千葉・茨城の白鳥 写真レポート 2013年 12月 (pick up by 千葉・仮面ライダー)

千葉・茨城の白鳥 写真レポート 2013年 12月 (pick up by 千葉・仮面ライダー)
関東 白鳥 オオハク 茨城 千葉 SWAN コハク
0
伊那谷から @morinosophia
ヒマラヤ山脈が南方の暖気北上と、北方の寒気南下をブロック。12月は寒気団が北海道東部で発達する低気圧へ向い、西日本は寒冷に。北日本は低気圧に流れ込む暖気のため暖冬。1・2月は低気圧が本州から離れて発達し寒気が日本を覆う。 #NHK http://t.co/7y5gxhlCNn
拡大
tenki.jp @tenkijp
東・西日本は 寒い年末年始に http://t.co/WIbr2QiWIN クリスマスや年末年始に向けて、「この先、いつ寒くなるの?」と気になる方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。最新の1か月予報では、東日本や西日本を中心に、いつ...
tenki.jp @tenkijp
寒さ厳しく、日本海側は雪が多い 1か月予報 http://t.co/9zHSesJHoi 気象庁が20日に発表した1か月予報によると、太平洋側では晴れる日が多く、気温は西日本を中心に平年より低くなる見込み。これまで気温が平年より高めに経過していた北日...
リンク tenki.jp 東・西日本は 寒い年末年始に(日直予報士) - tenki.jp クリスマスや年末年始に向けて、「この先、いつ寒くなるの?」と気になる方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。最新の1か月予報では、東日本や西日本を中心に、いつもの年より寒い年末年始になる予想です。太平洋側でも、標高の高い所ではクリスマス頃に雪化粧する可能性もありそう。大掃除は、寒くなる前に早めに済ませるのがおすすめです。年末年始に風邪などひかないよう、年越しやお正月の準備は、万全な防寒対策を心がけて下さい。(2013-12-06 17:08:19)
まぐぴ@トコロジスト @magpie_sendai
この冬、初雪は早めだったが、その後平年より暖かいような、暖冬なのかな?、これから寒くなる????
編集動作不良の為 新規作成しました。

千葉・茨城の白鳥 写真レポート 2013年 12月22日~
http://togetter.com/li/606023

12/22
えむ (falcon) @falcon102839
もぐもぐ!!ずるいぞー!追っかけろー! http://t.co/xDcRsmtUFa
拡大
えむ (falcon) @falcon102839
半分は口から外れてしまいました。 http://t.co/HAbnSqy9n9
拡大
えむ (falcon) @falcon102839
こちらでも争奪戦!!逃げろ〜!こら待て〜!朝からにぎやかにしてしまいました。 http://t.co/lHPMDFzkGl
拡大
つい言ったぁ~北海道ネット枠(THN) @hokkaidonponet
気象庁発表による、明日(22日)の北海道内の最低気温予測 旭川-11℃ 岩見沢-8℃ 帯広・倶知安・北見・留萌-6℃ 函館・浦河-4℃ 札幌・釧路・網走・紋別・稚内-3℃ 室蘭・江差-2℃ 根室-1℃
気温bot(北海道) @9n__
0時現在の気温(道北) 稚内-1.6 北見枝幸-2.6 羽幌-7.7 留萌-5.2 名寄-9.4 旭川-5.5 富良野-5.5
KNN姉貴 @KNN_cookie
【雪降ってるじゃない!】羽幌、秋田、新庄、山形、会津若松、上越、輪島、高山、伊賀、豊岡、鳥取、米子、隠岐、山口、日田、阿蘇山 http://t.co/sr36sCdXh5
拡大
12/21

千葉県

千葉県いすみ市観光協会 @isuminikki
冬の使者「コハクチョウ」が14羽、いすみ市上布施に姿を見せました!! いすみ市にはコハクチョウが飛来する南限地域です。 一群12~14羽で構成されているそうで、2005年頃から毎年渡来しています。... http://t.co/ER57gQxDaM
そらとひかり @sky777ray
本埜の白鳥の里には、「カメラマン同士挨拶しよう」・・・という立札さえ立てられているが、今日行って、カメラマンの余りの愛想のなさに唖然とした。こちらから挨拶しないとしないし。
今村 詮 @teganumaujoh
撮影ノート 『手賀沼有情』: 発作橋に向かうコブハクチョウ二羽 http://t.co/pxDs0l1nd5
リンク teganuma.at.webry.info 発作橋に向かうコブハクチョウ二羽 撮影ノート 『手賀沼有情』/ウェブリブログ 撮影ノート 『手賀沼有情』の発作橋に向かうコブハクチョウ二羽に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)手賀川上流の川面から飛び立つ羽音。間もなく合流点から下手賀川へ入り、発作橋に向かうコブハクチョウ二羽。

ハートのマークから突然首をからげ、 羽を咥えて背中に乗ろうと羽ばたく。 恋の季節か一瞬で終わった愛の儀式。

残りを読む(1821)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする