Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

指南役さんの文章推敲論

何かと便利そうです。
1
指南役 @cynanyc

文章推敲論① ボクはよく文章が読みやすいと言われる。でも、別にボクは文才があるワケじゃない。素の文章は平均以下。それでも読みやすい文章に仕上げられるのは、推敲のコツを知っているから。これから、そのコツを指南します。

2010-10-25 04:58:37
指南役 @cynanyc

文章推敲論②「推敲はあと」。まず言っておきたいのは、「なかなか文章が書けない」と言う人は、最初から完璧な文章を狙っているから。そんな天才はいません。まず「推敲はあと」を頭に置きましょう。あの村上春樹サンも第一稿は粗いといいます。

2010-10-25 04:59:20
指南役 @cynanyc

文章推敲論③「とりあえず書く」。次にやることは、四の五の悩むより、まず書き始めること。文章を書く一番の大敵が、この「書く」というハードル。あれこれ悩む前に、とりあえず書き始めること。なぜなら、書くことが一番「書ける」クスリだから。

2010-10-25 05:00:11
指南役 @cynanyc

文章推敲論④「ザーッとでいい」。書き始めたら、とにかくザーッと書いていきましょう。書き進めるには「書く」ことが一番のクスリ。このとき、頭の中でまとまってなくても大丈夫。書きたい要素がボンヤリあるくらいで十分。とにかく、先へ書き進めることが大事。

2010-10-25 05:01:33
指南役 @cynanyc

文章推敲論⑤「全部書くと、見える」。そうして、とにかく全部書くと、文章全体の骨格や構成が、霧が晴れるように見えてきます。ココとココは入れ替えたらいいとか、ココは省いてココを加えようとか、不思議に見える。それには、全部書くことが必須。

2010-10-25 05:02:30
指南役 @cynanyc

文章推敲論⑥「縮小で見る」。そうやって文章が一応まとまったら、いよいよ推敲作業に入ります。このとき、文章を「縮小」して眺めること。印刷して見るもよし、印刷イメージで縮小するもよし、例えばTwitbirdなら下書きに保存して見るもよし…。

2010-10-25 05:03:51
指南役 @cynanyc

文章推敲論⑦「縮小は俯瞰」。なぜ縮小して眺めるのがいいかと言うと、物理的に「俯瞰」で見られるから。不思議なもので、文章を作っている画面では見えなかったアラが、縮小して俯瞰で眺めることで、色々と見えてくる。

2010-10-25 05:04:46
指南役 @cynanyc

文章推敲論⑧「ナレーターに読ませる」。俯瞰で文章を眺めるとき、誰かナレーターを想像し、その人に読ませるといい。例えばボクは「情熱大陸」のナレーターの窪田等サンを想像し、彼に読ませる。すると、文章をスラスラ読むための改善点が見えてくる。

2010-10-25 05:05:35
指南役 @cynanyc

文章推敲論⑨「日本語リズム」。ナレーターに読ませると、自然に文章がリズミカルに推敲されていく。七五調に代表される日本語独特のリズム。効果的に句点を入れ、流れるような文体に。修正したら、また縮小して、またナレーターに…この作業をひたすら繰り返す。

2010-10-25 05:06:35
指南役 @cynanyc

文章推敲論10「ビジュアル推敲」。推敲作業は、流れるような文体に仕上げるのともう1つ、見て、美しい文章に仕上げる「ビジュアル推敲」も重要。適度に余白を入れ、改行する。モーツァルトの譜面は、曲同様、見た目も美しかったと言う。それと同じ。

2010-10-25 05:07:30
指南役 @cynanyc

文章推敲論11「繰り返す」。~以上の推敲作業をひたすら繰り返します。割合的には、3~5の文章作りを1割とすると、6~10の推敲作業は9割。それくらい、ひたすら推敲を繰り返す。どんなに素の文章が下手でも、そこまですれば読みやすくなる。

2010-10-25 05:08:35
指南役 @cynanyc

文章推敲論12「汗に比例」。指南役の「文章推敲論」は以上です。文章はセンスじゃありません。推敲あるのみ。ボクは胸を張って「誰よりも推敲してる」と言えます。汗をかいた分だけ報われる…それが「推敲」。それでは皆さん、ステキな文章ライフを!

2010-10-25 05:09:24

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?