自分の周りにはどのような人間関係が存在しているのか。

自分の周りにはどのような人間関係が存在しているのか、改めて整理してみました。
0
HACO-HIAYUSA @HACO_HIAYUSA

家族・親戚、小学生からの幼なじみ、習い事での仲間、高校の同級生、大学の同級生、サークル仲間、趣味仲間、会社の同僚、飲み仲間……自分の人間関係をざっと振り返って見てもこれだけのシチュエーションがあります。それぞれに面白さがありますが、最も緊張感を伴うのは会社の同僚でしょう。

2013-09-10 17:46:43
HACO-HIAYUSA @HACO_HIAYUSA

会社の同僚は仕事という最も強固な利害関係の上に成り立つ、かなりデリケートな関係です。私の居た多くの会社では年齢問わず基本的に丁寧語でやりとりされていたのもそのためでしょう。同僚と飲みの席で語らうのは楽しいものですが、友達のように何でも話せる存在ではありません。そこは一線引きます。

2013-09-10 18:05:20
HACO-HIAYUSA @HACO_HIAYUSA

そんな会社の同僚と対極に位置するのが飲み仲間です。お酒の力というものは本当に凄いもので、居酒屋のカウンターだけで深く語らえる(ような気がしている)仲間というのが何名か居ます。そういう人には意外と人生の大事な選択に関わる位の重要な相談もしやすかったりします。

2013-09-10 18:14:16
HACO-HIAYUSA @HACO_HIAYUSA

一方、幼なじみというのは遠慮の要らないラクな関係ではありながらも年齢が同じ(or近い)こともあり、お互いのステータスが気になる存在であることは確か。よく言う「幼なじみが一気に結婚し始めて焦った」というのもこれに当たりますね。

2013-09-10 18:32:50
HACO-HIAYUSA @HACO_HIAYUSA

そして高校や大学の仲間のように、ある程度大人になってから知り合った間柄もちょっと特殊な関係で、自分の世界が一気に広がり、それまでの幼なじみ中心のある種凝り固まった人間関係しか無かった自分のあり方が打ち砕かれる人間関係です。

2013-09-10 18:38:10
HACO-HIAYUSA @HACO_HIAYUSA

思いつくままに書いちゃいましたが、人間関係は色んなチャネルを持っておいた方が絶対に人生楽しいと思うんです。一つのコミュニティに凝り固まることほど苦痛なことはありません。今のコミュニティに飽きたらまた別のコミュニティに近づけば良いだけなのです。勿論、家族というベースを大事にして。

2013-09-10 18:43:00
happy_piggy@dog @piggylovewanko

@ONOYUGO 私はくっきり二本線引いてます(^^)

2013-09-10 18:50:27

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?