2010年11月23日

「やっぱり、経済学が悪いのではなく経済学者が悪いんだと思う」

「経済学徒はなぜ信頼を裏切るか?」 http://bit.ly/9Djtfg へのぶくまでの突っ込みに対するお返事をまとめてみた。
3
Y Makino @Usekm

この記事色々と突っ込みだらけだが、囚人のジレンマに関していえば、経済学学徒が裏切る行動を選ぶのはそれが個人にとって最適な行動だという「ゲームの定石」を知っているからで、いやな奴になるからじゃない。RT @ajico_k http://htn.to/G2HLc2

2010-11-22 13:30:21
Y Makino @Usekm

もう1つ述べれば「世の中がどのように動いているか」という話と「世の中がどうあるべきか」と言う話の区別が付いていない。トレードオフが好きな人はいないが、それは存在する。 RT @ajico_k http://htn.to/G2HLc2

2010-11-22 13:34:11
ひでき @hidekih

@Usekm @ajico_k いえ、まさに経済学のすべてとはいいませんが、経済学の一部はすでに「世の中がどうあるべきか」の学問であるし、そう「経世済民」の学であるべきだというのが、私の言いたいことでした。  http://htn.to/G2HLc2

2010-11-23 01:55:24
ひでき @hidekih

@Usekm @ajico_k 効用を求めて動く人をモデル化したと経済学者はいいますが、囚人のジレンマ実験ひとつ見ても、予想される効用関数どおりに動く人間の方が少ないわけですよね?逆に自分だけの利害の効用関数はこうでも、人と人とはこう協力すべきと示す経済学、経済倫理学があっても。

2010-11-23 01:57:22
ひでき @hidekih

@Usekm @ajico_k 「繁栄」のテーマのひとつは人々が効用を求めてゼロ和ゲームだとかんがえている経済活動は、長い目で見れば比較優位による分業と交易による生産性の向上が圧倒的な「繁栄」をもたらす経済原理ではないかと提起しています。

2010-11-23 02:01:48
ひでき @hidekih

@Usekm @ajico_k よって、短期的な経済競争に焦点をあてる経済学ではなくが、長期的協力関係を構築するにはどういう行動を一人一人がすべきかを考える経済学があってもよいと私は考えます。

2010-11-23 02:02:42
ひでき @hidekih

@Usekm @ajico_k おお、コメントで教えていただいたスティグリッツの言葉は大変、私にヒットします。 http://bit.ly/cM1NH5

2010-11-23 02:05:54
ひでき @hidekih

スティグリッツ教授の「フリーフォール」を読めと。 / 2010.4a / Pulp Literature http://htn.to/p9rrEV

2010-11-23 02:09:53
ひでき @hidekih

考えてみれば、アダム・スミスからしばらくの間は、経済学者は信頼の大切さや、取引の拡大の大切さというあるべき姿の肯定を行ったはず。 http://bit.ly/9Djtfg

2010-11-23 07:19:18
ひでき @hidekih

いまの経済学は、逆に社会が礼儀ただしく、慈善やボランティアが存在するのに、よりどん欲に、ただただ合理的になれと教えているように感じる。現実がモデルを追い越しているのに、経済学者は気づいていない。  http://bit.ly/9Djtfg

2010-11-23 07:20:47
ピーター・ドラッカーBOT @DruckerBOT

利益は目的ではなく、社会貢献を続けるための原資。利益とは、企業存続の条件。

2010-11-23 07:21:02
ひでき @hidekih

ドラッカーのこの高潔さがすきだ。彼は確実に現実より高いモデルを示している。晩年にボランティア団体のマネジメントのコンサルを行っていたという話しに感動した。 RT @DruckerBOT: 利益は目的ではなく、社会貢献を続けるための原資。利益とは、企業存続の条件。

2010-11-23 07:25:11

コメント

ひでき @hidekih 2010年11月23日
経済学者は当初は礼儀正しさがごく狭い範囲でしか通用しない状態から、広い範囲で正直さや、取引の公正さが拡大する有益さを説いたが。いまは、現実が経済学者の持っているまずしいモデルをはるかにおいこしているのではないかと追記。
0
Oddball @0ddbaII 2010年11月23日
国や企業の行動に対して理に合わないと突っ込む事は、人間は理屈だけで動く物ではないって事を無視してる事にはならないと思うよ。経済学ってその理屈の方を研究する学問でしょう?
0
Oddball @0ddbaII 2010年11月24日
ただ後半が金融危機を見破れなかった事を言ってるなら経済学は今まで実体経済にばかり研究して金融にあまり目を向けてこなかったっていう批判は良く聞く。
0
ひでき @hidekih 2010年11月24日
ひとつは論理的な側面、しかも、力学的な意味での物理学的な存在としてのひとしかあつかわない経済学というのは、時間的なスケールから非常に中途半端でないでしょうか?アダム・スミスがしめしたのは、利己的な個人であっても信頼できる取引の範囲を拡大することは全体の幸せにつながるということではなかったでしょうか?
0
ひでき @hidekih 2010年11月24日
現代の経済学から個人の目指すべき方向性がでてくるでしょうか?ある程度グリーディーでも可だよ、というモデルを扱っている中でどこまでもグリーディーでもいいんだよというメッセージとして受け止められてはないでしょうか?逆に「繁栄」であつかっているように長い目で見たときの規制の悪影響についても扱えていないように私には思えます。
0
ひでき @hidekih 2010年11月28日
「繁栄」の経済学関連の部分を書き抜いた。 http://d.hatena.ne.jp/hihi01/20101127/1290814509
0
ひでき @hidekih 2010年12月1日
タレブの「強さと脆さ」から「私は誰にでも、(標準的な)経済学の授業をとるのは避けろ、経済学は私たちを欺き、吹き飛ぶ(ブローアップ)するようにしむける(それに、これから見るように経済学は私たちを欺くという証拠があり、加えて『ブラック・スワン』で書いたように、私たちには経済学なんていらない。経済学が科学的な厳密さにーーーそれに倫理にもーーー欠けているのを見れば、それだけで十分だ)と言っている。」
0
ひでき @hidekih 2010年12月1日
同書翻訳者の望月衛さんからもコメントいただいた。 http://d.hatena.ne.jp/hihi01/20101129/1291050563#c
0
ひでき @hidekih 2010年12月6日
「経済学が問題なのではなく経済学教育、人の問題」  http://d.hatena.ne.jp/hihi01/20101205/1291567949
0