10周年のSPコンテンツ!
2
ema @sahmeglsf
第二体育館へ続く道は濡れた紫陽花で溢れていたことを覚えている。わたしはボールを磨きながらぬかるむ地面が乾いていくのをながめていた。「あの」不意に頭上からかけられた声も、「バスケ部って、この体育館ですか」、緊張をたたえた表情も、初めてあったあなたのこと、全部覚えてる。 #lO3O
ema @sahmeglsf
入口をふさぐふたつの背中を遠くから見る。一年らしからぬふてぶてしさを持つのはわれらが同級生の紫原、その隣にはダブルエースとまで称されるようになったアメリカ帰りの編入生、氷室先輩。一見親しげなふたりの間に伸びる線から、わたしはもうずっと目をそらすことができないでいる。 #lO3O
ema @sahmeglsf
「水分、ちゃんととれよー」福井先輩が言い、下級生が大きな声で返事をする。わたしもハイ、と声を張り上げながらドリンクを配ってまわっていた。暑くて暑くて、首を伝う汗が煩わしい。季節はすっかりと色を変えて、わたしにとっては初めての、福井先輩にとっては最後の夏がやってくる。 #lO3O
ema @sahmeglsf
きみ、と、氷室先輩は、わたしをそう呼ぶ。その呼び方に不満はないのものの、「鍵、責任をもってしめておくから先に帰ってくれていいよ」、与えられたを仕事を奪われるのは困る。「いえ、あの。でも、わたしの仕事なので」「待たせていると思うと集中できないんだ」そう言われると弱い。 #lO3O
ema @sahmeglsf
滑らかなアーチを描く軌道が地面につくのを確認してから、「お先に失礼します」、極力邪魔にならない声で退室を告げる。「おつかれさま」そう言って振り向いた先輩の首を、まっすぐ汗が伝っていった。「おつかれさまです」目をそらして、足早に体育館を後にする。外はずいぶん涼しかった。 #lO3O
ema @sahmeglsf
あっけなく過ぎた夏、もう次の季節が目の前にあるという感じ。今年の夏、陽泉は、インターハイ三位という結果に終わった。結果に終わった、のだろうか。紫原は準決勝直前になってスタメン入りを拒否した。何か考えがあるのだろう、先生もそれを許可し、その後の試合は欠場した。 #lO3O
ema @sahmeglsf
なんだかそれでも、わたしは腑に落ちないのだ。先輩たちの最後の夏は、これで、よかったのだろうか。冬にまだ大会を残すとは言え、今年のインターハイは先輩たちにとって特別だったはずだ。もし、氷室先輩が転入してこなければ紫原は試合に出されたかしら、ついつい、そう考えてしまう。 #lO3O
ema @sahmeglsf
確かに、「ダブルエース」を打ち出すのならば、ふたりが一緒に試合に出られる冬の大会こそがその効果を一番に発揮できる場なのだろう。先生もそう考えたに違いない。だから紫原をベンチにした。でもそれは、うちのベストの状態であったとは言えない。先輩たちはそれでよかったのだろうか。 #lO3O
ema @sahmeglsf
のばしたつま先で、石ころを蹴飛ばす。わたしがいくら考えたところで、結論は同じだ。氷室先輩は転入してきたし、紫原は試合に出なかった。インターハイは三位、次のウィンターカップで優勝を目指す。わたしのするべきことは、部員のひとりとしてするべきことは、決まっているじゃないか。 #lO3O
みう@ぎんたま°ぎんときぎんさんさかた♡ @1streiayanami
【陽泉男子×演劇会】何故か演劇部の要請で、劇をする事に。氷「では、姫に近いのkissを…」マ『イヤー‼︎』福「どうした⁉︎」紫「室ちんがキスしようとした〜」福「コラッ!」 #陽泉プラス #黒バスプラス 氷「集中しすぎて…ごめんね」って、マネに頬ちゅー。マ『!!』紫福「コラっ‼︎」
ema @sahmeglsf
「ああ、もう、おなかすいた」口にすると余計に胃が空っぽな気がしてきた。氷室先輩はそろそろ練習をやめたかしら。ううん、先輩は、きっとまだ続けているに違いない。首を伝った汗を思い、だれかの言ったことばを思い出す。努力したって、無駄、か。石ころをもう一度蹴飛ばした。 #lO3O
雨つち @ranran_amaoto
午後の体育のマラソンの授業、この時期は半袖だと寒いしジャージだと暑い。走ってると良いけど止まると寒いよねって歩きながらさつきと話してて、ふと彼女が首元に汗をかいてるのが目に入った。そのままぼーっと視線をそこに合わせたまま喋ってたら「変態だなあ」って笑われる #黒バス女の子プラス
ぽにょ @Nponyooooo
高尾くんからオススメされた曲が自分のとっても好みで「感想はー?」の高尾くんからのLINEに即返信「好き!」あ。と思ったときにはもう既読がついて「おれも好き!」恋人同士みたいとか勝手に思ってみたり。#黒バスプラス 好きとか言うから焦ったわ…
みーにゃ@新垢移動しましたー @moso02love
いつも大我に家事とかやってもらってばかりだし今回は私がと思ってやってみた…けど「あれ?砂糖…」「ほらここ」料理作ろうにも調味料の場所わからなくて彼がいないと何にも出来ないんだな「大我いつもごめん…」「何言ってんだよ俺はお前が傍で笑ってくれるだけで幸せなんだよ」 #黒バスプラス
もつみやで。 @ktkrlovermoto
#黒バスプラス お風呂あがりに思いついた妄想。 全体的にちょっとアレ。 R-15?くらいなのでご了承ください。 森月宮それぞれのプラスです。 『あ、あがったんだ』 振り返り微笑む俊。 濡れた髪を拭きながら俊の… twishort.com/0MAgc
ぽっぷ @__pop78
むっくんバカ嫌い!って走り出そうとした彼女の腕を引っ張り、「だめ、行かないで」と抱き締めるむっくん。珍しく本音なむっくんに驚いてたら、「俺だってたまに不安になんの。アンタが無防備な所為で」なんて。「俺、アンタのこと好きだから」って唇にキスを落とすむっくんにドキン。 #黒バスプラス
みなみ @gggminmi
今吉さん家の飼い猫になって着替えでポッケから小銭が落ちた時反応して飛び付いて「お前は貧民か!!」とかツッコまれたい。小銭奪われても遊んで欲しくてアキレス腱に噛みついて「痛ッづァ!!何やお前!!もう知らん!!!」ってキレられるけど暫くして近く行って「なんや~♡」って甘やかされたい
もこ @moocooo_
「宮地さんは本当に優しいですね」って部活帰り歩きながら言ったら「寒いってくしゃみしたらジャージ貸してやったり、わからない問題があったら教えてやったり、困ってる時にそばにいたり?」って宮地さんが言うから、はいって笑うと「残念でした。全部真心じゃなく下心」って言われる #黒バスプラス
もこ @moocooo_
「真心と下心の違い、教えてやろうか」宮地さんが笑って返事も聞かず抱きしめられる。「オレのは全部下心なんだよ。こういうのも」ってドキドキうるさいのはわたしだけじゃなく宮地さんも。「…お前がオレのこと好きになればいいのになっていう、ずるい気持ち」今どんな顔してますか? #黒バスプラス
まこまこさん @mako_myj
プロポーズ×秀徳 緑間「結婚、しないか」 高尾「一生幸せにしてやるぜ!」 宮地「毎日一緒にいてぇ、結婚するぞ」 木村「その…ずっと暮らそうぜ」 大坪「毎日お前の顔を見ていたい」 #黒バスプラス
千波_ @kurokare777
(妊娠報告_笠松)「おかえり」「おう」「今日の夕飯は肉じゃがだよー」「おっ、いいな」「お隣から林檎も貰った!」「へぇ、今度礼言わないとだな」「…あとね、あ…赤ちゃん出来てたよ」「へぇー……はっ?!」って物凄く慌てるけど「…よくやったな」って嬉しそうに笑って撫でる彼 #黒バスプラス
京葉 @kiz_knm
明日のテストが不安で夜中まで勉強「んなに根詰めても今更変わんねぇぞ。むしろ寝不足のがまずい」先輩はもう寝るらしく、くわっと欠伸が聞こえた「足掻かないと不安なんで。笠松先輩は先寝てください」振り向きもせずに言えば肩に掛かった毛布 #黒バスプラス 「……お前が寝るまで付き合ってやる」
千波_ @kurokare777
彼女が告白されたら、「まさかお前を好いてる物好きが他にもいたなんて思いもしなかったのだよ…。」って対策を考え始める緑間。「やっぱさ、もーちょい見せつけた方がいいんだって!」って人前でいちゃつこうとしてくる高尾。「何オレ以外の男にコクられてんだよコラ」頭鷲掴む宮地 #黒バスプラス
千波_ @kurokare777
彼女が告白されたら、「良かったのか?」不安げに聞くけど幸男がいい、って言えばそうか、って嬉しそうな笠松。「ええぇ、ちょ、告白されたってマジ?!いやそうだよな、可愛いもんな、お前。いや渡さないけど」ひたすら焦る森山 「もうアイツと関わるの禁止ッス」不機嫌になる黄瀬 #黒バスプラス
千波_ @kurokare777
彼女が告白されたら、「はぁ?誰だよソイツ!」不機嫌になる火神。「…こういう時ばかりは自分の影の薄さを恨みます。」虫除けになれない自分を悔む黒子。「そうか…まぁ好きって気持ちは抑えられる物じゃないしな。怒らないよ。お前がオレを選んでくれるならそれで。」大らかな木吉 #黒バスプラス
残りを読む(668)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?