Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

セキセイインコの腎臓腫瘍闘病記録

四十九日頃に宣言していた愛鳥ぴのすけの闘病記録です。 闘病記録といっても、注射や処方された薬の詳細はわからないので、参考にならないかもです。すみません。
1
(●・θ・●)のーま @greentova

今日はぴのすけの命日です。一周忌です。ぴのすけが旅立ってから、366日が経ちました。

2014-03-12 18:29:07
(●・θ・●)のーま @greentova

22時あたりにパソコンを起動させるので、その頃に入院からの事をまとめて投下しようと思います。手帳に書いてある事がメインです。ごちゃごちゃしてて、纏まりがないです…w

2014-03-12 18:39:36

四十九日頃に「命日(一周忌)に、入院中のこと・病理結果のことを呟こうと思います。」と宣言していました。
http://twitpic.com/dx7qq8

(●・θ・●)のーま @greentova

ぴのすけの闘病記録を綴りたいとおもいます。

2014-03-12 22:11:25
(●・θ・●)のーま @greentova

2012年8月半ば、19時頃の放鳥中にぐるぐると回り続けてパニックらしき症状を起こす。翌日にかかりつけの鳥専門病院へ向かう。てんかんと診断。てんかん用の薬を処方される。

2014-03-12 22:15:21
(●・θ・●)のーま @greentova

てんかんの発症が、死因である病気に繋がるのかどうかは、わかっていない。おそらく別件であると判断。

2014-03-12 22:17:52
(●・θ・●)のーま @greentova

ぴのすけは幼鳥の頃から、左足を痺れさせている挙動をたまに見せていた。足を痺れさせるような症状は、良くないと記憶していたので通院時に相談をしていた。握力には問題が無かったので、様子見ということになっていた。

2014-03-12 22:22:54
(●・θ・●)のーま @greentova

8月から少し飛んで、2012年11月16日。順調に回復していた(てんかん発作を薬によって抑えることに成功した)ぴのすけだったが、この日を境にやや弱り始める。放鳥しても、すぐに自らケージに戻ってしまう等。

2014-03-12 22:29:13
(●・θ・●)のーま @greentova

換羽(とや)と重なっていたので、体力の消耗が激しいとの判断もあり、別の薬(栄養剤)を処方される。同時に、体重が30gを切ってしまったら入院が必要との宣告も受ける。

2014-03-12 22:32:00
(●・θ・●)のーま @greentova

ドイツ在住のとりきちさんから、ぴのすけの大好物であるかじり棒や小鳥のクッキー、粟穂、プロポリスなどを購入。粟穂は食べてくれたけれど、そのほかには体力が追いつかなかった。

2014-03-12 22:41:20
(●・θ・●)のーま @greentova

2012年12月18日、左足がびっこを引き始める。止まり木には止まれている様子。翌日の19日に病院へ。体重は32~31gを保っていたので、入院は免れた。決して良い状態ではない。なんとか年を越せた。が、日に日に弱っていく。

2014-03-12 22:39:17
(●・θ・●)のーま @greentova

2013年1月7日、体重が29gに落ちてしまった。翌日の8日の夜中~明け方に、止まり木から落ちてしまう。左足が完全麻痺になってしまった。とても弱ってしまう。病院予約を入れる。手のひらに乗せて撫でていると、ぴのすけはそのまま眠ってしまい、目を開けてくれなくなりそうな不安に襲われる。

2014-03-12 22:46:00
(●・θ・●)のーま @greentova

2013年1月9日、午後に病院。お休みだったので病院へ向かう時間まで、自分の布団にぴのすけを入れて、一緒にお昼寝をする。2時間くらい寝ていたと思う。

2014-03-12 22:48:24
(●・θ・●)のーま @greentova

宣告通り、そのまま入院を勧められる。手続き等をして入院に。その日のうちにCTを撮ってもらうことにした。体重は28gだった。その夜からぴのすけの声を聴くことは、出来なくなった。

2014-03-12 22:51:03
(●・θ・●)のーま @greentova

2013年1月10日、入院1日目。16時から診察終了時間まで、入院中の飼い主は、電話で様子の報告を受ける事が出来る。鳥の為に面会は回数が限られている。CT検査結果を聞いた。腎臓と精巣の間に、大きな塊が確認された。ペレットと流動食に切り替え。注射3本の腎臓治療がメインになる。

2014-03-12 22:57:24
(●・θ・●)のーま @greentova

2013年1月11日、入院2日目。困ったことに、ぴのすけが自らご飯(ペレット)を食べない。鳥の食に関する好みは、非常に頑固である。ペレットで育てたい方は、幼鳥のうちにペレットに慣れさせる事が大事です。。。

2014-03-12 23:00:27
(●・θ・●)のーま @greentova

腎臓治療用のペレットなので、そちらを食べて欲しいのですが…食べません。約1ヶ月、ペレットを拒否っていました。なので、流動食を3回、注射を3本の闘病が続く。

2014-03-12 23:03:50

うちでは殻つきの餌(シード)で育てていました。セキセイインコは、食の好みに関しては頑固な性格だったりします。

シードとペレットについて、参考の一つにどうぞ。
http://budgerigarden.web.fc2.com/seed_pere.html

(●・θ・●)のーま @greentova

2013年1月12日、入院3日目。面会。体力回復が第一目標になる。最初は1週間くらいと見込んでいたけれど、3月12日まで入院になる。

2014-03-12 23:06:12

CTのみの診断だったので、この時点では「腎臓に何らかの異常がある」としか断定が出来ませんでした。
症状から腎臓由来の腫瘍の可能性は高いと判断、腎臓治療と体力回復が目標でした。

体力が回復出来たら、血液検査に挑む予定でした。

(●・θ・●)のーま @greentova

2013年1月19日、入院10日目。面会。1日3回の強制給餌(流動食)によって、体重が29~30gを保てるようになる。翌日の20日(入院11日目)、強制給餌を止めて様子を見てもらう。相変わらず自らは食べようとはせず、夜には29gに落ちてしまったので、強制給餌再開。

2014-03-12 23:10:45
(●・θ・●)のーま @greentova

2013年1月22日、入院13日目。固形ペレットから粉状のペレットに変えてもらう。実は19日の面会時に、すり機を買って持参していた…が、粉状ペレットがあるとの事で、出番無し_(:3」∠)_

2014-03-12 23:13:52
(●・θ・●)のーま @greentova

2013年1月26日、入院17日目。面会。粉状ペレットに変えても、相変わらず自ら食べようとしない。体重は29gをキープ。強制給餌×3、注射×3が続いている。面会時、少しえづいていたのが気になる。翌日からえづく状態が出るようになる。

2014-03-12 23:17:38
残りを読む(55)

コメント