3
ログインして広告を非表示にする
  • 國枝孝弘 @TakaKunieda 2016-07-19 00:07:37
    柳美里『JR上野駅公園口』読了。私たちが見ているようで見ようとはしないホームレスの存在、日本の過去、そして地方。見えないのではなく見ようとしないものを強く喚起する強度を持った作品だった。そして方言でしか伝わらないこと。
  • 柳美里 @yu_miri_0622 2016-06-13 15:20:58
    【朗読】小説『JR上野駅公園口』を、福島県立原町高校放送部のみなさんが地元の方言を活かして読んでくださった朗読音源(4時間45分)を公開しました。byスタッフ youtube.com/watch?v=fsMXon…
     拡大
  • 柳美里 @yu_miri_0622 2015-05-13 17:56:05
    柳美里による「JR上野駅公園口」自作朗読は、下記よりもお聞きいただけます。byスタッフ soundcloud.com/yu_miri_0622/j…
  • Arai Kaoru @araikaoru 2015-02-08 14:06:19
    柳美里著『上野駅公園口』韓国語版の書評(朝鮮日報) chosunonline.com/site/data/html… 〈太平洋戦争末期から2011年の東日本巨大地震に至るまでの、日本社会の変遷が詰まっている〉
  • リンク www.chosunonline.com 夢を抱き東京へ、上野のホームレスに見る日本 夢を抱き東京へ、上野のホームレスに見る日本
  • カズヒコーキ @kazu_shindo 2015-01-21 19:14:02
    JR上野公園口 柳美里 読了 一生懸命に淡々と薄っぺらな人生を歩まざるを得なかった。 日本を積み上げてみたものの人とはあらぬ方向へ進んでしまった。 社会との関わりが薄いと人生そのものが薄っぺらくみえる日本。 その人らしい人生と今更言われても自分探しはもう遅い。
  • Elie OKA @okaimhome 2015-01-02 15:55:12
    昨年のベストは柳美里『JR上野駅公園口』だな。字組も装丁もとてもよい。特に最後の一文を終えたあとの次頁の真っ白いページが、男の死を表しているようでいい。著者と装丁家がよってたかっていい本にしたんだろうなと感じさせる。
  • 平林堂書店・上田市 @ririnndesu 2014-12-22 21:31:44
    福島県出身のホームレス男性の人生を通じて、敗戦から原発事故に至る日本の構造を浮き彫りにしています。柳美里著「JR上野駅公園口」は河出書房新社から税別1400円です。社会の底辺の痛苦と悲嘆を、あらゆる人生のかけがえのなさを訴えます。 pic.twitter.com/cZ3ulE8Hrs
     拡大
  • ばにらん @v_anilla_n 2014-12-08 22:13:55
    【JR上野駅公園口/柳 美里】音や光や匂い、風や風景が眩しいくらいに流れ込んでくるラスト。そして津波。 →bookmeter.com/cmt/43351257 #bookmeter
  • おおはたさん @oohatasan 2014-11-30 20:48:03
    柳美里「JR上野駅公園口」読了。自分が住んでいる場所ということもありタイトルに惹かれて購入。先日読んだ「パークライフ」の様な話と思っていたら全然違った。ホームレスの話。こういう視点もあるんだな、と思ったのと、彼らへの興味がとても沸く1冊。機会があるならお話聞いてみたいです。
  • 山澤こずえ(ときどき“優一”) @kozrin666 2014-11-16 20:06:16
    柳美里さんの『JR上野駅公園口』読了(音読)! 心というより、頭の中がじんじんしびれる感じの読後感。気づいたら涙がにじんでいた。(;_;)
  • lotus @nicolaandchloe 2014-10-30 22:36:44
    ものすごく久しぶりに、柳美里の本をかった。 pic.twitter.com/TJGpPgoyV3
     拡大
  • おいら @ooihanimaruouji 2014-10-24 16:55:05
    柳美里のJR上野駅公園口を買ったなう。
  • 柳美里 @yu_miri_0622 2014-10-29 19:29:59
    @yu_miri_0622 小説『JR上野駅公園口』の「あとがき」全文と、スタッフが本文から抜いた一節をまとめたtogetterはこちら→ togetter.com/li/642864
  • フータ @KAWAHUMITA 2014-09-12 18:54:01
    柳 美里「JR上野駅公園口」そこに住む老いた男のホームレスの独白。「いつ終わるかわからない人世を生きていることが怖かった。全身にのしかかるその重みに抗うことも堪えることもできそうになかった」 出稼ぎ、福島、東京五輪、原発、過去から錯綜する時空…不思議な国、日本。
  • @zo3pot 2014-09-26 08:57:16
    本橋成一写真集『上野駅の幕間』CM: youtu.be/6iwsW3QVbYY @YouTubeさんから この前、柳美里の『JR上野駅公園口』を購入したので、上野駅の写真集を探したら本橋成一の写真集があるみたい。そういえば都築響一が紹介してたな。 興味深い。
     拡大
  • マコリアムおじさん @mkt_magaribuchi 2014-09-05 17:24:48
    柳美里「JR上野駅公園口」を読みました。 「ただ、慣れることができなかっただけだ。どんな仕事にだって慣れることができたが、人生にだけは慣れることができなかった。人生の苦しみにも、悲しみにも……喜びにも……」(本文より)
  • urbansea @urbansea 2014-09-04 22:44:48
    柳美里「JR上野駅公園口」は天皇と同い年のホームレスが主人公である。昭和七年生まれ。それでいうと、山口組四代目・竹中正久とその命を奪った立花和夫も昭和七年生まれ。方や頂点を極め、方や五十を過ぎてから三次団体の組員、二年後に殺人犯となり、その後に獄中死する。この対比もすさまじい。
  • 猥雑リンゴ @waizatsuringo 2014-09-03 22:27:18
    柳美里さんの『JR上野駅公園口』を読んだ。上野公園のホームレスが主人公の小説……。詩的かつ映像的な文体が印象的。主人公のホームレス仲間、シゲちゃんがいい味出してて好きだな。
  • 坂本葵 @aoi_skmt 2014-09-01 18:40:34
    今さらですが、集英社の季刊誌『kotoba』2014年夏号に、拙著『吉祥寺の百日恋』の書評が出ているそうです(評者は石原千秋さん)。6月6日に発売されていたのに、全然知らなかった…
  • 坂本葵 @aoi_skmt 2014-09-01 22:07:59
    石原千秋氏が書評で、登場人物の名前の由来を考察して下さっている。(ちょっと深読みし過ぎなのもありましたが;^_^) 一緒に紹介されていたのは、柳美里『JR上野駅公園口』でした。
  • ぴぃこ @ata_okayama 2014-08-18 20:22:01
    柳 美里さんの「JR上野駅公園口」読みました。悲しかったです。貧乏は苦しいけれど、経済優先の今の政治が、決しこの貧乏を改善するものではなく、裕福な人がより裕福になるためのものであることに憤りを感じます。
  • はつえ @coco3160 2014-08-16 20:58:51
    終電で帰京ー お供は、柳美里『JR上野駅公園口』 pic.twitter.com/Vv9oUG3RPH
     拡大
  • urbansea @urbansea 2014-08-15 14:18:07
    柳美里・JR上野駅公園口、購入。河出のハードカバーを買うのはブコウスキー以来かも。ツィッターで知り、1933年生まれに気を惹かれた。私の親が1935年生まれであるから、か。(やくざ世界で1933年生まれは竹中正久がいる) 私の親は大陸から引き揚げ、山口、岡山、北海道、八幡、それ略
  • urbansea @urbansea 2014-08-15 16:26:13
    柳美里・JR上野駅公園口、装丁の題字にに佐藤修悦を使ったら…などと思う。佐藤は、福島県でなく岩手県花巻市出身、JR日暮里駅、であるが。 ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90…

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「近畿」に関連するカテゴリー