2014年7月11日

遊星仮面について

60年代のSFアニメ遊星仮面全39話についての視聴感想を予定しています。予備知識は大まかな事ぐらいしか知らない状況です。
10
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

さて、ファンタジスタドールから変わりまして遊星仮面について今日から少し。50年近くの時代を飛んであまり私も見ていない60年代作品。 pic.twitter.com/pIZ57feeWa

2014-07-10 23:47:26
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

正直勢いで買ってしまった。この作品は友好関係だった地球とピネロン星がとある事件によって戦争状態へ発展し、その戦争を阻止する為に現れたヒーローが主役の遊星仮面という感じの事は知っていた。この友好関係の惑星が戦争状態に陥る設定からちょっと先見性のある作品だとは思っていたが……。

2014-07-10 23:49:12
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

実際に視聴してみたが……これはちょっと凄い。(ベクトルが全く違うので意味がないが)さっきまで見ていたファンタジスタドールとはまた違った意味で引き込まれてしまうクオリティを放っている。

2014-07-10 23:50:00
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

正直この時代で直接的な表現に頼らずとも戦争を書く事が証明されているという事に驚いた。ついこの間までゾイドジェネシスを見ていたのだが、この遊星仮面はその点で60年代のゾイドジェネシスと呼んでも良いかもしれない。

2014-07-10 23:50:54
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そのゾイドジェネシスを80年代の精霊として呼んでいたが、遊星仮面は80年代のリアルロボットアニメに先駆ける存在として呼んだ方がいいかもしれない。

2014-07-10 23:51:46
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

2作品とも80年代のサンライズリアルロボットアニメのノリが好きな方と相性が良さそうな作品といった所。遊星仮面に関してはタツノコ路線、富野、高橋、長浜監督路線のご先祖様のような立ち位置なのかも。こんな所に本格的な戦争アニメが存在していたという驚愕。

2014-07-10 23:52:56
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

流石に半世紀近く前のモノクロ作品なのでカットの流用が多いし作画も安定していないがそれは酷だろう。ぶっちゃけ動きに関しては70年代前半の作品と比較しても左程差はないようであり、作画も大体当時では随分大人びているカットが多い。

2014-07-10 23:54:08
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

後何気に時代を考えると女性陣のレベルが高い。案外今見ても結構美人。 pic.twitter.com/kAkTjAf8LT

2014-07-10 23:55:58
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

あとこの爆発シーン辺りはカートゥーン的な動きを取り入れながらもスピーディーでクオリティが高い。 pic.twitter.com/RpuR3CblcZ

2014-07-10 23:56:52
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもって大筋の本編についてだが、遊星仮面の立ち位置は一応主人公のピーターが変身する設定なのだが、本編では変身シーンが挿入されず劇中の登場人物も今の所遊星仮面がピーターだと知る人物は現れてきていない。

2014-07-10 23:57:51
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

いわば遊星仮面がピネロン軍の侵略に対して地球を救わんと現れる謎のヒーローであり、そして彼の能力もチートだ。チートとの点だけ見るとダグラムのような立ち位置と考えてもらえれば良いかもしれない。

2014-07-10 23:58:43
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

その遊星仮面が度々地球の危機を救う謎のヒーローとして描かれるならば、それほどなのだが……彼が“地球とピネロンとの間に生まれた混血児“との設定がこの作品をヒーローものだけでなく戦争ものとして味わい深くしているかと。

2014-07-10 23:59:53
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

いわば遊星仮面は第三者の立場で(一応地球寄り)だが戦争へ介入する存在であり、戦争を繰り広げる地球側、ピネロン側が比較的均等な立場で描かれている。一応地球側寄りだがそれでもクリーンな描写だけではない。

2014-07-11 00:01:10
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

戦争発端のきっかけが、地球側からピネロン側へ運ばれる工業用の原子核ボンベを搭載したロケットが謎の爆発を起こしてしまい、これによってピネロン側のトロント市が壊滅し200万人のピネロン人が巻き添えになってしまうと背筋がゾッとなってしまうプロローグだ。

2014-07-11 00:02:54
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

この200万人が住む町が失われた理由は地球側の陰謀だと、ピネロン側の軍部代表ホイヘンスが瞬く間に権力を掌握してすぐさま地球へ総攻撃を開始する流れ。ここら辺のタカ派が権力を掌握する描写はグロイザーX等で見られる桜多先生のテイストを先取っているかと。

2014-07-11 00:04:23
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

とここまでならさほど珍しくはないのだが……地球側も抗戦を表明し、地球人の士気を高める名目で地球へ居住しているピネロン人を弾圧する政策が第1話から描かれる。地球を守る防衛隊が“戦時下”との名目で事件に関わりのないピネロン人を捕虜扱いする pic.twitter.com/CvcxZ8SHIb

2014-07-11 00:05:54
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

……とこの時代を考えるとかなり衝撃的な形で地球側の政府・軍隊が描かれている遊星仮面。一応良心的な人物はいるのだが地球側の司令官グレゴリー・ビッツは部下の命よりも拠点を守る為に犠牲はやむを得ないと体育会系なタカ派。

2014-07-11 00:07:36
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもって彼の部下であるキニスキー少尉が地球に移住するピネロン人を次々と弾圧する訳で……争いに無縁の平和主義者であっても効く耳を持たず捕虜として扱う彼は三輪長官の先駆けとも言えるお方ではないだろうか……?

2014-07-11 00:09:03
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第1話でも罪のないピネロン人の捕虜達が「事情を知らせてくれ!」と収容所で訴える中で、「戦争は軍人に任せればいい!」と言って威嚇射撃はするし、そして実際に彼らを殺そうともしている訳で……このキニスキーという人物、ゲストではなくレギュラーなのが凄い。

2014-07-11 00:12:26
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもって遊星仮面の初登場が地球人の危機を救うのではなく、地球で囚われの身になっているピネロン人の捕虜達を救う為に現れたパターンも、実質地球を敵に回して初登場と異例だ。それもまた遊星仮面が地球とピネロンの混血児と考えれば第三者として振る舞ったと十分解釈が出来る。

2014-07-11 00:14:11
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

と……この60年代でありながら敵側だけでなく、地球側もタカ派が主導権を握っている状況を書き、タカ派の権力によって敵側の良心がことごとく弾圧される恐怖がしっかり描かれた第1話。ピーターの母もまたピネロン人だとの理由で軍部に捕虜として拉致されてしまっている。

2014-07-11 00:15:34
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そして第2話だが、戦時下における緊迫した状況がさらにエスカレートされていく。遊星仮面は地球側が本当の窮地に陥った時しか参戦せず、それまで戦時下の日常、戦争を担う司令官が政治的なパフォーマンスも求められるといった現在でも通用しそうな題材へ積極的に挑んでいる。

2014-07-11 00:17:03
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

2話で平穏なバスの中に突如“ピネロン人摘発特捜隊”が乗り込んできて乗客に紛れ込んでいるピネロン人を次々と摘発する。こめかみの十字マークがピネロン人の目印なので女性の髪を容赦なく引っ張ってそのマークを探す地球側の横暴。 pic.twitter.com/CkDtAxUBxS

2014-07-11 00:18:45
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんなピネロン側の犠牲者からの嘆願にも地球軍は「お前を見逃しても、ホイヘンスは地球の攻撃をやめてくれないわ!」と捕虜としての収監を楽しんでいるかのよう。 pic.twitter.com/koanvXGurm

2014-07-11 00:20:48
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもってその後、うっかり地球人の男性のかつらを間違えて外してしまうギャグがあるも、そこでの弁明も「これは失礼、今は戦時中。地球の危機だ、失礼は許されたい」と全然詫びていない感じ。

2014-07-11 00:21:59
残りを読む(394)

コメント

山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年11月9日
興味深い紹介、ありがとうございます。機会があれば全編見てみたいです。
0
Dark_Flame_Master @Karinin1 2020年8月11日
ホイヘンスのツラは今見ても如何にもアブナイ顔ですね。今この名前を聞くとホイヘンスの原理を思い浮かべるのですが遊星仮面のホイヘンスはどこから名前を持ってきたんでしょうねえ。
0