33
Jun Makino @jun_makino
http://t.co/LoqlZO5MaC 14.03.16NHK スペシャル メルトダウン File. 4放射能大量放出の真相  TL から
Jun Makino @jun_makino
RCIC タービン軸から漏れたのでは?という話。
Jun Makino @jun_makino
まあこれ、一番弱いのがそこだったというだけではという気がするよね、、、
Jun Makino @jun_makino
仮にここ直しても次は他の想定外のところから漏れましたみたいな。
YUZO WEHARA @ueharams
3月16日夜9時からのNHKスペシャル「メルトダウンの最新報告」:(ペデスタルには)一部開口がありそこからデブリが流れだし格納容器鋼販の1m手前で止まりコンクリート等の温度差で格納容器鋼鈑の一部損傷を想定と専門家が語る。。格納容器内には水が溜っていなかったと主張したに等しい。
YUZO WEHARA @ueharams
3月16日夜9時からのNHKスペシャル「メルトダウンの最新報告」:むつかしい表現が大好きで「温度成層化」「ドライウエル」とか「サブチャン」。沸騰水の中でのことだし、通常は乾いた床面だし、米国風にPRESSURE-SUPPRESSION POOLならわかるが略してはわからない。
YUZO WEHARA @ueharams
3月16日夜9時からのNHKスペシャル「メルトダウンの最新報告」:「格納容器鋼鈑の一部損傷を想定」と専門家が語る番組であったが、マークⅠ格納容器の加熱損傷シエルアタック(米国規制当局NRCはライナーアタックという)は昔からの自明のことで、今、専門家が解析したかとは悲しいことだ。
YUZO WEHARA @ueharams
16日夜9時からのNHKスペシャル「(圧力容器下の空間のペデスタルに)一部開口がありそこからデブリが流れだし」と語った専門家は一部開口とあやふやだが、12月の規制委員会適合性審査会合で全PWR電力から開口やシエルアタックはマークⅠ特有と米国規制当局NRCの図を引用して説明した。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@ueharams まだ、そんな小細工をするんですねぇ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
NHK BS世界のドキュメンタリー 2013.12.17. 原題:The Atomic States of America 制作:9.14 Pictures (アメリカ 2012年) http://t.co/c9EfDaqZE5
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
RCICの軸蒸気漏れなんて無制御下ではあって当たり前だろうに。それに、それが起きていたなら、当初から建屋内の線量が上昇していたはずだぞ。格納容器温度が上昇してから建屋内の汚染が始まったのだから、エポキシのシール剤が駄目になったのではないか?ブラウンズ・フェリーで教訓とされた事だ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@BB45_Colorado この、ブラウンズフェリー原子炉火災は、NRCでは徹底して教訓化したのだが、日本では、蝋燭による火災という事で、日本ではありえないと教訓化しなかった。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
なんか、相変わらず、シナリオ前提のパチモノ解析っぽいなぁ。イベントツリーは有効だが、所詮は投入された前提条件内での可能性の示唆であって、現場検証、実験によって裏付けられなければ、ただの物語だよ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
NHKスペシャル、2年は認識が古いね。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
煙突からの煙がすぐに横を向くときの風速って、昔は小学生、中学生むけの理科の本には載っていたものだが、最近は見当たらないね。試験にも出る事があるので、暗記したものだが。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
なんで現場の略語を使いたがるんだ?
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
圧力抑制室の沸騰については、事故当時、報じられていたぞ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
私は、その時点でウェットベントの効果はゼロと判定していた。それどころか、除熱ができず、圧が下がらず、格納容器は急速に破裂すると判断していた。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
うーん、ついろぐを検索してもそれらしいツイートが出てこない。圧力抑制室が100℃を越えていた可能性を示唆する情報は、15日前後に流れていたと記憶。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
全く真相でも無いし、くだらない番組だった。なにやら面白いというので、目が覚めたのでせっかく再生したのに。
YUZO WEHARA @ueharams
@BB45_Colorado NUREGに図入りで明確に描かれ明確に説明され世界に公開されているにも関わらず、不思議の国では遠慮し自主規制しているようなサマは、もしかしてこの番組の専門家はNUREGをみたこともない人達なのでしょうね。NRCもびっくりしていることでしょう。(笑)
YUZO WEHARA @ueharams
米国規制当局NRCの技術報告(NUREG)は世界に公開されている。1975年発生したブラウンズフェリー火災事故は総括され、以降20数年の火災防護開発に格闘していく。その発電所はBWRマークⅠで福一と同じ。火災の経過は迫力があり、Lessons Learned(教訓)は納得する。
関連まとめ
残りを読む(8)

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2014年3月17日
タイトルを変更しました。
内田 @uchida_kawasaki 2014年3月17日
関連まとめをまとめの最後に追加しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする