Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2014年5月4日

【ラブライブ!2期】4話感想まとめ。―訣別ではなく、過去の自分を抱きしめて

アニメ2期を観た私感をまとめております。後々覆される点もたくさんあると思いますが、放送当時にしか抱けない感想を大事にしたいと思います。みなさんの振り返りの糧になれば幸いです。 ・「夢なき夢」を正夢にさせないために ・何かを隠し通す覚悟?―予選突破の朗報の陰で ・にこのいない8人の屋上 続きを読む
6
momorin @momorin_cloverZ

りっぴーの徳島ラーメンに触発されてラーメン食べに行ってお腹いっぱいにゃー! それでは、第4話の感想をまただらだらと垂れ流したいと思います!とにかくゆっくりだらだら続くと思います…!

2014-05-03 18:43:01
momorin @momorin_cloverZ

(果たしてちゃんと言葉にできるのかなぁ…)

2014-05-03 18:44:15
momorin @momorin_cloverZ

第4話はにこ回。でもそれは単なるエピソードなんかではなくて、ひとりのスーパーアイドルの、あまりにも壮絶な物語でした。それは、これまでのμ'sの歩みの意味を変えてしまうほどにショッキングなものでもあったと感じました。#lovelive http://t.co/mIcYTJridC

2014-05-03 18:56:51
拡大

「夢なき夢」を正夢にさせないために

momorin @momorin_cloverZ

4話はなんと穂乃果の夢の中から始まります。「…っていう夢を見たんだよ!」「夢なんかーい!」そして「さぁー夢をー♪」とOPに繋がる流れ。「夢」という言葉が繰り返されて交錯し、ゲシュタルト崩壊を起こしてしまいそうでした。#lovelive http://t.co/6SvK6x7kQX

2014-05-03 19:03:28
拡大
momorin @momorin_cloverZ

眠る夢と、抱く夢。2つの「夢」が交錯し、「夢」とはいったい何なのかを改めて問うているように感じました。2話で眠り続けた穂乃果は、眠る夢を、まさに「夢なき夢は夢じゃない!」と言わんばかりに否定して、現実に還りました。#lovelive http://t.co/MHTRqrX6D9

2014-05-03 19:13:28
拡大
momorin @momorin_cloverZ

そもそも穂乃果が予選敗退というネガティブな夢を見ること自体も意外に思えますが、それは「やりたいこと」を見つめ直す必要性を察知していたのかもしれません。このままではいけない、これが正夢になってしまうかもしれない、と。#lovelive http://t.co/ZZoO6e8Qje

2014-05-03 19:16:16
拡大
momorin @momorin_cloverZ

だから穂乃果は、夢と同じ展開になってしまった現実に対して「何か変えなきゃ正夢になっちゃうんだよー!」と訴えた。このままではいけない、何かを変えなくてはいけない、ということを、穂乃果なりに感じ取っていたのだと思います。#lovelive http://t.co/gI6wBL4e7I

2014-05-03 19:19:37
拡大
momorin @momorin_cloverZ

しかし、穂乃果の夢は正夢にはなりませんでした。わざわざにこが一気飲みをしなくとも、穂乃果の認識とは別のところで、μ'sは何かが変わり始めていた。その片鱗が、奇しくも今回、そのにこを通して描かれていくことになります。#lovelive http://t.co/plihDry9BV

2014-05-03 19:23:07
拡大
momorin @momorin_cloverZ

ちなみに夢の中と現実はほとんど同じ描写でしたが、海未は違いました。現実では耳を塞いだままでしたが、夢の中では自ら耳を塞ぐ手を外していた。穂乃果は心のどこかで、自ら殻を破れるような海未の姿を望んでいるのかもしれません。#lovelive http://t.co/ULaQnn5M3R

2014-05-03 19:30:39
拡大

何かを隠し通す覚悟?―予選突破の朗報の陰で

momorin @momorin_cloverZ

予選突破。各所へ駆け出し、それぞれに喜びを報告に向かいます。穂乃果が、友だちであり一番のファンであるヒフミトリオのもとに向かうのが印象的です。校内放送は、μ'sの活躍がいまや音ノ木坂みんなの喜びであることを伝えます。#lovelive http://t.co/n0pQPv6YGs

2014-05-03 19:38:20
拡大
momorin @momorin_cloverZ

朗報に浸るなか、ひとり物陰のにこ。μ's9人の輪を飛び出してしまえば、クラスに、校内に、喜びを伝えに行く相手などいません。スクール性の立場の弱さが、学校生活という場面ではどうしても見え隠れしてしまうと感じました。#lovelive http://t.co/2FpwmaYWLD

2014-05-03 19:45:58
拡大
momorin @momorin_cloverZ

同時にそれは、1期5話で描かれたにこの過去を思い出させます。学校生活における居場所のなさだけではなく、おそらくにこだけが抱えている何かがある。そしてそれは、とっくに隠し通す覚悟を決めている。そんな表情に見えました。#lovelive http://t.co/fYjCeioOFB

2014-05-03 19:50:48
拡大

にこのいない8人の屋上

momorin @momorin_cloverZ

にこを除く8人は屋上に集まり、12月の最終予選に向けて早速動き出します。質の高い練習を集中してこなし、理論的に現実的に出場を見据える絵里と海未。穂乃果をオーバーヒートさせてしまったあの失敗はもう繰り返させません。#lovelive http://t.co/9yR09KrrP9

2014-05-03 19:56:13
拡大
momorin @momorin_cloverZ

練習計画を語る絵里や海未の言葉を聞き、うなずく穂乃果。仲間を信じる決意には、成長したリーダー・穂乃果を感じます。これなら出場の夢も叶うかもしれない。…しかし、この場には1人足りません。μ's9人の足並みが揃いません。#lovelive http://t.co/kHlIlSBK5X

2014-05-03 20:02:44
拡大
momorin @momorin_cloverZ

2話の合宿のとき、穂乃果の不在に気付いた構図とは逆に、今度はことりが「誰か1人足りないような…」と気付きます。凛は気付きません。あのとき「ひどいよ!」と言った穂乃果も結局気付きませんが、その気付き方が面白かったです。#lovelive http://t.co/ntkdFJIwl1

2014-05-03 20:08:38
拡大
momorin @momorin_cloverZ

「なーんだ!では改めて!」と掲げた自分の手が自然とにっこにっこにーになっていることではじめて、にこの不在に気付きます。にこの教えは、μ'sメンバーにもしっかり身体化されるほどに徹底されている、ということでしょうか…。#lovelive http://t.co/qCtzX3HGcJ

2014-05-03 20:11:18
拡大

にこの隠し事と、8人との距離感

momorin @momorin_cloverZ

予選突破が決まったにも関わらず、練習に参加せずに黙って帰ろうとするにこ。「今日はちょっと用があるの…」と言いますが、何かを隠しているようにしか見えません。まさしくそれは、メンバーには言えないこと。家族のことでした。#lovelive http://t.co/OhWGcA5XaS

2014-05-03 20:14:58
拡大
momorin @momorin_cloverZ

学校側に立つ8人と大きな距離を空けて向き合うにこ。音ノ木坂学院のスクールアイドルμ'sとして学校にも溶け込む8人と、普段のスクール性には圧倒的な弱さを抱えるにこ。その距離感を象徴している立ち位置のようにも感じました。#lovelive http://t.co/lbKJt5XdJs

2014-05-03 20:18:57
拡大
momorin @momorin_cloverZ

周りを気にしながらスーパーに入っていくにこ。怪しく感じた穂乃果たちは後を追ってきました。にこの様子のおかしさに、穂乃果はしっかり勘付いています。ずっと一緒にいるはずの仲間にも言えないこと。穂乃果は気になっています。#lovelive http://t.co/yoNJOkR6jO

2014-05-03 20:23:34
拡大
momorin @momorin_cloverZ

にこの隠し事への憶測はなんだかスキャンダラスな方向に。「ダメです!それはアイドルとして一番ダメなパターンです!」と言いながらぶっちゃけ興味を持っちゃうお年頃ですが、「何の話?」ととにかく無自覚な穂乃果もまた素敵です。#lovelive http://t.co/rPSxIf6fF9

2014-05-03 20:26:27
拡大

愉快なにこの逃走劇―凛から逃げ切った!

残りを読む(91)

コメント

ばんしー XX @maridamhf 2014年5月4日
@momorin_cloverZ ああ・・鳩の数には気づきませんでした!
1
T@KE【タケ】青に惹かれて。 @take25252 2014年5月4日
ショッキングって何がなんだろう?とずーっと思ってましたがそういう事でしたか。前から表面的なだけではないキャラクターだとは思ってましたが、もっと好きになりましたありがとうございます。 今回は推しメンという事で結構観たんですよ、だからこそ感じるのかもしれませんが今回の感想が今までの中で一番です。感動しました。 やっぱりこの人には敵わないなと思うと同時に必ず新しい視点を提示してくれると思わせるものでした。 お疲れ様でした。アシンメトリーじゃない事気付いて下さってありがとう。
1
momorin @momorin_cloverZ 2014年5月4日
maridamhf コメントありがとうございます!こういったディティールへのこだわりが作品性を高めていますよねー。
0
momorin @momorin_cloverZ 2014年5月4日
take25252 コメントありがとうございます!身に余るお言葉を頂けて、一番と言って頂けて本当に嬉しいです…! 物語を受けて抱く想いはそれぞれに多様で相対的なものですから、悪意さえなければ優劣なんて有り得ないと思います。だからこそ、自分の「好き!」っていう想いを綴った言葉が、誰かの想いと共振して少しでも糧になることがあるとすれば、それほど嬉しいことはありません。これからもどうぞよろしくお願いします!シンメトリーなスーパーアイドルにこちゃん可愛いです!
1
梅村直仙水 @777ume777 2015年7月21日
1期5話も含めにこ回大好き。優れた考察ですばら。特に『鎮魂』には参った。
1
梅村直仙水 @777ume777 2015年7月21日
はじめまして。メンテさんのブログから流れてきました。素晴らしい考察ですね。『鎮魂』はまさに、これだ!というワードで、読んだ瞬間震えました。ありがとうございます。
1
momorin @momorin_cloverZ 2015年7月22日
777ume777 コメントありがとうございます!もったいないお言葉を頂けて嬉しいです…! このときのにこの覚悟には、過去を間違ったものとして切り捨てる以上に、強い想いを感じました。それは、まさに過去の自分を「鎮魂」することであり、肯定して抱きしめて、次の自分に向き合おうとする覚悟だと思います。劇場版を経たいまですが、そんな彼女の本気とパワーはやっぱりどこまでも生きているなぁと感じています!
0