『朝日新聞』(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない

今回は、超重要です! 福島県立医大は、自らの関係者には口止めつきで安定ヨウ素剤を配布し、 一般県民への配布の準備もしていました。 配布にゴーサインを出さなかったのは、福島県庁です。 『朝日新聞』(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 2013年11月6日 http://digital.asahi.com/articles/TKY201311050626.html を紹介、感想等を付して、まとめました。
プロメテウスの罠 朝日新聞
karitoshi2011 4628view 1コメント
49
ログインして広告を非表示にする
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:39:22
    0 『朝日新聞』(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 2013年11月6日 http://t.co/LJjeYgZ0fY 紹介し、感想等を付して、まとめる。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:40:35
    1(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 住民に安定ヨウ素剤を配布しようとする一方、福島県立医大では職員へのヨウ素剤配布を進めた。 原発事故後、県立医大では放射能への恐怖が渦巻いた。若い女性職員の不安は大きかったし、子どもを連れて避難したいという声も出た。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:42:10
    2(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 「医大内の混乱を鎮めるために配布は必要だった」と医大病院細矢光亮副院長は話す。配布の優先順位は(1)被曝(ひばく)医療と院内の放射線測定にあたる40歳以下の職員(2)外来で働く40歳以下の職員(3)40歳以下の女性職員
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:46:00
    3(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 事故翌日の3月12日、在庫の千錠から(1)への配布を始めた。  製薬卸会社から錠剤を調達し、配る先を増やしていった。15日昼までの配布数は4507錠。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:47:01
    4(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 15日に県から4千錠、16日には卸会社からさらに2千錠を調達した。16日以降は大学の教員や事務部門の職員にも配布した。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:48:40
    5(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない いつ服用するかは各職場の判断に任された。薬剤部長の白坂正良氏の記憶では、多くの職員が配られてすぐに飲んでいた。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:49:51
    6(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  15日夜、文部科学省の緊急被ばく医療調整本部から広島大教授の細井義夫氏がきた。大講堂に立った細井教授は、職員を前にこう話した。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:50:54
    7(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  「4号機が今にも大爆発するかもしれない」「200キロ圏が避難地域になる可能性がある」 広島大細井教授の話を受け、16日には職員の子どもにも配ることが決まった。対象は15歳以下とされた。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:52:33
    8(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  2011年3月16日、各部で職員の子どもの数をまとめ、必要分を病院経営課で渡すことにした。17日には看護部に358人分が配された。19日から21日にはそのほかの部署の子ども用に814人分を配った。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:55:18
    【超重要】9(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  子どもの服用基準は「爆発時」または「毎時100マイクロシーベルト以上」とした。   福島県立医大病院と教職員とその関係者には、配布の事実は外に漏らさないように、と口止めがされた。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:58:09
    【超重要】10(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 福島県立医大病院細矢副院長は、ヨウ素剤を配布したことで目に見えて院内が落ち着いたように感じた。 半面、住民に服用させる話は進まなかった。国や県からヨウ素剤服用の指示が出ないのだ。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 19:59:29
    【超重要】11(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  2011年3月13~16日のある日、県庁に派遣していた県立医大の医師に細矢氏はこう頼む。「薬局でのヨウ素剤服用を住民に呼びかける字幕をテレビで流したい。県に許可をもらってほしい」。が、県の許可は出ない。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:00:32
    12(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  結局、2011年3月18日に福島入りする長崎大教授の山下俊一氏に判断をまかせることにした。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:28:35
    13(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 以上、紹介終り。以下、感想等。 まずは、ひどい。 福島県上層部がひどい。 一般住民への安定ヨウ素剤配布指示の段取りを 2011年3月13日に福島県立医大と県薬剤師会が整えていたのに いつまでも許可を出さずに、18日に
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:31:09
    14(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 福島県立医大病院職員が落ち着いたのは、これまでの報道や広報では、 「2011年3月18日の山下俊一氏によるスタッフへのレクチャーによるもの」 とされてきたが、 県立医大病院副院長は「安定ヨウ素剤の配布がきっかけ」と。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:33:47
    15(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 感想等続 記事によると、病院職員、大学教職員への配布だけでなく、2011年3月16日からはその家族への安定ヨウ素剤を配布していたと書かれている。 外部に漏らさないように口止めつきで。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:35:51
    16(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  感想等続 家族への配布の指示のきっかけになったのは、 今回のシリーズにたびたび出てくる「文部科学省の緊急被ばく医療調整本部」から広島大教授。この組織は、国や県の対策本部には所属していない。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:39:07
    17(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  感想等続 ここから言えるのは、 県上層部もひどいが、 文部科学省はもっとひどい、という事だ。 4号機が爆発したとしたら、安定ヨウ素剤が必要になるのは福島県内では到底収まらない広さになる。それは福島県の権限じゃない。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:44:58
    18(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  感想等続 もし3月16日に4号機が爆発していたら、当然山下俊一氏は間に合わない。 安定ヨウ素剤を福島県中通りや福島県外に配布する指示を、文部科学省は関係省庁と連携して、出すべきだった。 明らかにミスだ。人為的な。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:47:43
    17(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない  感想等続 15日夜、福島県立医大で危機が語られていた頃の私を思い出す。翌16日に県立高校の合格発表を強行すると告げられ、無力感に苛まれ、落ち込んでいた。無力だった。 福島市で線量が急上昇していることも知っていた
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:49:54
    18(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 感想等続 文部科学省の緊急被ばく医療調整本部は、福島県の対策本部と同じ、県自治会館にいたはずなのだ。しかし、福島県立医大職員と医大病院職員には危機を告げても、県民には警告を発しなかった。
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:51:57
    19(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 感想等続 改めて問う。 文部科学省が守るべきは、国民の、子どもたちの将来の健康や安全や希望ではないのか? 福島県庁が守るべきは、県民の安全ではないのか? 偽りの安心を、なぜ広めた? 危険をなぜ広報しなかった?
  • 宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011 2013-11-06 20:53:44
    20(プロメテウスの罠)医師、前線へ:19 服用の指示が出ない 感想等続 決して当時の政府中枢の対応を誉める気にはなれないが、事後であっても「国民のパニックを防ぐためだった」という説明はした。 文部科学省は、何か説明をしたか? 福島県庁は、何か説明をしたか? ウソの説明をしろ

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「原発」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする