稲川淳二 つぶやき怪談#3

稲川淳二さんによるTwitter上でのつぶやき怪談
6
稲川淳二 @Junji_Inagawa

こんばんは、稲川淳二です。お待たせしましたねぇ、それでは、そろそろ始めましょうか。

2010-01-25 21:51:53
稲川淳二 @Junji_Inagawa

稲川淳二の「つぶやき怪談」・・・・・何があっても、知りませんからね・・・・・

2010-01-25 21:53:23
稲川淳二 @Junji_Inagawa

瀬戸さんという人が、仕事の都合でしばらく地方都市に単身赴任することになって、マンションでの一人暮らしが始まった。 #kaidan3

2010-01-25 22:00:07
稲川淳二 @Junji_Inagawa

そんな具合ですから会社から帰ると、風呂場でひと風呂浴びて、汗を流して、そのまんま蒲団にゴローンと横になり、寝てしまう。そんな毎日が続いてたわけです。 #kaidan3

2010-01-25 22:00:55
稲川淳二 @Junji_Inagawa

そんなときなんですが、たまに、夜中に部屋の中を人が動き回るような気配を感じる事がある。ただ、不思議なことに、疲れていて目は開かないし、体は動かないんですが、どうやら神経の方が逆に起きてしまうらしいんです。 #kaidan3

2010-01-25 22:01:21
稲川淳二 @Junji_Inagawa

で、、、、、時によっては苦しそうなうめき声がしたりする。それが、どうも女の人のようなんで、瀬戸さんは(たぶん、神経が疲れていて、幻聴を起すんだろう)  と思っていたんですね。 #kaidan3

2010-01-25 22:01:38
稲川淳二 @Junji_Inagawa

そんなある日の事なんですが、会社にひとり残って仕事をしていて遅くなったんで、ま、このまま帰っても単身赴任ですから、待ってる者もいないんで #kaidan3

2010-01-25 22:03:11
稲川淳二 @Junji_Inagawa

(どこかで、一杯ひっかけていこうかなぁ)と、帰りがけに居酒屋によって、そこで一杯やりながらマスターと話をするうちに、これがついつい話し込んでしまっていい時間になってしまった。 #kaidan3

2010-01-25 22:03:35
稲川淳二 @Junji_Inagawa

多少酔って、マンションに帰ってくると、エレベーターが最上階で止まってた。自分の部屋は二階だったんで、エレベーターを待つのがめんどくさい。それでそのまま階段を、トントントントン、上がって行くと、階段に点々と、雫の跡がついてる。 #kaidan3

2010-01-25 22:03:55
稲川淳二 @Junji_Inagawa

二階に上がると、通路の床にも、点々と、雫の跡があった。瀬戸さんが自分の部屋の玄関のドアを開けようとして #kaidan3

2010-01-25 22:04:11
稲川淳二 @Junji_Inagawa

なんと雫の跡は、自分の部屋の玄関まで続いてる。(これは何の雫だろう---?なんで自分の部屋にまで、続いてるんだろう?)全く自分には覚えがないんで、なんだか薄気味悪い。 #kaidan3

2010-01-25 22:05:44
稲川淳二 @Junji_Inagawa

(もしや、部屋に何かいるんじゃないだろうか!?) #kaidan3

2010-01-25 22:06:10
稲川淳二 @Junji_Inagawa

ドアに鍵を差し込んで、ゆっくりとノブを回して、静かに開けた。真っ暗な室内の様子をしばらくうかがってから、壁の明かりのスイッチを入れたんですが、部屋の中はいつもと変わった様子はない。     そして蒲団に横になると、眠てしまった。 #kaidan3

2010-01-25 22:06:37
稲川淳二 @Junji_Inagawa

翌朝、出勤するんで玄関のドアを開けて通路に出ると、昨夜の雫の乾いた跡がまだかすかに残っていた。(あぁそうだった!しかしこれ、なんだろう---??ずーっと下から続いてるし、留守に、誰か訪ねてきたんだろうか?) #kaidan3

2010-01-25 22:07:03
稲川淳二 @Junji_Inagawa

気にはなっているんですが、毎日、会社で忙しく仕事に追われるうちに、いつの間にか忘れてしまうんですよね。そんな事があってから、ひと月近くたった朝、いつものようにドアを開けて通路に出ると、 #kaidan3

2010-01-25 22:07:27
稲川淳二 @Junji_Inagawa

(あれ!?)   床に雫の跡が、またついてるのを見付けた。乾いて薄くはなっているんですが、よーく見ると、玄関から点々と通路に続いているのがわかった。 #kaidan3

2010-01-25 22:07:49
稲川淳二 @Junji_Inagawa

(なんだろこれ?昨日会社から帰ってきた時には、通路にこんな跡はなかったのに。誰かが夜中にきて、自分の部屋の様子でもうかがってるのかなぁ)  一度ならず、二度ともなると気持が悪い。 #kaidan3

2010-01-25 22:08:23
稲川淳二 @Junji_Inagawa

瀬戸さん、普段は縁起を担ぐだとか、迷信といったものには、とんと興味のない人なんですが、さすがに地元の神社へ行ってお札をもらってきた。魔除けのお札で、玄関のドアの裏に、ペタっと貼ったわけだ。 #kaidan3

2010-01-25 22:08:56
稲川淳二 @Junji_Inagawa

そうしておいて、自分が寝ている一番奥の和室の襖を開けたままにして、玄関の方に頭を向けて寝る格好をすると、ダイニングキッチンのドアを開けておけば、廊下のつきあたりが玄関ですから。顔を上げれば、ちょうど自分の目の位置に、ドアの裏のお札が見えるわけだ。 #kaidan3

2010-01-25 22:09:20
稲川淳二 @Junji_Inagawa

こうすると、なんとなく安心した・・・・。実際、それから何も起こらなかったんですね。 #kaidan3

2010-01-25 22:09:56
稲川淳二 @Junji_Inagawa

そんなことがあってから、しばらくして、奥さんが一週間程いる予定でやってきた。部屋の掃除に、台所、風呂場にトイレの掃除に、片付けと洗濯と身の回りのいっさいをしてくれる。瀬戸さん、久しぶりに家庭の味を、味わうことができたわけです。 #kaidan3

2010-01-25 22:10:41
稲川淳二 @Junji_Inagawa

日曜日、珍しく部屋で瀬戸さんがくつろいでいると、買い物に行った奥さんが、食料品やら日用品を抱えて帰ってきて、それを座敷に置くと、「ねぇ~、今、聞いてきた話なんだけど、このマンションじゃないかしらね~」と、買い物先で耳にした話をしゃべり始めた。 #kaidan3

2010-01-25 22:11:21
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「以前にねぇ、若い姉妹が住んでてね、このお姉さんの方が、マンションの近くの路上で、刺し殺されたんだって!」 #kaidan3

2010-01-25 22:11:49
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「刺した男っていうのが、妹さんの方と以前付き合ってた男でね~、その日、お姉さんの方は会社の祝賀会があって、妹の服を借りて行ったっていうの。でもこの日は、夜から雨になって、傘をさして帰ってきたんだって。妹の服借りて着れるくらいだから、体つきも似てたんでしょうね。」 #kaidan3

2010-01-25 22:14:02
残りを読む(58)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?