ルパン譚の大河ドラマをクローズアップした『アバンチュリエ』と同作の時系列について

月刊ヒーローズ創刊3周年記念で、11月16日(日)まで各電子書店にて、登場編の上巻と本編1巻が無料配信中です http://ch.nicovideo.jp/heros-hensyu/blomaga/ar652438
マンガ 森田崇 アバンチュリエ ルパン
17
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
「怪盗ルパン伝アバンチュリエ」は、モーリス・ルブランの小説「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン」シリーズを、ルパンファンの漫画家森田崇が原作を大切に漫画化した作品です。これが“初代”ルパンだ!【定期投稿】pic.twitter.com/gwv6ro3TPS
拡大
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
「怪盗ルパン伝アバンチュリエ」登場編上『怪盗紳士』下『金髪婦人』発売!上巻はルパンの逮捕~脱獄、幼少期のルーツ、そしてあの名探偵との初対決!下巻は名探偵との全面対決「金髪婦人」を中心に、描下し短編「黒真珠」等も収録!【定期投稿】pic.twitter.com/XnRXKArmsc
拡大
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
「怪盗ルパン伝アバンチュリエ」本編3巻も同時発売。遂に『奇巌城』スタート!巻末コラム「ルパンと奇巌城の日本エンタメへの影響と少年探偵の系譜」。表紙は当時のフランスの「奇巌城(エギーユ・クルーズ)」単行本のオマージュ!【定期投稿】pic.twitter.com/2sKe5JToiV
拡大
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
アバンチュリエはルパン譚の大河モノ感をクローズアップしたいという意図も大きかったんだけど、移籍の関係で順番がわかりにくくなっちゃったのがちょっとショック。ネットで調べたらすぐたどり着くような公式ページ作らないとイカンなあ。
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
一方でヒーローズ連載分からも入れるという、「入口」を複数用意できたのは良い事だとも思ってる。ヒーローズ版1巻の「公妃の宝冠」は、ルパン譚の基本エッセンスが詰まってるのでこれはこれで最初に読むのに凄くふさわしい。移籍一発目にこれが持ってこれるタイミングだった事はとても運がいいです。
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
ジョジョみたいなものかも。1部2部から読んでもらった方がDIOとの因縁やジョセフにも思い入れできるからできればそう読んで欲しいけど、でも一般的には3部からの方が圧倒的にライトファンを引き込みやすいよねっていう。
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
でも「登場編」は上巻で「遅かりしハーロック・ショームズ」まで、下巻で「金髪婦人」全編(+短編数編)と区切り良くカタルシスが一気に味わえる構成なので、読んで下さった方の満足度が、同じ中身なのにイブニング版よりも高い気がする。イブ版は2巻が「ハートの7」の途中で切れたのがまずかった
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
「ハートの7」は割と長いページ数で前半は謎だらけ、後半に一気にカタルシスが来る構成なんで、一気に読まないとちょっと辛い。短いページ数の連載としてここが一番やばかったし、単行本でも途中で切れちゃったのが不本意だった。
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
. @TAK_MORITA これが「登場編」上巻では一気に読める構成なので、登場編で読んだ方はずいぶん印象が違うと思います。一気に読んだらボリューム感もプラスに働いて、ラストのカタルシスも大きくて、「登場編」上巻の中核を担ういい話になれたと思う。
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
「ハートの7」と同じ構成で中盤重くて危険だな、と思ったのが「ユダヤのランプ」。でもこれは1冊丸々で冒頭からオチのカタルシスまで読めるように構成出来たんで、自分ではうまくいったなととても満足してます。
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
で、「奇巌城」以降はもう中盤の重さを感じないんですよね。これ以降の「813」「続813」「水晶の栓」にしても、全編通じてページ繰る手ももどかしく、ワクワクし通しな感じで。これはルブラン先生自体も、ここに来て完全にルパン譚の見せ方をモノにしたのかな、と。
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
その後の「金三角」「三十棺桶島」「虎の牙」もです。全部「奇巌城」と同等かそれ以上の長編なんだけど、全編通じてワクワクし通し。…その後後期になってくるとちょっとずつ冗長な作品の割合も増えてきて、晩年期の作品はそれほど自信を持ってオススメできなくはなるんですが(笑)。
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
でもその辺は「アバンチュリエ」的には心配する事じゃないな(^^;)。「奇巌城」だけでもこんなにかかるんだから、当分名作が不足する事はないです(笑)。「813」なんか「続813」もあるんだから単純に倍かかるし。 あとはもう自分がその魅力をお伝えできるかだけ。このプレッシャーがな~w
森田崇 @アバンチュリエ『813』3月上~中旬スタート @TAK_MORITA
やりがいありますが、自分のルパンファンとしての期待値に達せないと鬱になるぜ!
以下はKindle版へのリンクです

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年11月8日
うーん、はてなブックマークみたら「(初代)ルパンの忠実な漫画化作品なんてあるんだ!」と驚いている声がいくつか…http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/742432 なんだかんだと皆、名前を知っている原作、「存在を知れば手に取る層」はかなり分厚いんだ。問題はどう、そこに知らせるか!!!だ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする