Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

WILD TIGER風がまぐち 作り方手順(インクジェット対応布使用):制作 煌さん.@Kou_R_Kurosaki

フォロワーさん(@Kou_R_Kurosaki)がインクジェット対応布を使って制作されたWILD TIGER風がまぐちの作り方手順をまとめました。
26
@Kou_R_Kurosaki

ワイルドタイガーのヒーロースーツ風がまぐち試作したった( ´ ▽ ` )ノ♪ #タイバニ手芸部 http://t.co/U6ceRN7oIm

2014-03-03 23:56:33
拡大
@Kou_R_Kurosaki

WILD TIGER風がまぐち制作レポ1)口金は100円均一でキットをGET。付属の型紙使ってパターン起こしてもいいんだろうけど、今回は大きめ&タテ長にしたかったんで、口金に当たるところのカーブだけ参考にして違うカタチに。 http://t.co/A4Xo31SOQh

2014-03-09 23:52:07
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ2)PCで布地のパターンを作成。俺の場合は使い慣れてるフォトショップでちょいちょいと。右下のグリーンのは裏地(内側の布)の模様。 http://t.co/SiERjzaAp0

2014-03-09 23:55:10
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ3)アイロン転写だとデザインがひび割れてきたりしたらイヤだなーと思ったんで、今回はインクジェットプリンタ対応の布に直プリント。しっかり乾かしてから、布目に詰まった過剰なインクを洗ったりアイロン当てたりして下準備。 http://t.co/I5ePRE5QUm

2014-03-09 23:58:46
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ4)布をカットする前に、縫いしろに隠れるフチの辺りにほつれ止めを塗っておくと、後々作業がラクになると思うんだ (・ω・)b http://t.co/cgzbsdKEKD

2014-03-10 00:03:14
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ5)ほつれ止めがしっかり乾いてから布をカットして、外布と内布を「中表にして」重ねる。これを2セット。 http://t.co/XsRjdCK4D5

2014-03-10 00:05:22
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ6)口金に当たる部分、型紙でいうところの「開き止まり」~「開き止まり」まで縫い合わせる。これを2セット。 http://t.co/MwjXPPawrV

2014-03-10 00:07:51
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ7)今度は外布同士、内布同士を「中表にして」縫い合わせる。このとき、内布は「返し口」分をちょっと開けておくのを忘れずに! あと「開き止まり」辺りは返し縫してしっかり補強すべし。あ、写真では見やすいように黒い糸を使用。 http://t.co/GjBVPEtTB9

2014-03-10 00:13:25
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ8)袋状になった裏表をくるっとひっくり返したら、返し口を縫って閉じる。 http://t.co/VeTCY3q77e

2014-03-10 00:17:41
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ9)返す時にどうしてもくしゃってなっちゃうシワにアイロンを当てたらこんな感じ。ここまできたらほとんど出来たも同然! http://t.co/A3HAq6F7Rr

2014-03-10 00:21:00
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ10)口金の溝にボンドを薄くつけて、縫った布の上端を差し込んだら、補強用の紙ひももマイナスドライバーとかでぐいぐい差し込みながら固定。 http://t.co/VPk4eHvPBf

2014-03-10 00:25:09
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ11)ボンドが完全に乾いたのを確認してから、傷つけないように布を挟みつつ、ペンチで口金をゆっくり潰す。そんなにペシャンコにしなくても、布がしっかり挟まって抜けない程度になればOK。 http://t.co/DfF039FKSD

2014-03-10 00:28:50
拡大
@Kou_R_Kurosaki

がまぐち制作レポ12)あとは口金の「玉」部分で締まり具合を調整したら完成! ……てなわけで、作ってみたいひと頑張ってね〜♪ #タイバニ手芸部 http://t.co/90Kwch5ayC

2014-03-10 01:27:07
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?