110
ログインして広告を非表示にする
  • NHK広報局 @NHK_PR 2010-11-10 19:06:02
    このあと総合では19:30から「クローズアップ現代▽放射性物質“トリウム”最前線」…と、鳥産む…あ、いや、すみません <(_ _)>、えーっと、教育では19:40から「大科学実験▽かなりしょっぱいウェディング」…です…(;゚д゚)!
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:17:02
    さあ、どのように料理するのか。素人の知ったかぶりにならないことを強く望み、厳しく検証したい。 RT @NHK_PR: このあと総合では19:30から「クローズアップ現代▽放射性物質“トリウム”最前線」…と、鳥産む…あ、いや、すみません <(_ _)>
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:21:08
    大体にして、トリウムについて「幻想」を持ちすぎている人間が専門従事者でも極めて多い。トリウムはうまく使えば宝の山だが、その使いこなし(被曝問題はウランの比ではない:トリウム原子炉運転経験がない人にはまず分からない)が極めて難しい。その点を十分に理解しているのか、注視したい。
  • 本好き猫 @kizineko07 2010-11-10 19:23:32
    @hebotanto 荒巻鮭のおかげで架空戦記界隈じゃ妙に誤解されてるような<トリウム
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:24:34
    ましてやトリウム溶融塩炉について手放しに礼賛している人間は、正直なところ正気を疑うレベル。事故時の放射性物質放出を考えた場合、再処理工場における事故以上の放出にも繋がりかねないのだが、その点は無視、にはついて行けない。また、それだけ素晴らしいのならメンテナンスをお任せしたい。
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:28:37
    少なくとも私個人がやれ!と言われても、トリウム溶融塩炉だけはお断りしたい。FBRのナトリウムが危険と言うが、極論それは窒素雰囲気で密封し洗浄すればよいだけ。しかし、FPそのものの固まりが残りかねないトリウム溶融塩炉の恐ろしさは、放射能の本当の怖さを知らない人間には難しいか。
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:31:46
    @kizineko07 まあ、夢を持つ分は良いことだし、ポテンシャルが極めて高いのは事実。しかし、それに伴う欠点を完全に無視した机上の空論には全く付いて行けない。短半減期の放射能の存在を絶対に忘れてはならない。
  • 小稲荷一照 @kynlkztr 2010-11-10 19:35:24
    トリウム溶融塩炉FUJIは燃料塩自体を炉心外に持ち出し循環させる構造のようにみえる。その理解が正しいなら、せめてナトリウム型のFBRの技術が安定してからにして欲しい。さもなければ宇宙空間での運用を希望する。
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:37:30
    しかし、レアアースの鉱脈の殆どがトリウムの存在地点と一致するのを承知していない専門家が多いことに愕然とする。だからこそその処理が必須となるレアアースが高価であるを理解していないのは損失だろう。
  • Sticker @syoiti 2010-11-10 19:38:10
    @hebotanto 古川先生の提案するシステムについてはどう思われますか?
  • Sticker @syoiti 2010-11-10 19:40:20
    @hebotanto いきちがいになりました。熔融塩中の放射性物質の挙動がまだ十分にわかっていない、ということですね。
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:43:41
    極めてきつい言い方をすれば「論外」としか言いようがない。原子炉運転における短半減期核種の恐ろしさを殆ど考慮していない(軽視しているとしか思えない)のが、その致命的な理由。 RT @syoiti: @hebotanto 古川先生の提案するシステムについてはどう思われますか?
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:45:02
    それほど甘い問題だったら、とっくの昔に実用化されていた。少なくとも実験炉は建設できたと断言する。 RT @syoiti: @hebotanto いきちがいになりました。熔融塩中の放射性物質の挙動がまだ十分にわかっていない、ということですね。
  • Sticker @syoiti 2010-11-10 19:48:08
    @hebotanto なるほど。こういう話が是非聞きたかった。オークリッジで運転された実験炉でのその問題はどうだったんでしょうか?
  • Sticker @syoiti 2010-11-10 19:50:01
    @hebotanto これは、炉心の密閉が原理的に不可能という部分の現実的な克服方法の目処がたたないということですか?
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:50:20
    その通り。極論を言えば、チェルノブイリ事故で溶融した原子炉が炉心外を常時循環しているのと同義。放射線雰囲気を考えて、誰が正気と考えるか? RT @kynlkztr: トリウム溶融塩炉FUJIは燃料塩自体を炉心外に持ち出し循環させる構造のようにみえる。
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:53:23
    5年以内に原発燃料にトリウム使用だって?原子炉物理を専門とする人間としては正気とはとても思えない。余りにも核データが不足しているし、各種反応度係数を考えて本当に成立するとの見通しが出来ているのか?解説の方の通り、まだまだこれから厳しい検証が必要なのは明らか。
  • @m_sio 2010-11-10 19:53:48
    中国がレアアース売らねって言うから自分とこで調達できるよう鉱山を開発するにあたってレアアースにくっついてくる放射性物質「トリウム」が大量に出てうぜーんだけどどうする?原発の燃料にでもしちゃう?と研究が進められていると。
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:56:02
    解説の方が極めて冷静かつ適切なことに安堵する。レアアースありきでトリウム使用が必須、などという短絡的な回路ではなく、どうトリウムに向き合うのかが重要。原発に使えればPu削減できるから万々歳とのNHKのビデオは酷すぎる。
  • Sticker @syoiti 2010-11-10 19:56:17
    @hebotanto うちの図書館に茶色の表紙のボロボロになった「熔融塩増殖炉」(日本原子力学会刊 1981)という本があって、これにオークリッジ炉の成果が殆ど手放しで賞賛されていたのでかねてから気になっていたのです。
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 19:58:42
    少なくとも原子燃料(核燃料)の開発に当たっては、単純に原材料の確保で足りるわけではない。まず原子炉の安全性確保は十分か、原子炉物理学的なアプローチが必須。その後、漸く核燃料として安定的に使えるか「材料」としての開発に入る。現在は原子炉物理学的なアプローチも未完の状況。
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 20:01:15
    NHKのビデオでは、ドイツのカールスルーエ研究所における研究成果が紹介されていたが、あの程度は核燃料開発の不可欠であるが初歩の段階と言える。良い成果が得られているのは僥倖だが、それだけで実用化目前と主張されたら、専門従事者なら一斉に批判するだろう。そのレベルである。
  • 小稲荷一照 @kynlkztr 2010-11-10 20:01:57
    溶融塩発電炉:FUJIの説明http://bit.ly/duT09tによれば、ポンプ機能を要求されているようだが、取り出し温度の704-565度や自然循環でないことも私にはリスクが高いと見える。容器外で固化した燃料が漏出堆積して野放図な反応を始める可能性も。使い捨てか?
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 20:02:47
    残念ながら殆どまともな検証がなされていない。それがこの問題を巡る不毛な議論の不幸の始まりと愚考。 RT @syoiti: @hebotanto なるほど。こういう話が是非聞きたかった。オークリッジで運転された実験炉でのその問題はどうだったんでしょうか?
  • へぼ担当@育児中 @hebotanto 2010-11-10 20:05:34
    「炉心の密閉」だけなら簡単にできる。ただ、溶融塩炉のメリットを生かそうとすれば炉心外への取り出しが不可欠。その点が重大問題。逆にそれをしなければ溶融塩炉採用意義の大半が失われる。 RT @syoiti: @hebotanto 炉心の密閉が原理的に不可能という部分の現実的な克服方法

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ヨーロッパ」に関連するカテゴリー