私見:秘密保護法の騒ぎで見えてきたモノ

勢いで連ツイしてみた。
16
狭川 雀 @SagawaSuzume

しかしまぁ、特定秘密保護法成立かぁ。思う所は色々あるけど、個人的には「趣旨は理解できるし賛成できるが、法案の本文はいただけない」ってスタンスだったんだけど、Togetterなんかでは法案反対派と言い合ってる回数のほうが多くて、なんだかなぁ、と思ったりするわけだ。

2013-12-07 23:23:59
狭川 雀 @SagawaSuzume

今回の件で見ていて嫌だったのは、「知る権利」をマスコミが叫んでたことだね。はっきり言ってそれはポジショントークでしかない。いやまあ、政治家も、反対派の一部も似たようなものではあるんだけど。

2013-12-07 23:25:35
狭川 雀 @SagawaSuzume

「知る権利」について言うなら、今回の法案で「一般人が弾圧される」みたいな主張をしていたマスコミが、一番「知る権利」という観点では怪しかったと思う。確かに機密を知らずに漏らした人間が捜査されるという意味では迷惑を被ることはあるかもしれないが、それは機密保護法に限ったことではない。

2013-12-07 23:27:04
狭川 雀 @SagawaSuzume

たとえば車を運転していて「急いでるんでそこまで乗せてください」という人が来たら、親切な人は乗せるだろう。だが、それが殺人犯の逃亡を手助けしていたら、と考えれば。同様に情報の拡散も「善意で情報を広めたつもりで情報漏洩の片棒を担いでる」可能性はあり、捜査の対象になるのは仕方が無い。

2013-12-07 23:29:23
狭川 雀 @SagawaSuzume

そういう感じで、マスコミが言ってることも、嘘とまではいかないにせよ、誇張や誤認が少なからず混じっていたと思う。ただ、何故マスコミがそういうことをしたかといえば、それこそ取材中に機密に触れようとして捕まる、ってリスクを下げたいからだ、っていう話なんだろうね。

2013-12-07 23:31:28
狭川 雀 @SagawaSuzume

「知る権利を守れ」ということ自体は憲法の条文から導き出せることなので、これ自体は間違いではない。ただ、それを叫んでいるマスコミは本当に、常にそれを叫び続けるのか、というと怪しい。何故なら大半のマスコミは営利活動でやっているから。例外はNHKぐらいじゃないかな?あれも微妙だけど。

2013-12-07 23:32:39
狭川 雀 @SagawaSuzume

たとえばTVに関して、殆どのテレビ局がスポンサーの広告を流す代わりに、そこから得た広告費で番組を作っている。そういうテレビ局が、たとえばスポンサー企業が不祥事を起こしたとき、きちんと報道できるのだろうか、というと、現状ではかなり怪しいのではないかと思う。

2013-12-07 23:33:48
狭川 雀 @SagawaSuzume

つい最近も「ほこ×たて」って番組が捏造やらかして番組終了にはなった。でも、それを放送していた放送局がどれほど社会的な制裁を受けたか。もちろんあれはバラエティなので、捏造の深刻さではニュースには遙かに及ばないが、それでも捏造をやったテレビ局が殆ど何も影響を受けてないのは事実だ。

2013-12-07 23:35:29
狭川 雀 @SagawaSuzume

そしてもう1つ、そういった番組を放送したフジテレビはもとより、他のTV局や新聞は「知る権利の侵害だ」と騒いだだろうか。少なくとも明確にTVで嘘が放送されたのに、すぐに騒ぎは収束している。これでマスコミに自浄作用や良心を期待するのは厳しいよね。

2013-12-07 23:37:30
狭川 雀 @SagawaSuzume

政治家に関してもそうだ。一番判りやすいのが民主党で、情報隠しはいけない、と叫びながら、彼らが政権を握っていた間に多数の情報破棄が行われていた、という過去がある、とされる。(ソース: http://t.co/yeNgpw5YsS

2013-12-07 23:39:06
狭川 雀 @SagawaSuzume

まあ、政治家なんてポジショントークするしかない仕事で、たとえ正義を口にしても選挙で勝てなければ意味がないし、支持されているのであれば多少の無理は許されてしまう側面はある。ただ、だからこそ、彼らが正義を口にするのは、それが利益になるときだけなんだ。それは自民も民主もその他も同じ。

2013-12-07 23:40:26
狭川 雀 @SagawaSuzume

だから今回の件で「知る権利が失われる」と叫んでいた野党は、この件については正しいだろう。だが、もし彼らが政権を取った時に、同じことを主張するだろうか。与党と野党というポジションが変わり、今度は自らの不祥事が追及される立場になった時、それでも正義を叫んでくれると考えるのは甘すぎる。

2013-12-07 23:41:24
狭川 雀 @SagawaSuzume

つまり、知る権利を守りたい、と真摯に考えるなら、現状では政治家もマスコミもアテにならない、ってことなんだ。どっちにとっても、知る権利を主張するのは自分達にとって都合がいい時だけだから。

2013-12-07 23:42:50
狭川 雀 @SagawaSuzume

じゃあどうすればいいのか、って考えたら、結局は法案を改正し、少なくとも法律に従ってる限りは秘密を隠し辛くするしかないだろうな、と思う。たとえば「秘密を破棄する時は、一定期間の猶予を置いてからする。猶予期間中必要と認められたら破棄を解除できる」とするとかね。

2013-12-07 23:43:56
狭川 雀 @SagawaSuzume

これにより、少なくとも為政者側が何か情報を隠そうとしても、政権交代等で明るみに出る、というリスクが大きく増加するから、抑止力にはなる。もちろん第三者委員会の拡張とか、機密とする事項の細分化・明確化も手段としてアリだろうね。

2013-12-07 23:45:14
狭川 雀 @SagawaSuzume

もっとも「何を機密にするか」というのを明確化するのは、「想定されてなかったからリストにないけど、これを隠さないと国民に不利益をもたらす」という事態を招きかねないから、多少曖昧になるのは仕方が無いと思う。全ての事態を想定する、などというのは理想論を通り越して無茶ぶりだ。

2013-12-07 23:46:21
狭川 雀 @SagawaSuzume

あと「際限なく秘密が増える」という批判があって、それは理論的にはあり得ることなんだけど、それを根拠にすると話が立ちゆかなくなる。そもそも秘密保護法案を作ろうが作るまいが、政府が秘密を持つことは現実的にできてしまうし、それを隠すことも可能だからだ。

2013-12-07 23:48:04
狭川 雀 @SagawaSuzume

違法化は抑止力ではあるけど、そこに罰則がないとか、そもそも違法であることを誰も把握できなければ、その抑止力としても殆ど機能しない。上手に秘密を隠し、あるいは情報を破棄してしまえばバレない、というのは秘密保護法案とは関係なく存在する問題だし、解決策は何もない。そう、何もないんだ。

2013-12-07 23:49:06
狭川 雀 @SagawaSuzume

だから「それでも政府が信用できない」という人は、本当に政治家なり官僚なりになって全ての情報にアクセスできる立場に立つか、信用できないから、と日本を出て行くしかない。だって官僚も議員も全て、信頼できる人間だけで埋まった状態を作る、なんてどう考えても現実的じゃないだろう?

2013-12-07 23:50:13
狭川 雀 @SagawaSuzume

Togetterなんかのコメントでは何度かくり返したけど、自分は今の秘密保護法には反対だ。だから、変えて行くための運動をする必要はあると思う。じゃあどうすればいいか。マスコミや政治家を味方につけるしかない。それにはどうすればいいか。変えて行くことのメリットを作るしかない。

2013-12-07 23:51:27
狭川 雀 @SagawaSuzume

この場合の変えて行くことのメリットって何だろうと考えると、少なくとも自分には「適切に運用していると国民が納得できるようにすること」しか思いつかない。つまり、適切に運用していると国民に知らせることで、国民がその政党や政治家を信用し、それが権力につながるようにすればいいんだ。

2013-12-07 23:53:18
狭川 雀 @SagawaSuzume

方法はいくつか考えられて、たとえば「情報の存在は表に出すけど内容は秘匿する」部分を多くするとかね。もちろん盗もうとする人が出てくるリスクも上がるけど、どんな情報が秘匿されているのか、一部でも国民が知ることができれば、それは「こういう情報なら仕方ない」という判断にある程度は繋がる。

2013-12-07 23:54:14
狭川 雀 @SagawaSuzume

或いはさっき言ったように、破棄にデメリットをつけて破棄そのものを躊躇わせる、とかかなぁ。まあ、今言った2つも、結局は「でも政府は信用できない、秘匿するに決まっている」って決めつけてかかる人を納得させることはできないだろうけどね。まあ、それは無理ゲーだと思う、どんな政府だろうと。

2013-12-07 23:55:44
狭川 雀 @SagawaSuzume

ああ、少しだけ話を逸らすと、「知る権利があるんだから秘密なんか持たなきゃいい」って人が居るけど、それは明確に否定できる。少なくとも国の運営に支障が出たり他国からの侵略を招くような情報なら、それを秘匿することは公共の福祉に適うから、ある程度の人権に制約がかかるのは仕方ないからだ。

2013-12-08 00:01:00
狭川 雀 @SagawaSuzume

少なくとも政府がいきなり潰れたり、他国の侵略を受けた時は少なからぬ人が被害を受け、人権すら守れなくなる(政府が潰れれば通貨の価値がなくなり財産権が侵害されるし、侵略戦争になれば生存権すら脅かされる)ことを考えれば、知る権利が一定の制限を受けるのは憲法の精神とも矛盾しない筈だ。

2013-12-08 00:03:56
残りを読む(11)

コメント

カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月8日
罪刑法定主義を正しく理解してなかった人が言っても説得力ないよ。
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月8日
counter_mm 「お前は間違ってる!何が間違ってるかは言わないけど!」というマスコミが害悪だ、っていう話題もいれた纏めで、そのマスコミの真似をしてくれてありがとう。「間違ってる」という意見は「どこが間違ってるか」という指摘を伴わなければ誹謗でしかないのは、罪刑法定主義がどうこう以前の問題だよ。って言っても理解できないんだろうなぁ、もう何度も同じこと言ったけど無視してるし。
11
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月8日
SagawaSuzume きみが単に罪刑法定主義を理解してないっていう指摘されただけじゃん。
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月8日
counter_mm だからそれは指摘じゃなくて誹謗だって言ってるんだ。こちらが理解していないというなら、どのコメントがどういう風におかしいのかを指摘しろ、と言ってるの。そしてそれすら理解できないなら、君が日本語や議論の進め方について「まず、お勉強から」してきたほうがいいよ。
3
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月8日
それは罪刑法定主義の理解はあったという反論かね? 全然理解してないコメントしかなかったようだが? 
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月8日
counter_mm だから「どのコメントがどういう理由で全然理解していないと読み取れるのか」を答えろ、と言っているのだが。どちらが正しいか判断するのに、根拠を明確にしなきゃジャッジはできないだろう、と言ってるんだよ。それを提示しないから君が言ってるのは誹謗でしかない、ともね。
2
とげとげ @togetoge10 2013年12月8日
反対の仕方がスジ悪だなぁ、と思うことが多かったです。あと、人によって立場によって「民主主義」の意味が違うってのも興味深かったです。
6
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月8日
togetoge10 デマを信じちゃった恐怖感で反対してる人が多くて、それをスジのいい反対にするには、一旦、賛成側に近いスタンスに立って「そういう問題が起きるわけじゃないよ、本当の問題は別の所にあるんだ」と説得するしかなかった、という時点で、もう反対派は負けてたよなー、って気がする。今にして思えば、ね。
7
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月8日
SagawaSuzume きみ、法律主義のレベルでしか罪刑法定主義をとらえてなかったじゃん。
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月8日
counter_mm 捉えてないんじゃなくて、他のレイヤーでの反論やコメントが必要ないと判断したから書かなかっただけなんだが。他に何を書いて欲しかったのかな、君は?
2
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月8日
SagawaSuzume だから、きみが恥さらしただけでしょ。わかってるなら説明すればいいだけなのに。
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月8日
counter_mm 君は俺が罪刑法定主義を理解してないと主張したいのか、俺が恥をかいたと主張したいのか。前者なら、そもそも纏めにあったコメントが間違っていることを示すのに、罪刑法定主義のすべての要素を解説必要がないから解説しなかっただけで、それが間違いとは思えんのだがね。事実、解説の不備を主張するのは君だけで、他の人には受け入れられていたわけだから。
2
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月8日
いや、きみが罪刑法定主義を理解してないコメントして恥さらしただけでしょ。
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月8日
counter_mm まず俺が「罪刑法定主義を理解してない」とする根拠を明確に示せてない上に、間違ってると言い張ってるのも君だけ、という状態を「恥をさらした」とは言わないと思うがね。まあ、君が「理解してない」と叫ぶだけで、その根拠をまともに示せないのは判ったから、これ以上言うなら根拠を示してくれないかな。そうでなければ誹謗でしかないと見なしてブロックなり何なり対処させてもらうよ、こういうのあまり好きじゃないけど。
3
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月9日
すぐコメントブロックするような反対派がいるせいで、反対派=バカと思われるからやめてもらえる?
0
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月9日
counter_mm こんだけお前のいい加減な発言につきあってきたのを「すぐコメントブロック」と言い出すのは勘違いもいいところだろうに。指摘と称して何度も誹謗をくり返す相手に、説得したり根拠を求め続けて、それでも回答が得られないまま続けるってのは、むしろそっちのほうがバカに見えるんじゃないかと心配になってくるよ。
3
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月9日
ああ、この纏めだけ見た人は、ここまでのコメント欄の大半が「何のことだか判らない」と思うんだけど、要は http://togetter.com/li/598699 これの続きのつもりっぽい。全くもって話が噛み合ってないというか、議論ができない人と話し合っても仕方ないと反省。これ以上誹謗を続けてきたらマジでブロックしよう……。
3
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月9日
君のコメント、罪刑法定主義を理解しているひとは絶対にしない。→ 「秘密保護法案は、秘密を漏らしたり、秘密にアクセスしようとしたりする人に刑罰を科する法律。憲法31条は、法律の手続きによらなければ刑罰を科すことはできない。いわゆる罪刑法定主義の原則を定めている。」うん、法律の手続きで刑罰を科すから全く問題ないじゃん、批判にすらなってないよ?
1
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月9日
法律主義のレベルでしか罪刑法定主義を理解していない。 明確性は? 内容の適正は? 罪刑の均衡は? こういう一連のセットになってるのが罪刑法定主義。ただの罪刑の法定とは違う。 その後のコメントにおいてもなにも補足はなかった。以上。
1
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月9日
罪刑法定主義は、事前の法律による「罪刑の法定」を要請するが、事前に法律で定めた罰則であれば、それに違反した行為を処罰することが常に正当化されるわけではない。その法律が憲法に違反したものであってはならないことは明らかであり、罰則の内容的な適正さが問題となるのである。(山口厚『刑法』p14)
1
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月9日
規制の目的に照らし、過度に広範な処罰規定は、国民の自由を不当に侵害するもので、許されない…合憲解釈により、罰則の処罰範囲を限定するとしても、そうした限定された処罰範囲が、罰則に接した一般の国民に認識可能でない場合には、過度に広範な罰則により不当な萎縮効果が生じる(山口厚『刑法』)
1
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月9日
定められた犯罪に対して、極めて著しく均衡を失する法定刑を定める罰則は、立法裁量の範囲を超え、憲法31条に反し、違憲無効と解すべきである。判例も、一般論としてではあるが、「刑罰規定が罪刑の均衡その他種々の観点からして著しく不合理なものであって、とうてい許容しがたいものである時は、違憲の判断を受けなければならない」としている(山口厚『刑法』)
1
カウンター・マスメディア(脱体制) @counter_mm 2013年12月9日
法律で定められれば、どんな刑罰を科してもいいわけではないという罪刑法定主義に対し、「うん、法律の手続きで刑罰を科すから全く問題ないじゃん、」というコメントつけるひとが罪刑法定主義を理解してるわけないわな。罪刑法定主義の真髄は罪刑の法定以外も含むってことなんだから。
1
wist_support @wist_support 2013年12月9日
賛成にしても反対にしてもまともな意見だと思ってまとめを読んだらコメントがレッテル貼りに荒らされていたでござる。反対派がこういう人ばかりだから議論にならないし同意も出来ない。ディベートってのは相手に自分の理論を納得させたり折衷解答を導くことなのに、相手をへし折ってやるってのしかないからお互い何の身にもなりゃあしない。永遠に平行線だろうね
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月9日
counter_mm だってその反論元のコメントが「秘密が明確じゃないから適正に処罰できない」ってニュアンスだったから、内容の適正や罪刑の均衡を問題視してるのが明らかじゃない以上、セットで語る必要がないと判断しただけなんだが。それ読んでた?
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月9日
counter_mm 元のコメントが「秘密保護法案は罪が重すぎる」とか「秘密を漏洩したことを罪とすること事態が違憲だ」って騒いでたらその観点での反論も必要だっただろうけどね。全然関係ない要素について触れる必要はない、というか議論が冗長化するだけなので害悪でしかないんだよ。現実に君がやったみたいに本来必要ない要素までコメント並べるような真似をしたくなかったから。
1
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月9日
この場合「罪刑法定主義について全部語れ」というのは、ある投稿に反論するのに、その反論元が触れていない(=問題視していなかった)要素があり、こちらもそれを問題視していないという状況(つまりコンセンサスが取れてる)で、いちいちその要素についてまで触れるのはそれこそ学問勉強した人のやり方じゃなくて、単に知識をひけらかしたい人の自己満足でしかないんだが、その点はどうなのかね。
1
諸葛 均 @policedoog1971 2013年12月9日
馬鹿を相手にしたくないなら政治に首を突っ込まなきゃいいのに。
0
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月9日
policedoog1971 それをしちゃうと衆愚政治まっしぐらじゃないか。
0
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年12月11日
これはひとりごとと個人的なやりとりを晒すまとめなのか?
0
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年12月12日
leo_orebushi 晒すっつか、ひとりごとを後で読めるように自分で纏めただけだけどなぁ。コメント欄についてはマトモに議論できない人が絡んできたから仕方ない。議論になってないからって放置するのも不誠実だからね、特に自分が纏めたまとめに関することであれば。
0