まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

「海外モデルの日本展開と国内発の社会的事業の挑戦」R-SIC 2014 セッション8

2014年12月12日、社会的事業家のためのカンファレンスR-SIC( http://ridilover.jp/R-SIC/ )が開かれました。セッション8は海外のモデルを生かし国内で活躍する事業家と、国内のモデルで海外に挑戦しようとしている事業家が集まりました。 セッション1 http://togetter.com/li/756449 セッション2 http://togetter.com/li/756462 セッション3 http://togetter.com/li/756469 セッション4 http://togetter.com/li/756650 続きを読む
社会問題 海外 ソーシャル・ビジネス teachforjapan
930view 1コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
リディラバ @ridilover
セッション8海外モデルの日本展開と国内発の社会的事業の挑戦」がまもなくはじまります!モデレーターは弊団体代表 安部敏樹です。#RSIC
リディラバ @ridilover
セッション8の登壇者はルームトゥリードジャパン 今尾氏、Teach For Japan 松田氏、オックスファムジャパン 鈴木氏、シュアーグループ 大木氏です #RSIC
きむらえり @eri010k
セッション8 海外モデルの日本展開と、国内初の社会的事業の挑戦 #RSIC pic.twitter.com/Mb45RfkIJR
 拡大
日本独特の課題なんて存在しない
リディラバ @ridilover
松田「Teach for Japanは国際的なネットワークTeach for ALLに属しているが基本的に独立している。しかし、世界で共通の課題に対してナレッジを共有することで課題解決に挑んでいる。日本だけに独自の課題は存在しない。#RSIC
リディラバ @ridilover
鈴木「社会全体のマクロな問題に関しては、日本独自の問題は存在する。日本は個人が社会変革を目指す意識が低い。」#RSIC
海外展開の壁をどう乗り越えるのか
リディラバ @ridilover
安部「海外展開は、契約や商習慣などの違いが大きい。どうやってそれを乗り越えるか?」大木氏「アショカという国際的な社会的起業家のネットワークに属しているので、それを生かしている」#RSIC
リディラバ @ridilover
大木氏「遠隔手話通訳に関しては日本は圧倒的に後進国。われわれは各国バラバラな遠隔手話通訳の分野に、国際的なスキームをつくろうとしている#RSIC
リディラバ @ridilover
安部「ラリトプールの向田さんは『日本じゃない』といってニューヨークに行ってしまった。逆輸入的にアメリカなどに進出した方がやりやすいのかもしれない#RSIC
(手話の映像を見て)これ検索できますか?
リディラバ @ridilover
大木氏「(手話の映像をみて)これ検索してみてください」会場「…..(沈黙)」「手話の検索ってできないですよね。われわれは手話入力のキーボードをつくりました。#RSIC
きむらえり @eri010k
大木氏:(手話の画像を見せながら)手話をみても、その意味を調べることは難しい。手話のキーボードを作っている #RSIC pic.twitter.com/pL9xotqgT3
 拡大
どうやって人をまきこんでいくか
リディラバ @ridilover
安部「オックスファムやRTRやTFJはプロモーションがうまい。どうしたら効果的なプロモーションを行って、人を巻き込めるか?」今尾「私の場合は巻き込まれた側。RTRがとにかく楽しかったから巻き込まれた」 #RSIC
リディラバ @ridilover
今尾「ルームトゥリードはプロボノに頼っている部分が多い。プロボノの方に仕事を頼むと、むしろ『(機会を提供してくれて)ありがとう』と言われる。」#RSIC
きむらえり @eri010k
鈴木氏:僕は高校時代偏差値35。昔自殺しようと思った反動で人の役に立ちたいとオックスファムに関わるようになったので、いわゆる自信のない気持ちがよく分かる。その場にいる人と対話を重ねて、共感を持つことが大切だと思う #RSIC
リディラバ @ridilover
松田氏「優秀な人材は給与や安定を求めていない。彼らはどうしたら自分が成長できるか・どうしたら自分の活動で社会にインパクトを与えられるのかを見ている。TFJには優秀な人材がかなり集まりつつある」#RSIC
0から1を生み出すってそんなに大切?
リディラバ @ridilover
松田氏「ゼロからイチの事業を生み出すってそんなに大切?新しいものをつくることが目的ではなく、課題解決が目的。日本には、ゼロからイチよりも改善がむいてるのでは?」#RSIC
きむらえり @eri010k
大木氏:僕は手話という領域を深めていきたい。日本だけだと市場が狭いので海外に展開した。みなさんも自分の軸を掘り下げることで「世界で唯一」を生み出して欲しい #RSIC
リディラバ @ridilover
鈴木氏「わたしたちはCanで考えがち。社会的課題の解決はCanではなくWantで考えないとはじまらない」#RSIC

コメント

リディラバ @ridilover 2014年12月12日
セッション8 まとめを更新しました。#RSIC
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする