10周年のSPコンテンツ!

茂木健一郎氏 @kenichiromogi 第1094回【ポール・マッカートニーは凄かった】連続ツイート

2013.11/19 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【ポール、凄かった】連続ツイート …行ってきました。東京ドーム。今回のポール・マッカートニーさんの公演は、ビートルズ・ナンバーを惜しげもなく歌うということで、会場はその期待に満ちた人たちでもあふれ、一種荘厳な雰囲気だった。「ドリンクは開演までの販売となります」と売り子さん。しかし、誰も席立たない…
コラム ぽす 茂木健一郎 連続ツイート 脳科学
1
茂木健一郎 @kenichiromogi
連続ツイート第1094回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、昨日のスペシャルなことについて。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(1)行ってきました。東京ドーム。今回のポール・マッカートニーさんの公演は、ビートルズ・ナンバーを惜しげもなく歌うということで、会場はその期待に満ちた人たちでもあふれ、一種荘厳な雰囲気だった。「ドリンクは開演までの販売となります」と売り子さん。しかし、誰も席立たない。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(2)ポールが登場したとき、会場がなんとも言えないざわざわに。何度も音を聞き、映像を見ているはずなのに、その人が本当にそこにいる、というあの臨場感で、脳が本気になる。その本気のシャワーを、2時間30分浴び続ける。確かに一期一会の、かけがえのない体験。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(3)ポール、凄かった。3時間近く、疲れた様子もなく、ずっと歌い続けた。スターって、底知れないな、と思った。ギターを持ったり、ギターを替えたり、ピアノを弾いたり、ウクレレ持ったり。どんな格好をしても、そこにはロックの神さまがいた。ドームの五万人、釘付け。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(4)ビートルズのナンバーは、もう神の領域で、たった30年前、40年前の楽曲なのに、バッハやモーツアルトと同様、古典の領域に達しているように思う。かつて、武道館でのコンサートが「けしからん」とスキャンダルになったとは、信じられない。神は、雷鳴とともに降臨する。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(5)同時に、ウィングスの楽曲や、新アルバム「NEW」も、凄く良かった。71歳にして、あのサウンドというか、攻めの姿勢というか、輝くゴージャス、染みるメロディーは、ほとんど軌跡。ロックというのは一つの態度(attitude)であり、最高のアンチエージングだと納得。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(6)ポールもコンサートの最後に言っていたけど、ステージのスタッフも凄くて、映像や、照明、音響、それらがシンクロして、一つの恍惚体験というか、間違いなく脳内物質のシンフォニー出ていたし、それは一つのオラトリオだったし、三時間近くが、あっという間に過ぎ去ってしまったのだった。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(7)幸運にも、残り二回の東京公演のチケットを持っている方々。このコンサートは、間違いなく、5年後、10年後、20年後に、「あの時ポールはこうだったね」と語り継がれる、記憶の中の伝説コンサートになると思います。チケットない方、なんとか手に入ったら、東京ドームへ疾走!
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(8)ポールが、ピアノに向かって「ヘイ・ジュード」や、「レット・イット・ビー」を歌うとき、そこには紛れもない身体性があったし、「ヘルター・スケルター」のギターワークにもしびれた。若いやつがつぶやいていたけど、「普通に現役じゃん」。すげえよ、71歳のポール。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぽす(9)終わらないでくれ、と思ったけど、福島の被災者に捧げられた「イエスタディ」と、Abbey Roadの最後のメロディで、コンサート終わっちまった。夜道を歩きながら、なぜか、ビートルズが無名時代に、ハンブルクの酒場で連日こき使われていた、その日々の「今、ここ」を思った。
茂木健一郎 @kenichiromogi
以上、連続ツイート第1094回「ポール、凄かった」でした。まあ、書けたのは感じたことの100分の1にも満たないことです。音楽って凄いし、ポール・マッカートニーさま、関係者のみなさま、素晴らしい時間をありがとうございました!

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする