Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2014年11月10日

平尾剛さん 羽生選手の衝突事故について、アスリートの立場から

「選手ならば、いくら目眩がしようが足元がふらつこうが、プレイを続行したいと切望します。ほとんど本能的にそう望む。それを制止しなければならない立場が監督やコーチやトレーナーの役目です。」 「そうして現役時代にさんざん身体を痛めつけてきたので、身を以てわかるんです。『歯を食いしばって』『痛みを我慢して』『困難を乗り越えて』やってきて、残ったのが後遺症が残る身体。せめてそこから学んだことだけは言語化しておきたいなと思うのです。」 ラグビーは頭部外傷の多い競技であるため、対応が一番進んでいます。 続きを読む
35
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

羽生選手に「感動」するだけでよいのか? 誤ったスポーツ観が選手「生命」を奪う 脳震盪後、1日は安静に(内田良) - Y!ニュース bylines.news.yahoo.co.jp/ryouchida/2014…

2014-11-10 10:31:45
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

話題になっている「脳震盪」についてちょいと一言。「本人の意思確認」でもって出場をするか否かを決めるのはおかしい。なぜなら脳震盪はその判断をすべき脳に衝撃が加わっているわけで、正しい決断をできるはずがないからです。続

2014-11-10 13:39:51
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

選手ならば、いくら目眩がしようが足元がふらつこうが、プレイを続行したいと切望します。ほとんど本能的にそう望む。それを制止しなければならない立場が監督やコーチやトレーナーの役目です。続

2014-11-10 13:42:45
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

ほぼその瞬間に全力を傾けようとする選手に対して、選手生命という長いスパンでみた場合のリスクを考えて決断を下すのが彼らの役割です。「本人の意思確認を尊重する」という言明は責任の放棄といっても僕は過言ではないと思います。続

2014-11-10 13:45:14
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

その決断がどれほど困難なことかは僕もよくわかります。本能的にプレーに向かおうとする選手を制するのはほとんど不可能に近いと感じられるかもしれません。でもそれでも、これはしなければならないことです。「指導者」として避けては通れないことです。続

2014-11-10 13:48:15
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

でもこれではあまりに指導者への負担が大きい。プロチームや選手へのコーチならまだしも、 部活動の指導は競技に精通していない教師が務めるケースもある。責任が大きすぎれば務めるものが誰もいなくなります。だからこそ法的な整備が必要となる。続

2014-11-10 13:54:00
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

先ほどRTしましたけれど、ラグビー界では、たとえ医者の管理のもとでも最初の受傷から最低24時間はプレイしてはいけない。もし医者がついていなければ、最低14日間はプレイしてはならないというルールがあります。こうして選手は守られている。続

2014-11-10 13:55:32
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

ひとときの安っぽい感動のために選手が消費されるのは見過ごせません。それを演出するような報道には怒りすら覚えます。続

2014-11-10 14:01:07
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

少々のケガなら無理をする覚悟ができている。それが選手の心境というものです。プロだけでなく、部活動に励む生徒だってこの気持ちを備えている。その背中を押すだけなら誰だって指導者になれる。むしろそこで毅然とした態度で出場を断念させることができるのが、本当の指導者ではないでしょうか。続

2014-11-10 14:02:53
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

僕自身もまだ修行中の身です。こんな理想的な指導者では決してありません。しかし、目指すべき境位をきちんと自覚しておくことはとても大切です。チープな感動物語に流されないためにも、ここに自戒を込めて書き記す次第であります。終

2014-11-10 14:05:29
刺繍べっぴん@博多っ子 @Ucopiii

@rao_rug 一流のアスリートの中にそういうお考えの方がおられることがとても心強いです。勇気というのはできないことの自覚。そして、そこからしかじゃあどうするかは始まらない。障碍者支援をしていて、いつも思います。無理はただの自傷になりやすい。要注意です。心も体も。

2014-11-10 14:08:30
刺繍べっぴん@博多っ子 @Ucopiii

@rao_rug 選手、障碍者、被災者、外国人、簡単にヒーローに仕立て上げるマスコミも、ありがたがる私たちにも自戒が必要ですね。障碍者なんか定期的にスターが出ますもん。政治力がない人は大体使い捨て。ちうか、飽きられる。

2014-11-10 14:09:41
刺繍べっぴん@博多っ子 @Ucopiii

@rao_rug タイムスパンは違いますが介護もそうですね。あたしまだやれますって言ってる母が祖母の介護で倒れました。これは家族なので止めても聞いてもらえませんでした。虐待や子育て途中の思い詰めなども同じで真面目にやらなくてはいけないという重圧はすさまじいものがあるからこそ。

2014-11-10 14:12:15
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

@Ucopiii そうして現役時代にさんざん身体を痛めつけてきたので、身を以てわかるんです。「歯を食いしばって」「痛みを我慢して」「困難を乗り越えて」やってきて、残ったのが後遺症が残る身体。せめてそこから学んだことだけは言語化しておきたいなと思うのです。

2014-11-10 14:13:55
平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中! @rao_rug

@Ucopiii なるほど。介護の世界でも同じ構図で苦しむ人たちがいるんですね。ならばこれだけわかりやすく、しかもあらゆる種目のニュースが日常的に流されるスポーツから、まずは変えてゆく必要がある。その責任もひとつ、負うことにします。

2014-11-10 14:16:53
刺繍べっぴん@博多っ子 @Ucopiii

@rao_rug 子育てもそうです。虐待に苦しむ子供も、もっと頑張れば愛してもらえる自分がいたらないからきっとお父さんお母さんわからないんだって思うんです。私はそうでした。一億総円谷。あの時から何も変わってないでは円谷選手に申し訳ない。美談を使って追い詰めるってものすごく悪質

2014-11-10 14:40:07
刺繍べっぴん@博多っ子 @Ucopiii

@rao_rug 私は親に認められたい虐待児でした。「歯を食いしばって」「辛いなんていうのはまだまだ」で、卑屈な心の傷がたくさんつきました。このての自傷が悪いのは他人に強いることと自傷する人しか認めなくなることだと私は思います。他人を簡単に裁くようになるんです。我慢って悪質

2014-11-10 14:42:31
刺繍べっぴん@博多っ子 @Ucopiii

@rao_rug 家に障害児がいる場合もそうですよ。あのお母さんはあれもできるこれもできるんだからあなたが我慢しないのは間違ってる。って圧力がある。比較、序列の動機、理由がこういう美談というのは本当に悪質です

2014-11-10 14:48:52
刺繍べっぴん@博多っ子 @Ucopiii

@fukuoka_t @AlaDellaFata これをきっかけとして、本人に関係ないところで今後同じような事故があった時「あの時の彼を思えば今回のことぐらいは乗り越えろ」とか言うのが主流になる恐れを私は感じます。障碍者介護被災地、何もかも比較し序列つけて美談と比べるのが。

2014-11-10 19:15:53
刺繍べっぴん@博多っ子 @Ucopiii

@fukuoka_t @AlaDellaFata 周囲に止める勇気がなかったこと「だけ」だとしても、そこも問題ですね。今回のことで初めて医者を帯同するかと話してるとか。本人と周りが作りだす空気、それを美談とくっつける関係ない人たち、などなど問題がずれてしまいませんように祈ります

2014-11-10 19:20:18
Jun @AlaDellaFata

(記録)JSF公式PDFファイル 「羽生結弦選手の精密検査診断結果について」skatingjapan.or.jp/image_data/EVE…

2014-11-10 20:31:35

コメント

ネヨ筑摩屋松坊堂 @chikumaya 2014年11月10日
専門家や現場でノウハウを知っている人の声が聞けるのがインターネットであり2ch/ツイッターその他の良い点ですが,そういう声に耳を貸さない無知蒙昧の民の多さを思い知る場でもあります.
1
poweeeeerrrrr @poweeeeerrrrr 2014年11月11日
楽天のデーブ監督が感銘を受けて、練習を強行したらしい。 選手の意思ではなく、指導者が選手に強要する・・最悪の連鎖が始まってます・・
12
taknuno55 @taknuno55 2014年11月11日
昔、頭部外傷の勉強をした時、最初に書いてあったのが「やってはいけないこと:頭を動かすこと、選手が『大丈夫』というのを信じること」
6
靴屋まいける@冴えない男子バレーの育てかた @ikasan_vb 2014年11月11日
車いすに乗せて帰ってくるような状態なのに、頭部(というか首)を固定せずに、羽生選手が空港にいた人たちに対して盛んに頭を下げていた映像もすごく気になった。ああいうときって、まず最初に首を固定するものだと思っていたから。
2
taknuno55 @taknuno55 2014年11月11日
「ライトを目に当て反応を見て、いくつかの質問をするうちに、羽生の意識がはっきりとしてきた。」のであれば、それまで【意識障害があったのは明らか】なので、脳震盪であったのは間違いないと思われます。
0
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2014年11月11日
taknuno55 それもまだ結論付けることができません。 何を基準にするのかって話もありますがIRB基準における『表1による兆候があり。記憶力確認に問題なし』からの『表1による兆候の軽減』という事実しか示していません。もちろんIRB基準では「および/または」とあるので。これを「および」で採用するか「または」で採用するかで違うのです。
0
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2014年11月11日
ちなみに、読んでいるものは。 これ http://www.rugby-japan.jp/about/committee/safe/concussion2011/guideline/guideline.pdf なぜか同じラグビー協会なのに、一般向けには寄り安全に倒したものが書かれている。 http://www.rugby-japan.jp/about/committee/safe/concussion/guideline.pdf 英語の原文あたったほうがよいのかもしれない。
1
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2014年11月11日
まあ。仮に「および/または」というものがあって。「微妙なライン」だとすれば。 ラグビー協会の一般向け基準に従えば止めるべきでしょうね。 この話で大切なのは判断の妥当性とかではなくて「選手は出たがるものだから医師やコーチのような第三者は、強く止めてほしい」という訴えではないでしょうか。
1
taknuno55 @taknuno55 2014年11月11日
Chiether 『表1による兆候の軽減』というのは、何ページのどの部分のことを仰っているのでしょうか?
0
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2014年11月11日
taknuno55 2ページ目 表1 全身的な兆候「意識消失、ぼんやりする、嘔吐、不適切なプレーをする、足がふらつく、反応が遅い」質問確認事項の回答が正しくとも明らかに遅かった場合などは、これに該当します。『質問中に意識がはっきりしてきた』ということは、この兆候が軽減したという事です。 (もちろん脳震盪の症状軽減は急激に起こるので軽減すればいいという話でもありませんし。そのあたりも注意が書かれています)
0
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2014年11月11日
taknuno55 訂正。 回答が遅いのは認知機能障害の「反応時間が遅い」ですね。
0
taknuno55 @taknuno55 2014年11月11日
Chiether ありがとうございます。 『質問中に意識がはっきりしてきた』ということは、この兆候が軽減したという事 軽減を確認しているということはそれ以前に『この徴候があった』ことを確認していると考えてよろしいでしょうか?
0
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2014年11月11日
taknuno55 概ねそうです。分かりやすい例でいえば。こんなテストせずとも「頭を打ったら動かすな」と一般的に言われるように、頭を打った時点で「脳震盪の疑いがある」わけです。 それから脳震盪の有無に関わらず頭部ダメージの確認のために意識レベルは確認するでしょう。
0
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2014年11月11日
taknuno55 そして、ちょっと乱暴な話ですが例えばGCSでV4/M4からV5/M6になるだけでも「意識がはっきりしてきた」と表現しようと思えばできるわけです。でもそれが脳震盪によるものなのか。心理的なショックによるものか。他の要因なのか。確実な判断がつくわけでもありません。 それを全部アウトにすると脳震盪の要因が多いラクビーは成立しなくなるので厳しいながらの基準が設けられていて、実際に脳震盪の例が少なかろうが緩めていない。そうとも考えています。
0