10周年のSPコンテンツ!

伊藤文学の「子供とのセックス肯定」についてⅡ

思わぬ伏兵出現w 本まとめは「伊藤文学の「子供とのセックス肯定」について(改訂版)(http://togetter.com/li/550318#c1231114)」 のパートⅡ。 パートⅠで、フェミニストの金田淳子師匠がホモ雑誌『薔薇族』編集長・伊藤文学を持ち上げているのに苛つき、「伊藤はペドファイルと子供とのセックスを肯定的に書き続けてきた危険な人物だ」と口を挟んだことがきっかけで始まったバトルの様子がまとめられています。 伊藤の問題発言そのものは「伊藤文学の問題発言について(http://ch.nicovideo.jp/hyodoshinji/blomaga/ar341241)」にまとめられているので、ぜひご覧になってみてください。 続きを読む
森奈津子 フェミニズム 少年愛者 伊藤文学 コラム フェミニスト ホモ
4
きっかけ

きっかけはフェミニストたちが「男児の性的虐待」の悲惨さに憤っていたことでした。お二人とも、立派ですね。

みどりむし@育児中 @gruegreen
ほんっっとに嫌な話かもしれない、偏見かもしれない。でも、男性の性被害者って女性のそれよりも、社会的に殺されてしまう可能性が高いんじゃないだろうか。…と、http://t.co/CHtnlWxoiz 読んで考えてしまった… 嫌な気持ちになった方、ごめんです。
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
@gruegreen 情報ありがとうございます! しかし、リンク先に行かれませんでした。時間が経過してから再度、見てみますね。
みどりむし@育児中 @gruegreen
ちなみに… というのも嫌な話ですが、こちらは 男性サバイバーの告白です。http://t.co/rl77bcTh1P 貴重な証言でしょうが、読んでいて辛すぎる。 @MORI_Natsuko
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
情報ありがとうございます。性暴力被害者が男児だった場合のセカンドレイプが、こんなにひどいものだったとは……。RT @gruegreen: //こちらは 男性サバイバーの告白です。http://t.co/2MSSiHXXqp … 貴重な証言でしょうが、読んでいて辛すぎる。
みどりむし@育児中 @gruegreen
不思議と「男らしさ」に強く、自然にこだわるのが「男性」という性であること、そして彼らが被害者となった場合のカウンターバックの恐ろしさを強く感じます。フェミニズムは本来、男性にとってこそ救いになる思想なのではないかと思いました。@MORI_Natsuko
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
@gruegreen 昨日みどりむしさんにお教えいただいた性犯罪の男性サバイバーの方の手記は、その後、500人以上の方がリツイートしてくださいました。大勢の心ある方々の目に触れたことと思います。見過ごしてはならない情報をお寄せいただき、心より感謝いたします。
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
>RT)昨夜、性犯罪の男性被害者の手記をお教えくださった、みどりむしさんのご意見です。私も、フェミニズムとは、女性ばかりでなく、「男らしさ」を強要されることに苦痛を感じている大勢の男性も救う思想だと思います。
みどりむし@育児中 @gruegreen
@MORI_Natsuko RT数…すごい。私の不安を先生のお力で広めて頂き、感謝致します。私にはこの社会がどうなるのか、もしかしたら男女が相反してしまうのか、わかりません。でも、今、この悲劇を先生にお届けした判断に、僭越ながら誇りを持ちたいと思います。ありがとうございました。
再びのちょっかい

フェミニストたちの立派な意見に対し、兵頭が偉そうに横やり。
そしてまたお二人の言葉をついつい、togetterにまとめてしまう。(パート1にまとめたのですが、同じツイートはこちらにも掲載されています)

兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji
場合によると思う。 多分「それほどでない」と「女の子以上に重篤」の両極端ではないか。 そしてそんな男児への性的虐待を推奨してきた伊藤文学は、絶対に許されてはならない。 (伊藤文学の「子供とのセックス肯定」について http://t.co/VKqU1VKZ6b
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji
「フェミニズムは本来、男性にとってこそ救いになる思想」であれば、そもそもフェミニストが伊藤文学を擁護したりしてないと思うが。
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
@hyodoshinji 伊藤文學氏が男子小学生へのレイプを教唆? 氏はエッセイ『薔薇を散らせはしまい』p405で、見知らぬ男児を連れ回した(性的な行為には及んではいない)男性に「これは許されないことだから、もう、決してやらないでほしい」と呼びかけていますが……?
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji
@MORI_Natsuko まとめをご覧になってください。残念ながら伊藤のそうした発言はポーズであり、実際には子供との性行為を正当化する恐ろしい発言を繰り返している人物なのです。
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
@hyodoshinji 私が持っている伊藤氏の別のエッセイ集『薔薇ひらく日を』p54では、氏は「少年たちよ、目をさませ!」と題し、お金ほしさに少年愛の成人男性とセックスする少年たちに、そのようなことはしないよう、呼びかけていますが……?
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
@hyodoshinji 失礼ながら、あなたのツイートのまとめは不完全だと感じました。伊藤文學氏が少年と成人男性のセックスを正当化しているとおっしゃるのであれば、氏のどの著書の何ページのどの記述がそうであるのか、その抜粋もきちんと明示していただけないと、こちも反応に困ります。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji
@MORI_Natsuko まとめにちゃんとページまで明示し、指し示しています。 金田淳子師匠もそうでしたがこちらが明らかに提示したものに対し、スルーするというやり方はいかがなものでしょう。 更に「伊藤文学の問題発言について(http://t.co/o94fNdbrNy)」でも
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji
@MORI_Natsuko 問題発言についてはまとめられています。
森奈津子◆固定ツイにnote情報あります @MORI_Natsuko
@hyodoshinji あなたのブログまではチェックしていませんでした。申し訳ありません。ご指摘の「子供とのセックス肯定」ですが、この抜粋だけでは、前後の文脈もわからないので、なんとも……。この本の実物で、実際にチェックしてみます。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji
@MORI_Natsuko 文脈というレベルではない気もしますが……お手元にお持ちの『ひらく日を』の「僕の子供がホモだとしても」にも何十人という小学生くらいの子供のヌード写真を撮影している男を、肯定的に紹介する箇所があります。
そして、再びの否認

そしてまた、言葉を左右にして事実を否認し、事実を指摘した本人を罵るという前回同様の経緯。
恐らく性的被害にあった男児と周囲との間でも、このようなやり取りが繰り返されているのでしょう。
「○○先生は立派な方だ、ちょっと触られたくらいなんだ」と……。

残りを読む(37)

コメント

HanmuEX @HanmuEx 2013年9月16日
私自身が伊藤氏の著書を読んでいないので、内容の解釈については何もいえないのですが、MORI_Natsuko氏は「子供の身を守る運動を展開している団体に所属している私からすれば」って書いてるけど、団体に所属しているからそれがなに?と思いますよ。 陰口叩いてるなら批判に真摯に向き合って欲しいし、団体に所属してることを言わなくてはいけないタイミングだったのでしょうかねぇ・・「子供の身を守る活動をしている」ではダメな理由ってなんなんでしょうか。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2013年9月16日
結局、森奈津子は「弱者に寄り添っている自分」を誇りたくて仕方がないんですよね。誇りたいから、「兵頭は子供を守る活動をしていない」「伊藤を問いただしていない」。それがぼくの指摘の重要性を損なうものでもなければ、そもそも彼女は「していないに違いないのだ」と自らの願望を根拠に決めつけているだけです。彼女は全てが、この調子です。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2013年9月16日
ただ、伊藤の文章についてはリンク先のものを、よければお読みになってください。 「解釈」という次元を越えて、明らかに小学生とのセックスを称揚しているんですよ。
HanmuEX @HanmuEx 2013年9月16日
お返事ありがとうございます。リンク先の文章を拝見させていただきます。
aaaa @aaaa94485440 2013年9月21日
この森ってバカ女が子供を守る団体とやらを持ち出して子供の味方ヅラしてるというのが最高にグロテスク。ま、実際いるけどね。虐待されて身も心もボロボロにされた子供らに近づいててめえらの下らないフェミ妄想吹き込んで、「虐待したお母さんも男性社会に差別されて辛かったの~お母さんを責めちゃだめよ~ん」とかほざくクズ。虐待加害者を庇って、子供に残された感情まで踏み躙ろうとする虐待ババア。森もその手の女なんだろ。どっち道、何を活動してようが性的虐待擁護で全部ぶち壊しなわけだが
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2013年9月21日
その言葉自体にウソはないのだと思います。 が、伊藤文学の発言がヤバいのも事実。 そこは批判されるべきだし、別に「実際に子供のために活動」してないと批判の資格がないってリクツはないですよね。