深淵における「すり合わせ」について

TRPG『深淵 第二版』における参加者間での「すり合わせ」の重要性について、自分なりに思うところをルールブックの記述を基に並べたものです。 後で自分で確認する用の個人的まとめのため、読みづらい部分があるかもしれませんがご勘弁いただければ幸いです。
trpg
opendice 3765view 21コメント
9
ログインして広告を非表示にする
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 04:19:53
    ちょっと話題が出たので、深淵における「すり合わせ」について思うことを少し。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 04:22:26
    まず大前提として、深淵もTRPGである以上、すり合わせというものは必須であるということ。複数の人間が参加し、コミュニケーションで進行していくゲームである時点で、これは言うまでもない当然の話。この前提を共有できない事には、そもそもセッションなんて最初から成立させることはできない。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 04:41:43
    深淵というとPCの目的がそれぞれ違うことが多いためか、プレイヤー間で協力なんかせず、個人主義に走って好き勝手やってもいいと誤解する人もたまにいるらしい。でもこれは完全に逆で、深淵ほどすり合わせが必要なゲームはむしろ少数派なんじゃないかと思う。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 04:57:19
    よりシステマチックなゲームであれば、ルールに従いさえすればセッションの進行はある程度保証される。けど深淵はそういうゲームではなく、参加者個人のテクニックやノウハウ、コミュニケーションに依存する割合がかなり高い。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 05:10:47
    そうしたことを考えに入れず、「他人とすり合わせてひとつの物語を作る必要なんてない」「『自分にとっての』美しい物語を作れればそれでいい」といって好き勝手にプレイするのは、深淵というシステムに対するもっとも典型的な勘違いではないかと思う。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 05:17:51
    前にもツイートしたけど、ベテランを自認する人間にも、システムを独自解釈して自分に都合のいいプレイングを押し通す人が少なくないことに驚く。真に「ルールをよく読んで使いこなす」ということができる人間であれば、間違ってもそんな発想には辿り着かないのではないかと思うが。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 05:19:45
    (まあ自分もそうならない保証はどこにもないので、常に自戒は忘れないようにしたいとは思う)
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 05:43:29
    またp99では、「いわば、あなたがたは、これから非常にプライベートな形ながら、ファンタジー映画を一本作って、楽しもうとしているのです」とある。 間違っても「プレイヤーそれぞれの映画を別々に作って楽しむ」などではなく、全員が同じ一つの映画を作るというのがポイント。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 06:03:27
    それぞれ役割は異なっていたとしても、みんなで協力してひとつの物語を作るのが目的ということがルールブックには繰り返し書かれている。当然ながら、「参加者がそれぞれ勝手に別々の物語を作る」なんてことはどこを探しても書かれてない。それでは破綻は目に見えているから。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 06:09:54
    「参加者全員がうまく協力することによって、素晴らしい物語が生み出せたかどうか」 「全員が納得いくだけの素晴らしい物語ができたならば、それは参加者全員の勝利」 「逆に、特定の一人だけが楽しんでしまったり、誰か一人でも嫌な想いを強いられたりするようであれば、完全な勝利とは言えない」
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 06:16:34
    もし仮に、深淵の目的が「それぞれ別々の美しい物語を作る」であれば、「お前の物語が美しくなくても知ったことか、俺の物語は美しいものだったから俺個人は勝利」というのが簡単に許容されてしまうことになる。それは明らかにデザイナーの意図とは反するだろう。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 06:32:23
    同卓しててもそれぞれ別々に映画を作って勝手に楽しむなんていうのではなく、協力して一本の映画(=物語)を作って楽しむ。それぞれの役割や生きざまは異なっていたとしても、それが集まって完成させるのはひとつの物語というのが、深淵というシステムの良い点だと改めて感じる。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 06:35:41
    ……しかしこうして見ると、「協力」って記述本当に多いな。これで何も伝わってないんじゃデザイナーもやりきれないじゃなかろうか。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 07:16:43
    p101「タイトル・バック」なんか見ても「各PCを同じ渦に巻き込んでいかなくてはいけません」「ただ漫然と放置してしまうと、PCそれぞれがばらばらに自分の目標に向かっていってしまいます」というふうに、それぞれが物語を作るだけというのは駄目でPCをまとめる必要性について書いてあるな。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 07:20:28
    まあ仮に、すり合わせもしないで自分にとっての物語だけを考えて動いたなら、まさにここに書かれてるとおりバラバラになるかバトルロイヤルになるかが落ちだから当然の話ではある。そりゃ「美しい物語」なんてできっこないよ。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 07:25:26
    GM主導のすり合わせ方法については、他には予告編や、ハンドアウトを渡すっていうルールが主なところかな。p103では「ハンドアウト」とあるのに、p100ではおそらく同じものを指して「ガイダンス」と称してるのがこのゲームの統一性がない所だけど。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 07:35:27
    まあ他にもいろいろあるから挙げてくとキリがないけど、p104の「アドリブとコミュニケーション」にある「GMとプレイヤー全員で話し合いながらキャスティングを行っていく」というのなんかは、かなり分かりやすい形でのすり合わせのやり方だな。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 07:43:55
    こうして改めて見てみると、すり合わせの重要性について書かれた箇所は想像以上に多かった。……けどそれでもやっぱり、ルールブックのすり合わせのガイダンスがこれで充分かと言われると、かなり微妙な気がする。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 07:50:36
    「美しい物語のために協力や話し合いをさせよう」とは繰り返し書いてあるけど、その「美しい物語」の想定が参加者間で食い違ったりした時のガイドについては何も書かれてないので、どうにも投げっぱなしに感じる。対立や葛藤を指向してる部分があるからなおさら何かしらの指針が必要なんじゃないかと。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-20 08:14:12
    まあ一概には言えないだろうし答えはないかもしれないってのも分かるけど、第三版で初心者対応を謳うんだったら、もう少し何かガイド的なものに気を使ってもいいんじゃないかなーなんて思いました。個人にとっての物語しか考えない人なんかも実際いることだし。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-26 18:11:13
    @furuike20 そんな意味合いのことが「美しい物語という目的を確認させろ」みたいな形で書いてありますね。少なくとも「ゲームの目的」を忘れ各自が「PCの目的」しか考えずに行動した結果バトルロイヤルになるというのは、作者の志向する「美しい物語」ではないというのは確かのようです。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-27 09:41:18
    この前作った深淵のすり合わせについてのまとめに関連して「バトルロイヤル展開になるにしても無秩序なセッションを推奨しているわけではないようですね」というリプを貰ったけど、これは本当にその通りと思う。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-27 09:43:47
    バトルロイヤル云々という記述はルールブックp101から引用したわけだけど、実際に読めばわかるように「それ自体は破綻でない場合もありますが」というふうに、バトルロイヤルそのものを否定するような記述はしていない。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-27 09:46:55
    ルールブックに書かれているのは、「こうした状態で、面白い物語ができにくくなる場合があります」「物語としての破綻を避けるために(中略)配慮してください」という形で、ここでも例によって「物語」の成立を第一の判断基準にしている。
  • 一天地六 @opendice 2014-04-27 09:52:28
    つまり「バトルロイヤル展開もアリ、ただし物語として破綻しないという条件付きで」というのが、ルールブックから読み取れるデザイナーの主張ということになる。

コメント

  • sim@ぃぁぃぁらららんど @sim_38 2014-04-26 20:29:02
    うーむ。いろいろ誤解されてる気がするんですが(苦笑)。 私の認識は、各PLの「美しい物語」観は食い違っていて全然かまわない(お互い尊重し合えば)というスタンスだったので、ああいう記述になってるかと思います。
  • sim@ぃぁぃぁらららんど @sim_38 2014-04-26 20:30:22
    あと、バトルロイヤルになる=美しい物語なんてできっこない、というのは全く間違った認識かとー
  • 一天地六 @opendice 2014-04-28 10:56:43
    まとめを更新しました。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 13:05:10
    今更ながら少々補足。このまとめで語られている内容は、どなたかの思想や信条、プレイスタイル等の否定をするものではありません。もしも「俺の意見が攻撃された」などと思われた方がいらっしゃいましたら、それはおそらく誤解かと思われます。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 13:07:27
    そもそも「個人的意見/私見に関しては他人が口を差し挟むようなことではない」「その人のプレイグループがそれで全員が満足しているのであれば何も問題はない」というのが、終始一貫した自分のスタンスです。なので、「私はこういうセッションを好む」「私はこういう物語が美しいと思う」といった「私見」そのものを否定する意図は一切ありません。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 13:08:48
    (まあもし仮に「私見」と称しつつ私の意見への反論を頂いた場合などはそれに対して再反論する可能性はありますし、「私見」の中にこちらの意見の誤解や捏造・曲解などが含まれるといった場合は訂正することもあるでしょうが、「俺はお前に対して好き勝手に反論や捏造するが、私見だからお前がそれに反論するのは許さん!」なんて言い出す「私見」の意味も分からない人もそうそう居ないと思うので、そうしたケースについては置いておきます)
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 13:39:06
    で、なぜ今さら急にこんな補足をしようと思ったかというと、世の中には「すり合わせ」という言葉に対して何故か敵性言語のごとくに忌み嫌っている人もいるらしいという話を耳にすることがあるためであります。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 13:45:15
    ここで挙げている「すり合わせ」という言葉がどういった意味で使われているかといえば、読んでいただければお分かりの通り、深淵ルールブックでも繰り返されている「話し合って協力する」といった類の行為を指すということになります。つまり「すり合わせが大事」というのは「自分だけでなく他の参加者のことも考えるのが大事」と言っているのに等しいわけで、私としては一般論の範疇のようなつもりでおりました。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 13:50:31
    ところが、「すり合わせ」という言葉を忌避する一部の人にとっては、この単語を使っているという時点で拒絶反応を示し、ひょっとしたら「俺の意見を否定するつもりか」などと憤慨させてしまう可能性もなくはないのでは、と危惧したために、ひとつ誤解を解いておくべきかと思い立ったというわけです。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 13:53:47
    「すり合わせ」という言葉を頑なに嫌うという心理は正直理解はできないのですが、前にも述べたとおり、言葉のチョイス自体にはさして重きを置いてはいません。「すり合わせ」という言葉が嫌だという人は別の言葉に言い換えて下さいというのは既に書いた通りです。ちなみに、その際に挙げた言い換えの例としては「コンセンサス形成」「協議」「互いに尊重」といったものがありました。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 14:31:40
    ただ、ここに列挙した「すり合わせ」「コンセンサス」「協議」「尊重」などの単語ですが、改めて考えてみるとこれらの中にひとつ、他とは決定的に性格が異なるために代用する際にやや注意が必要なものがある気がします。それは、「尊重」。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 14:33:56
    何が違うかというと、他の単語には「互いに~する」といった意味が自ずと含まれているのに対して、「尊重」だけは一方通行の状況に対しても成立するということ。つまり極端なことを言えば、「俺はお前の意見を尊重するつもりはないが、お前は俺の意見を尊重しろ」という一方的な押し付けの意味でも使えてしまう言葉だということです。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 14:40:46
    もちろん相手を尊重するというのは大事なことですし、「尊重」自体は素晴らしい言葉というのも間違いありません。尊重の重要性を口にする人の大多数は「私は相手を尊重する」という立派な志で使っているというのも理解しています。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 14:42:23
    ただ世の中には、極端に視野が狭いというか、自分中心にしか物事を考えられない人もいるということも事実ではあります。典型的な例でいうと、「空気を読め」といった言葉を「俺の意見に無条件に従え」という意味で平然と使えてしまうようなタイプ。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 14:45:42
    他の例としては、以前少しツイートでも触れたのですが、「読み手には誤読の権利がある」という言葉を「俺には誤読する権利があるが俺の文章を意に沿わない解釈する奴は病気か妄想扱いする」という意味で使うような人も(もし存在すればですが)このタイプになります。また「俺はお前に反論するがお前が俺に再反論するのは許さない」なんて言う人も同様。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 14:54:24
    「すり合わせではなく尊重が正しい」と主張したのがもしこういった類の人だった場合、それは実質的には「私は他人を尊重する」ではなく「他人は私を尊重しろ」という意味であることは想像に難くないと思います。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 15:32:08
    解りやすい所でこうした例を挙げましたが、これは何も「尊重」との言い換えに限定した話ではありません。特定の言葉を毛嫌いするのは個人の自由ですが、重要なのは、その人が敢えて「すり合わせ」という言葉を避ける根底にはどういった信条があるのかだと思います。つまり、単語自体が嫌いなだけでその意味するところである「話し合い協力する」という行為自体には賛同しているのか、それとも「話し合い協力する」という概念そのものを拒絶しているのか、そのどちらであるのかということ。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 17:13:45
    ……まあ広い世の中には、このどちらなのか以前に「俺は『すり合わせ』という言葉にこういう偏見を持っている、偏見と宣言している以上反論は許さん。俺の偏見によれば『すり合わせ』は意味が不定なので『ズンドコベロンチョ(仮)』のほうが正しい」などと言いだす方もいないとは言えませんが、こういう頭のおかしいクレーマーは論外なのでここでは考えないものとします。「ああ確かに偏見ですね」としか返しようがありませんし。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 17:24:37
    またある程度TRPG界隈で定着している言葉ならまだしも、本人の脳内でしか意味が確定していない言葉を定義も表明せずに使われても、「すり合わせ」以上に意味が不定でどこがどう違うと主張したいのか本人以外にはまったく通じないことになります(ちなみに、本文における「すり合わせ」の意味は既に何度も述べた通りです)。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 17:39:13
    話を戻すと、「すり合わせという言葉が嫌いなだけで協力する気はある」という場合であれば特に問題は発生しないし、こちらの主張とも内容的に相違はないということになります。ただ「協力するという概念自体を拒絶している」という場合は、他人と一緒にTRPG(当然深淵も同様)を楽しむのは非常に困難になると思われます。
  • 一天地六 @opendice 2014-06-14 17:41:17
    ……始めの方で「誰かのプレイスタイルを否定するわけではない」と書きましたが、少し訂正します。「他人との協力を拒否して好き勝手やる」等、他人に迷惑をかけるプレイに関しては、結果的に否定していることにはなってしまうかもしれません。ただまあ「好き勝手やって迷惑をかけるのが俺のプレイスタイルだ」という方でもない限りは、「俺の意見を攻撃している」なんて気にされる必要は最初から一切ないはずですので、ご安心いただければ幸いです。

カテゴリーからまとめを探す

「音楽」に関連するカテゴリー