2014年9月16日

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」】

横山光輝「三国志」を一話ずつ解説してみようというコーナー。第26話「遷都」の巻です。 なお、解説はあくまでbotさんの個人的見解です。
0
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-01】 第26話でございます。今回は董卓が非の打ち所がないほどの悪逆非道っぷりを発揮いたします。清々しいまでの悪。ザ・悪です。 と、その前に、袁紹率いる反董卓連合の方でちょっとした事件が起こります。

2014-09-16 17:37:33
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-02】 前回の虎牢関の戦いにおいて、呂布を迎撃することに成功した連合軍は、酒盛りをしています。ここに、傷だらけの男が一人歩いてきます。誰あろう、長沙の孫堅です。目が血走っています。絵ではわかりませんが。

2014-09-16 17:41:40
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-03】 総大将の袁紹は、諸侯達と酒盛りをしています。汜水関と虎牢関で二手に分かれていたはずですが、いつの間にか合流したのでしょうか。ともかく、上機嫌で酒を飲んでいます。何しろ、敵将の呂布が足軽ごときに撃退されたのですから、愉快愉快。

2014-09-16 17:43:32
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-04】 その席に入っていった孫堅。諸侯たちは呑気に酒盛りに誘います。少しは危機感持てよと言いたいところです。孫堅が袁紹に対し、なぜ食糧を送らなかったのかと詰め寄ると、初めて袁紹がびっくりした顔をします。完全に孫堅にした仕打ちを忘れてたな。

2014-09-16 17:45:43
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-05】 慌てて言い訳を考える袁紹。しかし、孫堅は、わけなど聞きたくはない。なぜ食糧を送らなかったのか、それだけ聞けばこちらにも覚悟があると、すごみます。孫堅にしてみれば、董卓に恨みがあるわけでもなし。答えによっては袁紹を斬るとも言います。

2014-09-16 17:48:22
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-06】 袁紹は、孫堅に兵糧を送らないほうがいいと言った男を手打ちにすることで、孫堅の怒りを解こうとします。その場はそれで収まりましたが、反董卓連合ではしこりが残ることに。何しろ、袁紹の大将としての素質に疑問符がついてしまいました。

2014-09-16 17:50:14
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-07】 さて、一方董卓の方は、何と虎牢関から引き上げてしまっていました。虎牢関の城壁を閉じてしまえば、少数の兵でもすぐには抜かれないと踏んでのことでしょうか。董卓は洛陽に戻り、反乱軍への対応を李儒と相談します。

2014-09-16 17:52:13
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-08】 ここで李儒は董卓になんと遷都を勧めます。洛陽を捨て、長安へ都を映せと。董卓にとっては半年か一年で手に入れた都だから惜しくはないだろうと。それに簡単に納得した董卓は、すぐ手をうつように李儒に命じます。

2014-09-16 17:54:22
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-09】 この決定に慌てた洛陽の、官職はわかりませんが、それなりの高官と思われれる者達が、洛陽遷都を思いとどまるように懇願します。しかし、董卓は一度決めたことを覆すことはありません。たとえ、民百姓が困ろうとも知ったことではないのです。

2014-09-16 17:57:06
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-10】 ここから董卓暴虐ショーの始まりです。手始めに、董卓に意見した高官達を官職をはぎとります。そして、街に繰り出すと、そこで出てきて直訴をする者達も斬り捨てます。翌朝には李儒に命じて、金持ちからすべての財産の没収を命じます。

2014-09-16 17:59:24
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-11】 仕事が早い李儒は、早速兵達を金持ち宅へ向かわせます。容赦無い財産没収が始まります。金銀財宝だけでなく、婦女子の狙われました。止めようとする両親は遠慮なく斬り殺します。阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられた挙句、街中の財産が没収されました。

2014-09-16 18:01:58
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-12】 すべての財産が積み込まれたのを確認すると、董卓は長安に向け、出発を命じます。董卓は李儒に、洛陽の都に火をつけるよう命じます。反乱軍に何一つ残してやる必要はないからです。李儒は早速、街のあちこちに火をつけさせます。

2014-09-16 18:04:14
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-13】 こうして、漢十二代の歴史を刻んだ洛陽は、火に包まれてしまいます。住み慣れたわが家が燃えるのを見ながら、民達はなけなしの荷物を持って遷都の列を歩くことになります。

2014-09-16 18:05:35
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-14】 その頃、呂布は董卓の密命を受け、一万人の農民を動員し、皇帝の墓を掘り起こしていました。皇帝や皇族の墓には死体とともに金銀財宝が埋められています。呂布は公然と墓荒しをしたわけです。財宝は車に積まれ長安に送られます。

2014-09-16 18:08:34
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-15】 この強引な遷都はこの後、数々の悲劇を生むことになりますが、それは次回のお話です。董卓の暴虐ぶりは目に余りますが、それを炊きつけていたのが李儒です。董卓を後ろ盾として、ナンバー2としての権力を陰に陽に振るっていたことでしょう。

2014-09-16 18:12:54
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-16】 李儒は、董卓の暴走を止めることができる立場であるのにも関わらず、さらに加速させてしまっています。李儒は董卓とともに覇道の道を歩むことを選んだようです。

2014-09-16 18:16:55
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座26「遷都」-17】 以上、第26話「遷都」の巻でございました。続きは多分また来週。

2014-09-16 18:17:38

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?