樹川さとみさんの#入院日記 まとめ

快く許可をいただけたので、楽園の魔女たち、エネアドの3つの枝、グランドマスター!などの著者、樹川さとみさんの入院日記をまとめました。 現状、病院関係の内容が含まれていても、他の人とのやりとりは除外しています。 けれど、きちんとタグで整理して投稿してくださっているので読みやすいです。 再入院編の入院日記を追加しました。
腸閉塞 変形性股関節症 樹川さとみ 胃粘膜病変 赤芽球癆 再生不良性貧血 胸腺腫 非定形坑酸菌 good症候群
kuichi_hiragi 71335view 2コメント
47
ログインして広告を非表示にする
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-03 11:11:47
    自分の「胃粘膜病変」は入院して9カ月目くらいまで原因がわかっていなかった。ために対処療法しかなく、痛み止めは医療用麻薬。〇に麻という字が。まるマかよ!と内心ひとりでウケていた。#入院日記
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-04 13:26:08
    そもそも最初の症状は胃痛だった。そして皮膚炎。やがて食べ物を受け付けなくなり、無理して食べると吐くように。いよいよ両足に浮腫(むくみ)が出始め、パンパンに腫れあがる。やっとこさ重い腰をあげて近所のクリニックへ行った。「ネフローゼかなあ、腎臓やられたかな」と思っていた。#入院日記
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-04 13:32:59
    クリニックでは念のためレントゲンも撮りましょうと言われ、すなおにうなずいた。まだまだ軽い気持ちだった。ところがそのレントゲンを見てポカン。「なんですか、この白い影?」心臓ちかくに丸い影がくっきりと写し出されていた。悪いのは胃なんですけど!? これこそが胸腺腫だった。#入院日記
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-04 13:40:51
    えーと入院日記はぼちぼちと書いていきますね。あんまりヘビーな話題もアレでナニだから。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-06 12:07:49
    #入院日記 ここでちょっと「胸腺腫(きょうせんしゅ)」についてふれておきたいと思う。 私が医師からきいたところによれば「胸腺とは、免疫の教育をする学校みたいなものです。ふつうは15歳くらいまでに胸腺は役目を終えて脂肪化しますが、まれに腫瘍化する人もいます」とのこと。レアな病気。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-06 12:48:21
    #入院日記 胸腺腫は、悪性・良性にかかわらず「存在そのものが悪性」だという。その理由は前述の先生いわく「かの国のように、まちがった教育をしちゃうから」だそうだ。(←本当にそうおっしゃった)。かの国って! やっぱ〇朝鮮スかせんせい!? そんな場合じゃないのにうっかり大笑い。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-06 12:55:02
    入院日記は、医学用語等、できるだけ正確に書いていきたいと思っておりますが、私の不勉強や勘ちがいなどで、まちがった記述も多々あるかと思います。 その場合は遠慮なくご指摘いただけるとありがたく存じます。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-06 16:17:50
    #入院日記 とはいえ、最初のクリニックですぐに「胸腺腫」と判明したわけではない。たぶん、女医で院長のY先生にはうすうす病名の見当はついてたと思うけれど。あくまで慎重に「くわしく調べないとわかりませんね。総合的に診てもらったほうがいいと思います。うちではちょっと無理かも――」
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-06 16:19:48
    #入院日記 当時の症状と血液検査の結果から、とりあえずついた病名は「逆流性食道炎」と「低タンパク血症」。 タンパク質がどこからか漏れているかもしれませんね、とも言われる。 白血球の値が異様に低く、若干の貧血傾向あり。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-06 16:52:15
    んーと、低蛋白(タンパク)血症について、あまり参考になる記事が見当たらなかったので、外部リンク貼っときますね。 nihon.matsu.net/nf_folder/nf_m…
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-08 13:32:53
    #入院日記 うっかり書きわすれるところだった。私は小学生のころに肺炎からかるい腎臓炎を併発したことがあり、また伯父のひとりは腎臓が弱い。そんな不安要素もあって、足のむくみに関してはまず「腎臓か?」と疑ったわけだが……。腎臓の数値は正常だった。ますます謎が深まる。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-08 13:33:58
    #入院日記 症状があれこれありすぎるため、クリニックで最初に処方された薬は胃酸の分泌をおさえる制酸剤(タケプロン)のみだった。 しばしば化膿することもあった皮膚炎については、これまた近所の皮膚科を紹介された。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-08 13:35:10
    #入院日記 そして皮膚科。両足のひざから下、顔、首にまで広範囲におよんでいた発赤とびらんの検査。結果「カビですね」とあっさり。 カビ。カビかっ! 言いたくはないがここではっきり書かせてもらう。正確にはカンジダ菌である。うわぁ最低。どんだけ抵抗力よわってたんだ……。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-08 13:36:32
    #入院日記 余談。ほんとーにどうでもいいことだが、この個人経営の皮膚科。院長先生はふつーのおっちゃんだが、看護士さん、受付嬢、女性スタッフばかりなのは別に変じゃないとして、例外なくもれなく美人。美女の巣窟。なんだここはー!?と思った。 ナゾだ。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-08 13:38:58
    #入院日記 さらに余談。このころ顔の赤味は半分を占め、まるでブラックジャックかフランケンみたいな惨状になっていた。入院前日に這うようにして免許の更新手続きに行ったのだが、そのとき提出した超ゾンビな証明写真がそのまま私のゴールド免許に! 撮り直しするんじゃないの!? 話がちがう!
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-10 20:43:22
    #入院日記 さて、内科クリニックから皮膚科に行ったと前回まで書いた。 その皮膚科で「うちから大学病院に紹介状を出しましょうか?」ときかれたのでこれ幸いと「お願いします」とうなずく。幸い、すぐ翌日の予約がとれた。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-10 20:45:05
    #入院日記 こうして胃痛が気がかりだったはずの私は、地元のクリニックにも通院しつつ、となりの市にある大学病院通いを約一カ月つづけることになった。その変遷は「皮膚科」→「呼吸器内科」→「放射線科」→最後にようやく「消化器内科」である。長かった。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-10 20:46:02
    #入院日記 それぞれの科でのこまかなできごとを書いていると長くなるので省くが、なぜか皮膚科で「たぶん胸腺腫」と診断されてからは呼吸器内科へまわされ、胸腺腫の検査がメインとなった。そのあいだ、地元のクリニックでは制酸剤にくわえ胃粘膜保護薬、栄養補助剤を処方してもらう。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-10 20:47:10
    #入院日記 良かったことは、栄養補助剤のおかげで浮腫(ふしゅ・むくみ)が劇的に改善されたこと。むくみは、ネフローゼでもフィラリアでもなく、栄養不足からくる低タンパク血症のせいだった。タンパク質が不足しすぎて、体内の水分をうまく排出できなかったのだ。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-10 20:50:56
    #入院日記 ちなみにこれがその栄養補助剤。エンシュアHという。ドロリとしており甘い。とてつもなく甘い。どこか鉄くさい匂いがあり、個人的には「黒糖味」が一番のみやすかった。 pic.twitter.com/iPGo6D13CU
     拡大
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-10 20:53:15
    #入院日記 逆に悪かったことは、その大学病院通いの一カ月すこしのあいだにどんどんと胃の症状が悪化していったこと。そして、むくみが取れたぶんだけ体重が一気に減りはじめたこと。50㎏代後半だったはずの私の体重(うちには体重計がない)は、入院するころには40㎏を切っていた。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-10 22:17:33
    #入院日記 造影CTなどの検査でわかったことは、私の胸腺腫はかなり大きくなっており、それが心臓を圧迫しているせいで心臓の周囲に水がたまっていること(自覚症状なし)。肺にわずかに影が認められること。肺の影の正体までは不明だったが、「肺もか!」と思ったことはたしかだ。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-12 12:50:19
    失意のまま今日も病院。注射打ってきた。 そして真夏のマスクは怪しいし、暑い。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-12 13:48:54
    #入院日記 新たにみつかった肺の影について放射線科の先生の所見はわりと楽観的だった。以前の病変の名残と見ます、というのがその見立て。まあたいしたことはないだろうという感じ。でもうちの父、肺ガンで亡くなってるのよね、若いころ肺結核でサナトリウム青年してたし。
  • 樹川さとみ @kikawa9 2014-08-12 13:49:28
    #入院日記 各科の詳細は省くと前置きしたが、放射線科の先生があまりに印象的だったのでちょっと書いておく。ていうか書きたいので書かせて。放射線科へ行ったのは、胸腺腫が良性か悪性であるかを判別するためだった。そのためにはまずPET検査というものをする必要があった。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「日記」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする