2014年小笠原における中国漁船サンゴ密漁について

2014年小笠原諸島で問題となった中国漁船によるサンゴ密漁(他地域含む)、及び海保の対応について。自分用ログ。抜けがあるので文脈が通じない部分あり。
軍事 海上保安庁 中国漁船 さんご 小笠原 密漁
6
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
本日も、小笠原でサンゴ密漁と思われる中国漁船を拿捕。公表された画像では巡視船「しきしま」搭載のPLH31-M3「しきしま3号」が移乗班を輸送している。同艇は「しきしま」にのみ搭載。同型なし。asahi.com/articles/ASGBZ… pic.twitter.com/GoNYckvOTH
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
こっちが本物の現地画像。100トン以上と思われる大型底引き網漁船が多数確認できる。韓国黄海の違法漁船よりも大きな鋼製漁船で、事態はより深刻といえるかもしれない。東シナ海で活動していた漁船が取締強化で侵出してきたものと思われる。 pic.twitter.com/uqysx015yl
拡大
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
先ほど、9管から「えちご」を派遣するのは難しいと呟いたが、実は応援に来ている巡視船の1隻は1管・函館海保のPLH-02「つがる」だ。船体番号からもわかるとおり、PLHでも最も古い船の一つだが、先日、中国漁船を拿捕し船長を逮捕した。 pic.twitter.com/aFtyjGZDzK
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
小笠原海上保安署、唯一の所属艇「さざんくろす」。こうした監視取締艇は固有の乗員はいないため、必要に応じて保安署の人員が乗り組んでいると思われる。市販高速艇の海保仕様のため、外洋取締は不可能。kaiho.mlit.go.jp/03kanku/yokoha… pic.twitter.com/gu9p4Vhc8C
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
画像は上海の専門店で売られるサンゴ宝飾品(毎日新聞)。手前の濃い赤色のものが日本産で中国でも日本語そのままに「アカ」と呼ばれる高級品。日本国内では「チアカ(血赤)」と呼ばれている。中国漁船は沖縄から長崎五島ときてついに小笠原でも密漁。 pic.twitter.com/NEzCEzOAvH
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
集団的組織的な密漁では、担保金をあらかじめ用意して違法操業することもある。さらに、囮役や妨害役の漁船まで準備する場合も。一時期問題になっていた韓国漁船の集団密漁ではそうだった。画像は巡視船「あさま」に追跡される韓国漁船(2005年) pic.twitter.com/ROyNVNDiVi
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
EEZでの違法操業であれば担保金による早期釈放が可能だが、領海内の場合、法律が異なるため不可。EEZ:漁業主権法、領海:外規法。だがせっかく領海内でサンゴ密漁を逮捕しても、こういう結果になることもあるyomiuri.co.jp/kyushu/news/20…サンゴ密漁事件、中国人船長に無罪判決
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
もっとも有罪になったとしても、罰金100万円なので、密漁で得られる犯罪収益に比べれば微々たるものだろう。 yomiuri.co.jp/kyushu/news/20…中国籍の船長、平先良被告(48)の判決で、福岡地裁(丸田顕裁判官)は15日、無罪(求刑・懲役8月、罰金100万円)を言い渡した。
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
無罪となってしまったが、五島女島沖で中国サンゴ密漁船を拿捕したのは水産庁の漁業取締船「白鴎丸」と「やまと」。「やまと」は民間からの傭船。水産庁は船舶航空機を民間からチャーターすることが多い。jfa.maff.go.jp/kyusyu/press/k… pic.twitter.com/N9srXK1KnE
拡大
拡大
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
恐れられているのは五島で起きたような緊急避難。玉之浦港は協定に基づく緊急避難港だったが、指定されていないところでも荒天や急病人などによる緊急入域は認められている。その場合も不必要な上陸は禁止されており、海保が監視しなければならない。gendai.ismedia.jp/articles/-/340…
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
個人的には東シナ海の漁船だけでなく太平洋全域で活動するIUU漁船が、日本のサンゴの話を聞きつけて立ち寄っているのではないかと疑っている。IUUとは違法・無報告・無規制の略。画像は2008年に中国漁船を拿捕したUSCGCマンロー。 pic.twitter.com/Kc5wJ8yfKK
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
公海などで国際的な規制から逃れるIUU漁船は中国や台湾等の違法漁船が多い。数千トンを超える大型漁船はロシアからも。最近では韓国がIUU漁業国の指定寸前で来年まで猶予を与えられている状態。こうした違法漁船はソマリア沖などでも操業している pic.twitter.com/BSM3h2sfBW
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
実際、中国海警局は漁政時代から中国違法漁船の取締りを理由に北太平洋でUSCGと合同活動を行っている。画像はUSCGCモーゲンソーと海警2102。海警2102は漁政202の頃からこの任務に度々派遣されていた。 pic.twitter.com/VvlMnxmF4y
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
保安署を保安部に格上げして、対馬海保並みにPS一隻と複数のPCが欲しいところ。あと、伊豆諸島から小笠原までの間に保安署を増設。そこにもPCを置きたい。官房長官が予算措置に言及したのだからその程度のことはしてもらわなくては。画像は対馬。 pic.twitter.com/UcCZcoQo4D
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
小笠原で警備に当たる海保巡視船は今まで、PLH-31「しきしま」PLH-02「つがる」PLH-05「ざおう」がわかっていたが(他にしれとこ型PLが1隻)、朝日新聞機撮影の画像から新たにPL-31「いず」が確認できた。 pic.twitter.com/5ETSWVXDm2
拡大
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
台風前の小笠原沖で網を引く中国漁船「閩漁運0067」。漁業運搬船を意味する登録名だが…。船橋上には「以马内利」。エマニュエル、インマヌエル。ヘブライ語で「神はわれらとともにある」という意味。船長・船主がキリスト教徒?航海安全祈願か。 pic.twitter.com/mwZSSiGnzl
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
台風前に小笠原沖で読売新聞機が撮影した中国漁船。船橋上に「一帆風順」とある。意味は「順風に帆をあげる。物事が何事もなく順調にいくこと。順風満帆。」順調に網を揚げているようだが、何事もなく順調に違法操業されても困る。 pic.twitter.com/881ZoVoWp3
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
台風前に小笠原沖で撮影された巡視船「しきしま」。船体の錆が長期間にわたる行動を物語る(通常の行動後でも錆が目立つことはあるが)。単独長期行動可能なのは、無寄港プルトニウム護衛を前提とした設計の賜物。もはや海保の異端児、鬼子扱いではない pic.twitter.com/yQ6kK8iHd7
拡大
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
中国政府としては、せっかく日中首脳会談にこぎつけそうなのに国内世論が沸騰してしまっては困るという側面もあったのかもしれないが、中国国内ではもっと柔軟な受け止め方もあった。 中国メディア「日本が中国漁民に最も人道的に対応」と評価 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141109-…
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
そのうち小笠原まで航行できると思われるものは「みやこ」(189トン)「興洋」(87トン)。自治体の調査船としてはなかなか高性能な機材がそろっているが、速力15ノット以下で高速での監視取締任務に耐えうるものではない。 pic.twitter.com/wwFuTGbfWz
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
東京都ということでついでに警視庁。警備艇「ふじ」は伊豆諸島まで航行できるとされている。航空隊のEH101(AW101)は小笠原まで飛行可能。ただし今回警視庁は海保の直接支援は行わず、中国漁船からの不法上陸に備える機動隊を派遣した。 pic.twitter.com/OruLlmfKkb
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
沖ノ鳥島を視察し、尖閣諸島魚釣島を購入しようとした石原都知事も小笠原諸島などの水産資源保護には無関心だったようだ。集めたお金で取締船でも作ればよかったのに。舛添都知事に至っては、派遣されている船を無視して「できることはない」と発言。 pic.twitter.com/aDiaZUjzwx
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
小笠原沖の中国漁船問題。自衛隊を出せという人も多い。特に海賊対処と同様に護衛艦に海上保安官を乗せればいいという主張。しかし、海賊対処で派遣される海保捜査隊は法的処理や取調・護送を担当するため8名程度。海賊制圧は海自が行うことを想定 pic.twitter.com/9BoaOh4kpm
拡大
拡大
拡大
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
10月5日に「しきしま」に拿捕された中国漁船。週刊文集は「SSTが出動した」と主張している。海保提供の画像がヘリから撮影されたものだとすると、同機からSSTが降下した可能性もある。画像では搭載艇PLH31-M4で該船に部隊移乗中。 pic.twitter.com/pmy0OFpHMe
拡大
ぱらみり(準軍研には手を出すな!) @paramilipic
小笠原沖、船名の一部を潰して偽装した中国漁船を追う巡視船「するが」。うねりが激しく、この状況では停船させたとしても搭載艇を下して移乗することは不可能。1000トン級の巡視船でも乗員の負担はかなりのものだろう。 pic.twitter.com/oxVkxwLjtH
拡大
残りを読む(186)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする