【小野田寛郎氏死去】いきなり注目を集める津田信『幻想の英雄』

2014(平成26年)1月16日、小野田寛郎氏死去。 そんな小野田氏に関するドキュメンタリー本がいきなり注目を集めています。 津田信『幻想の英雄』(図書出版社、1977年刊) 続きを読む
人文 小野田寛郎 幻想の英雄 津田信
21
あきとちゃん @Akito_is_over
「幻想水滸伝2」とかやってても感じるんだが、主人公が“英雄になっていく過程”の話って凄く引き込まれるんだよな。
石川誠壱 @ishikawasei1
津田信は30年も前に死んでいたんだなあ
石川誠壱 @ishikawasei1
『幻想の英雄/小野田少尉との三ヵ月』が全文読める! http://t.co/scOzH0xjFs 誰が挙げているんだろう、えっ、光文社の編集サンが何故…? と思ったら、この人は津田信の息子さん!
九郎政宗 🕊️【∃】🌈🚩🖖 @claw2003
@May_Roma ▼ 津田信 「幻想の英雄」 (全文掲載) ※ 小野田寛郎の聞き書き http://t.co/qhTgbNJFF8 >「一体、何人ぐらい(島の住民を)殺ったんです?」 >「百人ぐらいかな」 >「百人、全部殺ったの?」 >「いや、殺したのは三十人ぐらいです」
y_mat2009@Censored @y_mat2009
小野田少尉の手記のゴーストライターの告白。まあ、「英雄」なんてものが存在するのはたいてい幻想の中だけだ。 / “幻想の英雄・全文公開” http://t.co/10eFQr7XfK
ホッタタカシ @t_hotta
ある晩、私は思いきって彼に訊いた。 「一体、何人ぐらい殺(や)ったんです?」 彼はわざと私のほうを見ないで、つぶやくように言った。 「百人ぐらいかな」 面白いな。『フロスト・ニクソン』みたいな二人芝居にしたい。 【幻想の英雄】http://t.co/xXV9xhgd2W
ホッタタカシ @t_hotta
『幻想の英雄』の最後に、発見者・鈴木紀夫青年への疑問に触れている。以前、江森陽弘さんに話を聞いた時も、「ルバング島は米軍が立入禁止ラインを敷き、その前には我々が張り込んでた。鈴木青年がフラっと入って小野田さんに会えるわけがない」と言っていた。しかし筆者は「やはり偶然ではないか」。
internus @internus
創作実話クラスタだったんです?(創作実話という単語を使いたいだけ) / “幻想の英雄・全文公開” http://t.co/n2IUOWSJqQ
多川 毅 @hongchang100
小野田寛郎が「表現をまかせる」という約束を平気で破り、自らを美化しようとする加筆に目をつぶれば、それこそ私は“御用ライター”になってしまう。 山田 順 『幻想の英雄』(6~おわりに) 【六 「手記」出版までの経緯】 http://t.co/gyTI3wDBPd
広岡 祐 @yu_speedbird
小野田さんがなくなった。最近久しぶりに『幻想の英雄』を再読したので感慨深い。戦後の小野田氏が、ルパング島の人々にとってどのような存在だったのかということを忘れがちだよね。責める気は全然ないけれど。
かたのまさよし @masayoshikatano
「自分が手記の中で天皇に触れなかったのは、いまの自分が、自分の考えをしゃべったら、あちこちで問題になると思ったからです。だれかに禁じられていたためじゃない。一億のなかで、たった一人約束を守った自分が、命令を出した者の責任を追及したらどうなるか。」幻想の英雄・全文公開より引用
知らない人 @shiranaihuri
小野田寛郎が亡くなったらしい。正直、幻想の英雄を読んでから色々と先入観を持ってしまっているが、およそ現代人には想像の及ばぬ境地に至った人だろう。俺にとっては昭和の時代性、その権化のような人だ。いや、それに翻弄されたと言うべきなのか。いずれにせよ、どうか安らかに。
望月うさぎ @usagitan
@HanShotFirst_jp 谷口少佐の妻が本土空襲で亡くなり、中野学校卒の日高少佐が戦死したことから、終戦後に徳野明氏(中野卒)が日高少佐の未亡人を谷口少佐に引き合わせて二人を再婚させています。徳野氏が私に生前語った谷口少佐と小野田少尉との関係は津田信のそれと異なっています
たり tari @tari_GT
これは驚いた。サイト運営者の作家の山田順の父親が津田信という作家で、かって小野田寛郎のゴーストライターしていた。その時の顛末を書いた『幻想の英雄―小野田少尉との三ヵ月』(図書出版社、1977年)が、ここで公開されているらしい。 http://t.co/KoEUq7FOwX
シンジ @shinnji28
面白すぎて3時間かけて読んだ“@y_mat2009: 小野田少尉の手記のゴーストライターの告白。まあ、「英雄」なんてものが存在するのはたいてい幻想の中だけだ。 / “幻想の英雄・全文公開” http://t.co/SFZQdqmPlL
わかけん @wakaken_1027
明日読む。 “@hisamichi: ルバング島で30年戦争を続行、帰還して英雄に 昨日亡くなった小野田寛郎さんのゴーストライターを務めた男、津田信の「幻想の英雄-小野田少尉との三ヵ月」がネットで全文読める http://t.co/FEBihHBx48 これ昭和の奇人譚
紅の河童 @aka_kappa
小野田寛郎の手記のゴーストライターだった津田信が書いた『幻想の英雄―小野田少尉との三ヵ月』の全文が公開されているようですね。小野田が戦争とどう折り合いをつけたのか(そしてつけられなかったのか)に興味があるので後で読もう。 http://t.co/ohj7syFbLe
年中眠いレナーテ @medea_l
幻想の英雄読むと復員兵の心的ケアって大事なんだなと思う
wkd21 @wkd21
津田信「幻想の英雄-小野田少尉との三ヵ月」。この本知らなかったけど面白すぎる…http://t.co/JD1BvfyJit
海本広樹 @umimoto_hiroki
むー、幻想の英雄ほんとに面白いです。
Sonota @yuandundun
当時、フィリピン軍のある幹部は、日本記者団にこう語っている。「この島では三十人以上の島民が殺され、百人以上の者が傷つけられ、千人以上が財産や収穫物をこわされたり、焼かれたりしている。いずれも一九四五年以降、日本のストラッグラー(残留兵)によってである」(『幻想の英雄』津田信)
Sonota @yuandundun
では、なぜ、彼は島民たちを射殺したのか。「われわれの占領地域に勝手にはいりこんできたからです。われわれはいずれ島全体を占領するつもりでした」これが小野田寛郎の言い分であった。そして彼は島民たちの威嚇射撃を、「生意気にわれわれを挑発した」と言うのである。(『幻想の英雄』)
unorthodox @unorthodox_TW
ただのアブない奴としか思えない。こういう人物を英雄だとか武士だとか言って持ち上げたりしている人達は何なのだろう。 / “幻想の英雄・全文公開” http://t.co/86nYUxqdY3
やっさん @furyokyoshi
津田信・「幻想の英雄 ~小野田少尉との三ヶ月~」:スイングな日々 | So-netブログ http://t.co/U7leweYFMu
とりん(・と・) @trinh_JP
小野田さんと言えば、『幻想の英雄』 http://t.co/SfRRhIiu4n こっちもどこまでホンマなのかという問題はあるが
残りを読む(133)

コメント

とげとげ @togetoge10 2014年1月20日
斜め読みしてみましたが、代筆ならお墓に持っていく話だよなぁ、って思いました。
thomas_off @thomas_off 2014年1月21日
「新事実!」と言われて鵜呑み。
慰安婦問題@在日差別反対 @ianhumondai 2017年3月30日
中共大好き作家が書けば、英雄もこんな感じか
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする