていることです。 http://t.co/cxQN5tJbty

2013-07-19 17:06:16
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724

すなわち,これらのいずれを選択するかの決定を,自由意思によって行うことができるようにするための積極的な支援が必要であることは,すでに同法が前提としているのです。 http://t.co/xPOw2RXV3A

2013-07-19 17:08:45
残りを読む(20)

コメント

上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
『居住,移動,帰還のすべてを「適切に支援する」』とありますが、何故「移動(避難)」についてだけ、「避難の権利」と書かれるのでしょうか。
8
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
この点を除けば、言葉の定義の問題であって、タクラノミックスさんの疑問は解消されないと思います。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
私が指摘したのは,避難の権利が実定法に根拠を持つ法概念であるという点です。決して言葉の定義の問題ではありません。この点をまず確認しましょう。
1
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
その上で,「帰還の権利」について述べますと,原発事故子ども被災者支援法2条2項を読めばお分かりのように,同法は,帰還の権利も,住み続ける権利も認めています。この点は,法律の文言から明らかです。
0
PKA @PKAnzug 2013年7月19日
避難したい人が避難できるようにするための援助を行うことは私もいいと思いますし、これに反対する人はほとんどいないんじゃないかと思います(公的資金は何にでも使えるわけではないので、民間団体にならざるを得ないかもですが)。一方、望まない人も避難させようとするのは居住権を奪うのとイコールなので、それでないことは明示しないといけない気がします。「避難の権利」が後者の意味で主張されてるのを何度か目にしていますから。
8
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
ただし重要なのは,居住,避難,帰還という「選択を自らの意思によって行うことができるよう、被災者がそのいずれを選択した場合であっても適切に支援するものでなければならない。 」とされていることです。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
タクラノミックスさん「避難したい人への支援を求めるというなら分かるけど」。菊池さん「必要なのは権利ではなく支援です。権利がないのは逆に「帰還」のほう」。
4
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
お二人とも、支援については肯定されているように見えます。条文にも支援とあります。
4
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
法律上の用語として「権利」というのかもしれませんが、お二人の考えは間違ってますか?
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
すなわち,これらのいずれを選択するかの決定を,自由意思によって行うことができるようにするための積極的な支援が必要であることは,すでに同法が前提としているのです。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
さきほども書きましたが、疑問は、「何故、移動(避難)だけ権利がつくのか」です。居住、移動、帰還は3つとも条文上では対等に見えますが、違いますか?
6
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
全然答えになってない。自由意思云々なんて、誰も否定してる人は居ないように見えます。
4
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
訂正m(_._)m タクラノミックスさんじゃなくて、タクラミックスさんでした。
0
PKA @PKAnzug 2013年7月19日
ところで、あれだけエネルギッシュに「避難の権利」を叫ぶ人たちがいて、その賛同者も多いなら、避難希望者への支援を行う民間団体くらい作れそうなものですが、そういうものが作られた実績、あるいは作ろうとした事実は存在するんでしょうか。もし存在しないなら、作る方向で動いてみてはどうでしょう。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
そういう避難を支援している団体はいくつかあると思います。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
避難については、今年いっぱいで公的サービスが打ち切られるところが多いので、支援団体もかなり切羽詰まってる状況にはあります。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
.@shanghai_iiさん,落ち着いて私の上のツイート https://twitter.com/TAKASHIMA724/status/358134633268916224 を読みましょう。再記述しておきます。「同法は,帰還の権利も,住み続ける権利も認めています。この点は,法律の文言から明らかです。」
2
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
再確認希望。お二人のどこがおかしいのかよく分かりません。法律用語としてはオカシイのかもしれませんが、、、
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
むしろ、ぼくには、「避難の権利」を主張される方が、「除染なんて意味はない」とか「住めないぐらいの線量」とか書かれてるケースにも注文つけて欲しい。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
上に記載の移動、居住、帰還の3つの権利が対等で、自由意思が尊重されるべきことについて、是非再確認お願いしたい。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
落ち着いてるんだけど… 上でTAKASHIMA724さんが、避難の権利についてだけ、権利と書かれていたので、再確認したいわけです。条文にあるだけじゃなくて。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
これらの権利を現実化するために,政府は,「必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない」のです。決して,事実上の「支援」の問題ではなく,実定法上,そのように定められているのです。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
避難希望者への支援を行う民間団体は,かなりの数存在するはずです(要確認ですが,インターネット検索でも見つけられると思います)。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
「政府は,「必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない」のです」という点は完全に同意しております。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
しかし、お二人が「権利」という言葉を憲法上の自由という意味で使っておられることは明らかです。その上、支援という言葉の方も、条文の「支援」という言葉と一致しています。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
ただ,原発事故子ども被災者支援法が特別法として制定された理由は,そのような民間の善意だけで対応できる問題ではない,との基本認識にあるのだと思います。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
僕には、お二人の意見を条文上で確認しただけにしか見えません。何故、このまとめは「避難の権利」あるいは「避難の権利」という言葉にのみ言及していたのかが大いに疑問だったんです。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
.@shanghai_iiさん,原発事故子ども被災者支援法の条文からすれば,避難の権利,居住しつづける権利,帰還する権利は,憲法上の自由(権)のレベルでは捉えきれないものである(だから積極的な公的支援の必要性が制定法で定められた)というのが私の指摘の趣旨です。ごく単純な指摘だと思いますが。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
 なお,「移動、居住、帰還の3つの権利が対等で、自由意思が尊重されるべきこと」が同法の基本的な立場であることについては,まったく異論はありません。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
了解しました。憲法上の自由でとらえきれないのも同意です。帰還の自由は完全に失われてる人も10万人いますから。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
あわせて,「『除染なんて意味はない』とか『住めないぐらいの線量』とか書かれてるケースにも注文つけて欲しい。」との@shanghai_iiさんのご意見にもお答えしておきます。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
3つの権利の対等についても、了解しました。確認ありがとうございました。
0
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
私は,法律についてはスタンダードな解釈を示すことができますが,放射線の人体への影響については充分な専門知識を有していません。そのため,上記のようなケースのご意見が現実に合致しているかどうか自体がよく分からないのです。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
ぼくが書いたのはそういう意味ではありません。「避難の権利」とセットに主張されるのは疑問だということです。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
「避難の権利」と「居住の権利」は対等だけど、微妙な関係にあります。というのも、線量が下がれば避難しないという人も下がらなきゃ避難したいという人も居るわけで、除染や防護策の是非自体が判断に影響を与えない要因になるわけです。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
しかし、「居住の権利」や「帰還の権利」確保のためには、除染や防護策というのは外せない地域もあります。
1
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
また,私は,過去の公害事件や医療過誤事件を研究の対象としてきましたので,多くの公害事件,医療過誤事件において,情報が隠匿されたり改竄されたり根拠のない情報が主張されたりしてきたことを知っています。
1
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年7月19日
そのため,「『除染なんて意味はない』とか『住めないぐらいの線量』とか書かれてるケース」に現時点で注文をつけるのは適切ではないと判断しています。
0
PKA @PKAnzug 2013年7月19日
shanghai_ii なるほど、既にあるんですね。であれば、曖昧な概念としての「避難の権利」を叫ぶよりは、そういう団体への具体的な支援を国などに求めたり自ら行ったりする方が、問題解決への筋道としてはずっと堅実で現実的なように思います。居住権を奪おうとするような考え方と誤認されることもないですしね。
3
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
うーん、それでは、この場合の「居住の権利」は、他者が侵すことのできないという意味の「権利」とは違いますね。平気で「住めないところ」などと侮辱されてしまう。
1
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
僕は一般的に「住めないぐらいの線量」かどうかを主張することがダメだと思ってるわけではありません。あくまで他の対等であるべき「権利」と一緒に使用されてるケースへの疑問です。
0
上海II @shanghai_ii 2013年7月19日
@PKAnzug 各団体との連携は欠かせないように僕も思います。実際にどういう形が良いのか僕にはよく分かってませんが(^^;;;
0
八的暁 ハチプロデザイン @hachipro 2013年7月19日
即物的に「避難の権利」とは「居住の権利を(一時)放棄する(せざるを得ない)ことによって生活に支障を来さない保障を受ける」権利と考えてもよいのだろうか?
0