茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第1386回「生活の党と山本太郎となかまたち」

脳科学者・茂木健一郎さんの12月27日の連続ツイート。 本日は、今朝見たニュースで思ったこと。
コラム 茂木健一郎 連続ツイート
7
茂木健一郎 @kenichiromogi
連続ツイート1386回をお届けします。文章はその場で即興で書いています。本日は、今朝見たニュースで思ったこと。
茂木健一郎 @kenichiromogi
人間が設定した「しきい値」は恣意的なものだけれども、一人歩きし始める。フルマラソンで「4時間切り」を「サブ4」というけれども、本当は「4時間」に特定の意味があるわけではない。本当は3時間58分でも、4時間4分でもよかったかもしれない。政党要件の「5人」も同じことだろう。
茂木健一郎 @kenichiromogi
「生活の党」が、所属国会議員5人以上という政党要件を満たせなくなった。そうしたら、山本太郎さん(@yamamototaro0)が加わって、その政党名が「生活の党と山本太郎となかまたち」だという。私は、自分の固定観念を恥じた。政党名はこうでなければならないという思い込み。
茂木健一郎 @kenichiromogi
人間の固定観念は、気付かないうちに忍びよっている。草思社が全盛だった頃、「他人をほめる人、けなす人」とか、「平気でうそをつく人たち」とか、「謝らないアメリカ人 すぐ謝る日本人」とか、やたらと長いタイトルの本を出して、「本の題名はこうである」という固定観念を破っていた。
茂木健一郎 @kenichiromogi
アーティスト名も、『The Artist Formerly Known As Prince』(かつてプリンスと呼ばれたアーティスト)を正式名称にした人がいたね。
茂木健一郎 @kenichiromogi
落語の寿限無では、「「寿限無、寿限無 五劫の擦り切れ 海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末 食う寝る処に住む処 藪ら柑子の藪柑子 パイポパイポ パイポのシューリンガン シューリンガンのグーリンダイ グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助」が名前の子が出てくる。
茂木健一郎 @kenichiromogi
バンコクの正式名「クルンテーププラマハナコーン アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット」
茂木健一郎 @kenichiromogi
というわけで、政党名が、「生活の党と山本太郎となかまたち」であっても、一向にかまわないと思うのだけれども、案の定、社会の良識派の方々からは、「ふざけた名前だ」という批判が出てきている。思うに、人類の発展というものは、良識と固定観念破りの狭間から生まれてくるのではないか。
茂木健一郎 @kenichiromogi
私は、「生活の党と山本太郎となかまたち」という政党名をニュースで目にして、良識に基づいてけしからん、という反応よりも、そのような政党名があり得る、という世界の豊穣をあらかじめ予期しなかった、自らの不明、固定観念へのとらわれを恥じたのである。
茂木健一郎 @kenichiromogi
以上、連続ツイート第1386回、「生活の党と山本太郎となかまたち」をテーマに、8つのツイートをお届けしました。

コメント

流摘 @rutsumi_osaka 2014年12月27日
よい、悪いかはここでは言わない。ただ、この名前では選挙に勝てない。以上。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする