ストⅡいろいろ5

ストⅡのつぶやきをまとめました。
ゲーム ストⅡ NIN 西谷
21
西谷 亮 @nin_arika
ストⅡの初期にリアルタイムに攻撃を出したいな、という構想があった。 ボタンを押してから、コマンドを入れてから技が出るのではなくて、何か動作を起こしたときには攻撃が出て、動作完了と同時に攻撃が終わるような一体感を考えていた。
西谷 亮 @nin_arika
例えばバーチャロンみたいなデバイスで、前に入れると腕が延び始め、そのまま入れきるとパンチが出るみたいな。 どういうふうに実現するかはわからないが、いつかこんな一体感を出してみたいと思う。
西谷 亮 @nin_arika
圧力の試験なのかなんなのか、ストⅠのボタンに直接エアーコンプレッサーで空気を送り込む筐体を見たことがある。3つのボタンで3段階になっていた。 これを見なかったら6個ボタンの発想はなかったかもしれない。
西谷 亮 @nin_arika
ストⅡうまくいかなかったこと。 CPU戦で、決着がつきそうなときにプレイヤーに気持ちよく勝って欲しかった。 例えば昇龍拳を出したところにわざわざローリングアタックで突っ込んでくるとか。 そのための仕組みとかも用意したんだけどうまくいかなかったなぁ
西谷 亮 @nin_arika
ストⅡの必殺技。 ボタンのOnでもOffでも出るようになってますが、これはストⅠの流れをくんだものです。物理的にそうなる理由があったんですね。 普通はOnでみますが、ストⅠの入力に慣れてしまっている人の為にどちらでもOKにしました。 結果、ゲーム性に深みが出てよかったと思います。
西谷 亮 @nin_arika
ストⅡのダブルKO。 その頃の私の価値観として、エンディングで強制的に終わってしまうゲームの方が変じゃない?みたいのがあったのでたくさん闘えるようにしました。 後でインカム面から怒られたのでダッシュでは減らしました。
西谷 亮 @nin_arika
ヨガファイヤー。 半透明機能のない基板では1フレームごとに点滅させて表示するのがよくある手法だった。 でもそうするとかなりちらついた感じになり、なんかイヤだった。 これを3フレームに1回非表示にすることでずいぶんマイルドになった。めんどくさがられたけどw
西谷 亮 @nin_arika
ちなみにファイナルファイトの炎は1フレーム点滅だけど、1フレーム周期をずらしたものとセットにすることにより、2倍の表示量を稼いでいました。 ……だったと思います。
西谷 亮 @nin_arika
ストⅡぬいぐるみ。 クレーンゲームの景品の視察に中国に行った方から聞いた話。 春麗を指してこんな格好の人いますか?って聞いたら「こんな人は見たことがない」と言われたとか。 そりゃそうですよね。
西谷 亮 @nin_arika
ストⅡのガード。 全部の攻撃をガードできるなんて本当に大丈夫か?という考えもあったけど、Rタイプのフォースだってほとんど守れるんだからなんとかなるだろ!と自分を無理やり納得させた。
西谷 亮 @nin_arika
ストⅡガイル。 サマーソルトはROM出し直前まで後ろ方向にジャンプする技だった。 あまりにも強すぎたので急に前に飛ぶように変更した。それでも強いけど。
西谷 亮 @nin_arika
ブランカの変貌 肌色の野生児→緑の体色 ガイルの変貌 凄く短い髪の軍人カット→伸びる→更に伸びて横にはみ出し始める。
西谷 亮 @nin_arika
本田の変貌 普通の相撲取り→袴を纏う→隈取りがつく ダルシムの変貌 伸びる→更に伸びる

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする