2014年10月21日

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」】

横山光輝「三国志」を一話ずつ解説してみようというコーナー。第31話「袁紹のたくらみ」です。 ※解説はbotさんの個人的見解です。
0
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」01】 第31話でございます。タイトルからして袁紹が悪役にまわる回です。 曹操が去り、孫堅も去った後の洛陽の都。廃墟と化してまして、道端には白骨化した遺体が転がっています。白骨度具合からすると、結構な時間が経過しているものと推測。

2014-10-21 14:29:57
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」02】 残った反董卓連合軍の諸将達により、連日会議が行われていましたが、だいぶもめているようだと下級兵士達が噂しています。大勢としては、厭戦気分が広がっておりました。袁紹は義勇軍の解散を宣言します。こうして、反董卓連合軍は解散します。

2014-10-21 14:32:47
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」03】 会議を終えた公孫瓚に、劉備が声をかけます。解散と決まったことを伝え、袁紹にはこの後を処理する能力があるまいと、結果に安堵する公孫瓚。劉備に自分の国にこないかと誘いますが、劉備は固辞します。劉備は流浪の旅にでることにしました。

2014-10-21 14:34:59
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」04】 また時節があったら再会するという約束をし、劉備と関羽、張飛は旅立ちます。その他の諸侯達も続々と洛陽の都を出立。それぞれの国に帰り始めます。ところが…

2014-10-21 14:37:38
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」05】 袁紹の軍で食糧不足が発生してしまいました。腹を空かせた兵士が、民家を襲います。乱暴狼藉を働いた兵士達は、すぐさま軍規に照らされ、処断されましたが、その報告を聞いた袁紹は事態の早期収集を図らなければならなくなりました。

2014-10-21 14:40:56
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」06】 何しろ、大軍なので、食糧調達に手間取ります。冀州(きしゅう)の太守、韓馥(かんふく)に兵糧を借りてはどうかという意見が出ました。袁紹はその案に乗ろうとしますが、ここで悪知恵を働かせた部下が口出しします。

2014-10-21 14:43:06
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」07】 冀州を奪い、袁紹が将来天下に号令すべき時の地盤とするべきだと。そして、北平の太守である公孫瓚を使って、冀州を攻めさせ、韓馥に力になろうという手紙を出すと。そして袁紹が冀州に乗り込み、好きなようにすればいいと言うのです。

2014-10-21 14:45:53
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」08】 この悪だくみに乗った袁紹は、早速手紙を書き始めます。 袁紹の手紙が届いた冀州の韓馥は、大臣たちを前に、事態の説明をします。公孫瓚の侵攻に対し、兵力に劣る冀州は、袁紹の援軍の申し出を受けるべきという意見が大勢を占めます。

2014-10-21 14:48:08
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」09】 ただ一人反対を唱えたのは、耿武(こうぶ)でした。耿武は、袁紹が洛陽に乗り込みいつの間にか洛陽をわがものにしたように、袁紹が冀州を乗っ取りかねないと主張します。しかし、その意見は押しつぶされてしまいます。

2014-10-21 14:51:03
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」10】 結局、韓馥は袁紹に援軍を求めることにします。計略成った袁紹達は高笑いをします。早速、大軍を率いた袁紹軍は冀州に向かいます。受け入れる韓馥は、宴席を用意していました。

2014-10-21 14:53:15
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」11】 袁紹の軍にただ一人飛び出した耿武は、剣を抜き、袁紹を暗殺しようとしますが、あっけなく弓矢で射られ、剣を袁紹に向けて投げるも、かわされてしまい、剣は虚しく木に突き刺さります。耿武は護衛の兵に斬り殺されてしまいました。

2014-10-21 14:55:34
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」12】 暗殺をするなら、もう少し計画を練ってやるべきだったのかもしれませんが、義憤にかられた耿武の、国を思う一心からの行動だったのでしょう。冀州内での味方が少なかったのも耿武にとっては不幸でした。

2014-10-21 14:58:05
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」13】 反董卓連合軍を失敗に終わらせた袁紹が、謀略を使って国の乗っ取りを図る。名門のくせに小物感がただよう袁紹の振る舞いは、およそ英雄とは言いがたい。それがこの後、官渡の戦いが思いっきり省略されてしまった遠因かもしれません。

2014-10-21 15:04:06
横山光輝「三国志」武将かるた_bot @yms_karuta

【横山光輝「三国志」講座31「袁紹のたくらみ」14】 冀州を乗っ取った袁紹と、袁紹に利用された公孫瓚のその後については、次回のお話です。次回はあの人物が颯爽と登場します。

2014-10-21 15:06:23

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?