編集可能

渡邊芳之先生ynabe39の「昔医療系にいた時には「中学生の時に祖母が心臓病になり」みたいな話を何人も続けて聞かされるので辟易した。」

「3人の先生に計6時間も面接の練習につきあってもらいました」という結果として評価用紙に「紋切り型で志望理由にリアリティがない」とか書かれてしまう受験生。 by 渡邊芳之
ynabe39 渡邊芳之 面接
2
渡邊芳之 @ynabe39

千の風になって。

北海道帯広市 · twilog.org/ynabe39

渡邊 芳之(わたなべ よしゆき、1962年4月22日 - )は日本の心理学者。帯広畜産大学人間科学研究部門(人文社会・体育学分野)教授。博士(心理学・東京国際大学)。 佐藤達哉、尾見康博との共同研究を中心に心理学論、心理学史、人格心理学や血液型性格分類の批判的検討などの分野に論文・著作を持つ。趣味はレコード蒐集。
http://ja.wikipedia.org/wiki/渡邊芳之

渡邊 芳之 -帯広畜産大学-
http://www.obihiro.ac.jp/ichiran/watanabe_yoshiyuki.html

 

高橋美穂子 @roarmihoko
前から思ってたけどネトウヨが動物愛護者って確率高いよね。
渡邊芳之 @ynabe39
これがほんとうかどうかはとにかく、動物好きな人の世界観みたいなことは仕事柄けっこう重要なポイントではないかと思っている。
渡邊芳之 @ynabe39
「人間嫌いの動物好き」と「人間も好きで動物も好き」とでも違いがある。「動物の一種としての人間好き」というスタンスもある。
渡邊芳之 @ynabe39
医歯薬看護の養成校には「人の命を救いたい」「人の役に立ちたい」という人だけでなく「純粋に生物としての人間や人体に興味がある」人も一定数やってくる。
INOUE Akihiro @inoueakihiro
@ynabe39  職業選択理由が興味本位で何が悪いんだろうって思います。「精神病患者の相手をしてみたい」とか「人体の構造や機能を調べるのっておもしろそう」とか。
渡邊芳之 @ynabe39
井上さんはときどきバカなことも言うがいいことも言う。
INOUE Akihiro @inoueakihiro
@ynabe39  入試面接やってた人が「ヒューマニズム的な志望動機ばかりでうんざりだ」と話してました。それは必須だけれど、ヒューマニズムだけで仕事ができるなら、専門知識や技能なんかいらない。
渡邊芳之 @ynabe39
昔医療系にいた時には「中学生の時に祖母が心臓病になり」みたいな話を何人も続けて聞かされるので辟易した。
渡邊芳之 @ynabe39
面接で体験を語りながら感極まって泣きだす人が多いのも医療系の特徴。
底香 @BottomLance
必要なままごとと、必要な作り話というお仕事
渡邊芳之 @ynabe39
「面接では面接官にウケのいいことを述べるほうが得策」ってその「受験生が面接官にウケがいいと思っている話」にこちとら面接官はすっかり辟易していて、じっさいそういう定石とは違う話を聞かせてくれた子にいい点数をつけているのである。
渡邊芳之 @ynabe39
大学入試の面接についてはどうも受験生というより高校の先生が勘違いしている感じがする。
渡邊芳之 @ynabe39
「3人の先生に計6時間も面接の練習につきあってもらいました」という結果として評価用紙に「紋切り型で志望理由にリアリティがない」とか書かれてしまう受験生。

コメント

春川柳絮@日曜日 東-ム19b @ryo_jo 2014年10月20日
教師は、教員採用試験で必ず面接を受けてるんですけどね。 それよりも教師は、大学入試の面接に対して、そこまでのウェイトを感じていない、内申や学力テストが大きいので、面接練習はその足を引っ張らないため程度にしか考えておらず、数字で現れない「面接で受かる」と言うものを信用していないのが大きいという感じです。
こぎつね @KogituneJPN 2014年10月20日
医療系は勉強することが多いから知的好奇心が強い人じゃないと向いてない
BUNTEN @bunten 2014年10月20日
紋切り型の安全牌を選ぶ心理から逃れるのは正直きついよ。→面接対策
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする