10周年のSPコンテンツ!
1
∞まゆか∞【終了】 @8mayuka8
〔信五×コスプレ〕 (1) 〝もうちょいで帰れる〟って、彼からのメール。 どうしよ。 やっぱり、やめといた方がよかったかな…。 急に不安になる。 引かれちゃうかな… やっぱりやめとこう。 って思った瞬間、鍵を開ける音がする。 慌ててリビングの奥へ。 でも、近付いてくる足音…
∞まゆか∞【終了】 @8mayuka8
(2) 「ただいま〜……!!」 『…お、かえり…』 「どないしてん!それ!」 『…あの…すぐ着替える//』 信ちゃんの隣をすり抜けようとして、捕まる 「なんで着替えるねん。もったいない。」 『や、だって、私スタイル良くないし…』 「十分や」 背中から腰のラインを撫でながら言う
∞まゆか∞【終了】 @8mayuka8
(3) ツルツルした生地を撫でられると、いつもと違う感覚が襲ってくる。 お尻を撫でていた手が下へ下がって、太もものスリットにぶつかる 「たまらんわ。」 唇を塞がれて、すぐに舌が入ってくる 片手はスリットの中へ滑らせつつ、もう片方の手で胸に密着した布地を撫でる 『…んっ、』
∞まゆか∞【終了】 @8mayuka8
(4) 「わざわざ、買ってくれたんか?」 唇を離して聞く 『…うん…。チャイナ服が好きなんて、知らなかった…』 「そんなん着てなんて、言われへんわ」 『言ってくれたらいいのに。』 「ええんか?」 『うん。信ちゃんが喜んでくれるなら…』 言い終わる前に、長い指でそこを攻めたてる
∞まゆか∞【終了】 @8mayuka8
(5) 『やぁ、んっ//』 思わず大きな声を上げてしまう 「イヤとちゃうやろ。俺のことその気にさせといて。」 指が、止まらないから… 私の声も止まらない// 自分の声に、いつも以上に興奮してしまう。 「もうムリや。」 抱き上げられて、ベッドへ。
∞まゆか∞【終了】 @8mayuka8
(6) 「せっかくやから、着たまま、な。」 って裾を捲り上げて、大きくなったものをあてがう 『ぃや…まだ…』 「もう、入った。大丈夫や。しっかり濡れてる。」 『やぁ、だ…もう//』 ゆっくりと、腰を揺らして中を楽しむみたいに… 中が、熱くなるのがわかる 「すごいな…」
∞まゆか∞【終了】 @8mayuka8
(7) 急に激しくされて、快感の波に襲われる 『…ぁ、スゴい// …んっ、、』 「イクんか?」 ってもっと速度を上げるから… 「次イク時はちゃんと言えよ。」 って、イッたばかりなのに容赦ない信ちゃん。 すぐにまた、波が押し寄せてくる 『ぃや…また…イッちゃう//』 「俺も、」
∞まゆか∞【終了】 @8mayuka8
(8) 『…いつもより早いね、信ちゃん』 「お前が興奮さすからや。 お前もいつもより感じてたやろ。 後でまた、ゆっくりな。」 『え?もう、着替えていい?』 「あかん。今日はもう、ずっとソレや。」 チャイナ、ほんとに好きなんだね♡

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?