編集可能
2013年9月29日

映画『そして父になる』 で、いま日本中が泣いているツイートまとめ (2013.09.29)

◆映画「そして父になる」公式サイト http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/ ◆映画『そして父になる』&ノンフィクション『ねじれた絆』 堀内社会保険労務士事務所ブログ 続きを読む
2
野下真歩 @nositama

今日は『そして父になる』を観てきた。親は子どもに親にしてもらうのね。主人公は人格に問題ありすぎる気がしてわたしはさいごの選択すら不安になったよ…。だからちょっともやっとする映画だった。「優しい虐待」って言葉思い出したなぁ…観るべきところはそこじゃないんだろうけど。もやっ。

2013-10-03 02:45:25
tweet🌏meme @TweetMemeTokyo

▶ 映画『そして父になる』予告編 - YouTube http://t.co/t20QWjQTyD

2013-10-03 04:31:44
拡大
ampersand cafe @ampersand_cafe

「そして父になる」観てきました。 ゆっくりじんわり家族の時間を味わって、泣いてきました。 家族はそれぞれ違うけれど、大切なものは同じなんだよね。 私も子供だったんだよね。お父さん。

2013-10-03 02:40:57
五十嵐 正貢 @mstugiga

映画『そして父になる』公式サイト || 大ヒット上映中 / 出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー/監督・脚本・編集 是枝裕和 http://t.co/bRSS08G9Qb もう1回観ようかな。

2013-10-03 02:39:48
いたろう @Mock_Turtle99

『そして父になる』6歳にまでなって、取違えが判明するという状況に、取り乱し、大騒ぎするのかと思いきや、意外に冷静な対応で、その実、心の中ではすごく葛藤が渦巻いているのが分る。これこそが本当にリアルな状況なのかも。ラストが切な過ぎる。 http://t.co/G0Asc5EA0T

2013-10-03 02:28:58
ぱら @pararie

『そして父になる』観た。よかったー。思い通りの子にならないとか他人への価値観の押し付け、仕事が忙しくて家族との交流が疎かになる、血の繋がり優先…などを含む現代社会に蔓延ってるけどあれ?っていう部分が、取り違えという設定により具体的に可視化されていく

2013-10-03 02:12:22
tweet🌏meme @TweetMemeTokyo

▶ 是枝裕和監督『そして父になる』インタビュー - YouTube http://t.co/Vh6Wa0Ifm8

2013-10-03 04:32:08
拡大
Masashi Hara @footballworldMH

「そして父になる」パパは、子供に呼ばせる言葉(親が与える言葉)で、父は、子供が正式な場で親を表す言葉。 福山雅治が最後にどうしたか、ではなくて、ついに子供に認められた(選ばれた)のだ、と思って2度目。 親には感情移入できなかったけれど、これで観たら歯痒さと嬉しさで号泣だよおい!

2013-10-03 02:05:09
horiken @Horikeneisya

『そして父になる』で描かれた実の子か育ての子かっていう選択のことを考えてたら、『隣る人』っていう児童養護施設のドキュメンタリー映画を思い出した。

2013-10-03 02:04:51
リンダ(休止中) @eigaeigaeiga

「そして父になる」(2回目)やはりこの作品は是枝裕和監督にしか撮れなかったものだ。他の監督だったら昼メロ程度で終わっていただろう。それだけ隅々まで思慮と演出が行き届き、子役の小さな演技にさえ物語の鍵が潜んでいることに驚きを隠せない。カンヌ向きではなかったが国内では評価されるべき。

2013-10-03 01:37:47
@grey_saku

「そして父になる」(´ε`;)ウーン…とひたすら唸りながら、食い入るように観ました。 血なの?時間なの? ラストまでどっちに転がるのか、予想をつかせない話の運び方はスゴイです。 家庭に目を向けることから逃げてるお父さん方・・・是非観ましょう。(届かぬ叫び)

2013-10-03 01:35:08
れんげ @tortoise_lotus

『そして父になる』子の取り違えはショッキングな事件だけど、親が突然死んだり、離婚したり再婚したり、血のつながりがない関係で親子になることはそう珍しくない。子は親に翻弄される。多くの言葉を持たず、ぐっと体に力を入れてる子どもたちに胸がつまった。 #netsu

2013-10-03 01:31:09
野口智和 @tomokazn

『そして父になる』夏八木勲さんが主人公の父親役で出ていた。12月には、もうひとつ出演作『永遠の0』も公開になります。すでに亡くなっているなんて信じられない。

2013-10-03 01:23:33
tweet🌏meme @TweetMemeTokyo

▶ 福山雅治 そして父になる 特報 - YouTube http://t.co/zDLb7sAy2k

2013-10-03 04:31:53
拡大
野口智和 @tomokazn

『そして父になる』すごく良いです。ラストは泣けます。ただし父親目線で観た場合。母親目線、子供目線で見ると、かなり辛いシーンがあります。まぁ、タイトルから考えると父親目線で観るのは正しいんだけど。

2013-10-03 01:21:43
Jt @mtjt0101

そして父になるを見たよ。正直、前評判も何も知らずに見たことで余計に良かった。お薦め!!敢えて詳細は書かないが見てほしい。家族の絆が崩れ、再び取り戻す為に父親が変化していき、本当の意味での父になろうとする。福山のカメラで過去の写真を見て涙するシーンは感動した。

2013-10-03 01:17:16
sawako∞フカニータ @pluto24poko

「そして父になる」福山さんがガリレオのイメージになってたのが、ちぃー兄ちゃんに戻った感じ。 子供達の演技、表情が自然な感じで良かった。 http://t.co/ARck50kGHp

2013-10-03 01:13:18
拡大
tweet🌏meme @TweetMemeTokyo

RT @mistadonut: 「許されざるもの」にも RT @slantsense: 『風立ちぬ』にも『地獄でなぜ悪い』にも『そして父になる』にも出演出来るのが國村準の強み。

2013-10-03 03:18:24
片山 幹生 @camin

是枝裕和『そして父になる』双方の親子が抱えることになる苦しみがじっくりと丁寧に表現されていて、見ていて息が苦しくなるほど悲壮感に満ちている。壊れそうな結晶を大事にひっそりと持ち運ぶかのような家族の優しさがたまらない。グールドの《ゴルトベルク変奏曲》の使い方があざといな。

2013-10-03 01:10:00
mirei hirose @mireih

今さらツイートながら、「そして父になる」には泣かされました。エリートであることに固執する福山にとって、田舎のおっちゃんリリーは卑しくて否定したくて目にしたくもない存在。なんだが、っていう。コンプレックスの裏返しでもあるところの嫌悪と気づき。是枝監督は子供を撮る天才ですね。

2013-10-03 01:07:30
puriko @puricoko

レイトショーを観て来ました^ ^ 心が震える映画です。 そして いろいろ考えさせられますね...。 「そして父になる」

2013-10-03 01:06:22
片山 幹生 @camin

是枝裕和『そして父になる』高度成長期にはしばしばあったという乳児取り違えがもたらす悲劇を描く。判明し子供交換となると、わだかまりを抱えたまま一生葛藤に苦しむに違いない。とりわけ人の親が見ると痛切な思いで胸詰まるだろう。一見優しげに見えて、実に残酷であざとく感情に訴えかける。

2013-10-03 01:04:56
ゆっきー @yukiko_ppu

「そして父になる」福山のポツリといったあのセリフは私もずっと引っかかってて、そりゃあれは許せんよなと、女はそういうのずっと覚えてまっせと思いながらね。二つの家庭があまりにも対照的すぎてすごく分かりやすい映画になってたな。けどそれがかえっていいのかもだし私は好きな作品です

2013-10-03 01:02:22
tweet🌏meme @TweetMemeTokyo

▶ G・グールド J.S.Bach ゴールドベルク変奏曲 アリア~第10変奏、アリア - YouTube http://t.co/mcoCH4Lbn4 <そして父になる

2013-10-03 04:30:27
拡大
マナ @kawagina

「そして父になる」を観た。 自分に置き換えたら辛すぎて最初からずっと泣いてた。 6年間の愛した時間。 私には大切過ぎて、自分の人生の他の時間全てをもってしてもこの6年に置き換えることは出来ない。 私も母になれたのかな… 今日は息子の6歳のお誕生日。 生まれて来てくれてありがとう。

2013-10-03 01:00:18
残りを読む(149)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?