2014年2月19日

19.セージワーム

セージワームについて
0
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

と言うわけでだ 第十九回凄い魔法使い佐藤によるモンスター情報 チキチキ、古城の誇る英知 お相手は凄い魔法使い佐藤だ

2014-02-19 17:36:11
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

今回は、グラストヘイム古城よりお送りするぞ 対象となる者は、セージワームだ いや、セージワームさんと言ってもいいな、あるいはセージワーム氏 とある事情から多量の職業経験を授けてくれるあたり、まさに英知の塊と言って差し支えないだろう

2014-02-19 17:37:59
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

さて、ここでのセージとは我々職業のセージと同一だと見ていいだろう、ではここでまずセージとは何だと言うのを一緒にふりかえってみよう セージ、すなわち賢者、別名ワイズマン その名の通り”賢い人”だ、同じような語にプロフェッサーがある、セージキャッスルの扱いではこちらが上位と言う事だが

2014-02-19 17:39:42
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

今回は職業的な意ではなく、言葉としての意味を復習しよう プロフェッサーとは、教授だな、すなわち、教育施設等における研究者、及び教職と言っていいだろうな 対してセージとは、賢い人、すなわち、知識を探求するまでもなく元々賢い人物を指す

2014-02-19 17:43:10
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

両者の差は プロフェッサーが”知識を探求する人”ならば セージは”元より知識をもっている人”となるな どちらが上と言うわけではないがな、おおよそそんな意味だと思っていい、うむ

2014-02-19 17:44:07
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

時にセージと言うのは、先も言ったように元々賢い人物を指す その神秘性から、東洋でいう仙人や、七賢人等々、しばしば物語に登場する 騎士物語等では不思議な力を持ち、騎士に助言を授ける者として出る事も多いな、一般的なセージのイメージはそんなところだろう

2014-02-19 17:46:31
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

ゴリゴリ研究室に籠り、日々研究に時間を費やし、と言うのがプロフェッサーだな、だいぶイメージは固まってきたか? では続いてワームの部分だ、ワームとはミミズ等のほそながーい虫の俗称、なんだが…それではあんまりにもあんまりだ ここで一つ別の可能性を探ってみよう

2014-02-19 17:48:06
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

ワーム、古い古い文献をあさった時に、竜種にはいくつかのバリエーションがあることに気づくだろう まず代表的なのがドラゴンだな、足が四本、時に翼をもつあれだ 次に、貴族の紋章などにも広く用いられるワイバーン、基本的には日本足の竜を指すのがワイバーンだな、翼もついている、そして~

2014-02-19 17:50:30
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

ワームとなるわけだ、足を持たない蛇のようなドラゴンを指すんだな 元々このワームと言う言葉は大蛇を指す言葉でな、古い叙事詩等ではドラゴンと同義に扱われる事も多いのだ 基本的には蛇のような姿をしている物が多いがな、時にドラゴン種が歳を経た物をワームとする事もある

2014-02-19 17:52:35
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

さて、時にドラゴンと言うのは人間よりも優れた知恵をもつとされる事もある される事もとか言うと物すごい失礼だがな、はっはっは なかでもセージワーム、あれは3属性の魔法を使いこなし、防御壁や解除魔法等も行使する、職業セージと言っても差支えないレベルだな

2014-02-19 17:54:42
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

ここで、この老人その物についてさぐってみよう まずは彼から入手できるアイテムについてさぐる…ミミズの皮…見なかった事にしよう、うむ 古い本のページ、そして司書の手袋、学者帽は~、まぁ置いといていいだろう 前2つについて注目しよう

2014-02-19 17:56:53
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

司書とは、図書館における専門職員の事だな 本の歴史、英知、そのすべてを司る重要な人物だ また、本を傷めない、よごさないためにこういった手袋を利用するわけだ セージワームの生息域を見てみると、だ グラストヘイム古城1F、ならびに室内であることがわかるな

2014-02-19 17:59:06
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

グラストヘイム古城1F西側には大量の蔵書が保管されている事がわかると思う もしかしたら彼らはそれを管理していた、のかもしれないな 我々を見ても襲ってくる事がなく、しかし蔵書を傷つける物には力の行使も厭わない、と言った所か 実に平和的な人物だと言えような

2014-02-19 18:00:56
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

さて、ここでだ、ちょっとした疑惑があるのだな 異世界のほうで発見されたと言うプロフェッサーワーム まぁ、セージワームとは~…似てるともいいきれないと言うか何と言うか… とにかくだ、プロフェッサーワーム、彼は元々人間であった可能性と言うものがあるのだ

2014-02-19 18:02:46
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

廃城グラストヘイム、まだまだ謎起き城だがな 仮に…もし仮にだ セージワーム氏がそのような過去を持ち、そしてそれを元に戻す手段があったのなら グラストヘイムの歴史は急速に判明するかもしれないな 自分たちで過去を覗くのも粋な物だが、先人の知恵を授かるのも面白い物だぞ

2014-02-19 18:05:39
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

もし仮にそうならだ、セージワーム氏がこちらを襲ってこないのも頷ける レイドリック、ライドワード、それらは無念の魂が乗り移った存在だ、もはや自分がなんであるか、相手がだれであるかもわかってはいないだろう ただただ国を、城を守ると言う思いだけが残っている存在だ

2014-02-19 18:07:02
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

しかし、しかしだ セージワーム氏が人間から変異した存在であり、プロフェッサーワームのように理性を残しているとしたらだ あくまでも彼は自己が魔物と化しながらも、我々には手を出さず、しかしその運命をただただ受け入れている悲しい人物なのかもしれないな

2014-02-19 18:08:28
凄い魔法使い佐藤 @Great_W_Sato

よし、まぁこんな所でな 第十九回凄い魔法使い佐藤によるモンスター情報 チキチキ、古城の誇る英知 をグラストヘイム古城よりお送りした 凄い魔法使い佐藤だ

2014-02-19 18:10:09

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?