富野由悠季監督「宇宙エレベーターが切り開く未来」パネルディスカッション

2010年12月11日に開かれた「第3回宇宙エレベーター学会」の一日目のパネルディスカッション部分です。 学会に参加したnanako氏(http://twitter.com/nana_konata)が会場から直に伝えたツィートをまとめさせていただきました。 富野由悠季監督をはじめ、各界の専門家が宇宙エレベーターについて討論したほか、富野監督による新構想も披露されました。また、ガンダム00についての言及も少しだけあります。 予備知識として、あわせて読んでいただけると幸いです: 続きを読む
未来予測 富野由悠季 宇宙エレベーター
22
@nana_konata
今日は、宇宙エレベーター学会に参加、ガンダムの富野監督に会ってきます。(紹介してもらえたからの話)
@nana_konata
宇宙エレベーター学会なう。 http://twitpic.com/3erwoa
拡大
@nana_konata
今回の宇宙エレベーター学会チラシ。 http://twitpic.com/3erzqs
拡大
@nana_konata
先程まで、富野由悠季監督が目の前に。 黒い帽子、黒いジャケット、黒いパンツ。シャツだけ緑系の柄物。 ちと目線の鋭い、でも飲み屋にいそうなおじちゃんです。
@nana_konata
I am near 富野由悠季監督なう。
@nana_konata
パネルディスカッション開始。タイトルは「宇宙エレベーターが切り開く未来」。#jpsec #jsea
@nana_konata
宇宙エレベーターを作るのは難しい。上がるだけでも大変。じゃあ作らないのか?いや、作る。とにかく宇宙に行くのだ。という気持ちでやりましょうよ。と。#jpsec #jsea
@nana_konata
富野監督。宇宙エレベーターに否定的だった。そういう世代だった。ターンエーガンダムでザック・トレーガーなどで触れてはいたけど。#jpsec #jsea
@nana_konata
富野監督。わたしは、宇宙にはロケットで行くものという世代である。地上から宇宙へ伸びるなにやらで宇宙に行くのは、感覚的に飲み込めなかった。#jpsec #jsea
@nana_konata
そんな富野監督がこのパネルディスカッションに参加している。ガンダムエースでの青木日大教授との対談。その後のガンダムダブルオーの視聴。あれはウソだと感覚的に感じる。#jpsec #jsea
@nana_konata
直線的に延びるケーブルへの違和感。富野監督の感覚は、遺伝子の二重螺旋。そのようなケーブルをイメージした。#jpsec #jsea
@nana_konata
人類がシャトルで宇宙に行くことを断念せざるを得なくなった今。ライト兄弟のような気持ちで、宇宙エレベーターに挑もうかと。#jpsec #jsea
@nana_konata
直線、高層ビルへの違和感。自然界で存在しうる宇宙エレベーターの形状とは。富野監督の描いた図は興味深いものです。#jpsec #jsea
@nana_konata
二重螺旋構造。三次元の世界で、物は止まっているわけじゃない。常に揺らぐもの。 ディスカッションは、富野案を評価しつつ、現実的な面からの批評もなされています。#jpsec #jsea
@nana_konata
ガンダムにおける、嘘八百な設定。ミノフスキー粒子。散布により電波が使えず、可視による戦闘しか行えない。目と目で戦う。それによって「劇」が成立している。#jpsec #jsea
@nana_konata
富野案は、現実では不可能。劇=アニメでは可能だけれども。しかし、先行するイメージを追いかけて、技術を開発していく。#jpsec #jsea
@nana_konata
新幹線はありうるというイメージ。満州鉄道→新幹線までの道。新幹線の父の話。工学は、その技術論が世間の末端まで行き渡った時ことをイメージしなければ、と。#jpsec #jsea
@nana_konata
パネリストは六人。でも、富野監督喋りっぱなしなうwww #jpsec #jsea
@nana_konata
富野監督の未来予測。西暦2xxx年という設定は絶対したくなかった。だから、暦を変えた。それがU.C.0079。#jsea #jpsec
@nana_konata
人類の未来予測の多くは早まる。ハードディスクの歴史をたどるという一例。ブレイクスルーの連続。#jpsec #jsea
@nana_konata
カーボンナノチューブにブレイクスルーがあったら。そのブレイクスルーは明日かもしれないし、来年かもしれない。まだまだ先かもしれない。#jpsec #jsea
@nana_konata
宇宙へ行くというパッション。月へ行ったことに、何の目的があった? ソ連より先に、アメリカより先に、とにかく行くんだというパッション。現代はそうしたことに対して否定的。#jpsec #jsea
@nana_konata
無理じゃないですか、という意見。行って何するんだ?って意見。そういう中での宇宙エレベーターの意味・意義はとは。#jpsec #jsea
@nana_konata
やりたいという気持ち。おもしろそうという気持ち。大事だなぁ。
@nana_konata
ついーと疲れなう(*_*)
残りを読む(11)

コメント

A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2010年12月12日
何故富野監督なんだろう?監督なんて絵として映えるか話に使えるかの判断しかしないのに。寧ろ呼ぶなら考証担当者だろうに。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2010年12月12日
それと、実用的なテーパで充分な強度を持った素材を最低10万kmの長さで静止軌道から吊るせる技術があれば、その材料を大量生産して安価で軽量なロケットを沢山打ち上げられるよ!w
りんもっく@新呉鎮守府 @lynmock 2010年12月12日
宇宙エレベーターを否定するヒトはそれによって何ができるかが予測できないんだよね。例えば、宇宙空間での太陽光発電。エレベーターがあれば安全にそれを地上に送電できる。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2010年12月12日
だからそういう話は軌道エレベータが作れて且つ大電流を3万6千キロ流して減衰しない材料に少しでも目処が立ってから言ってくれと。
GRF @garufu 2011年1月24日
別にケーブルで送電せずとも宇宙エレベータの内側からマイクロウェーブで送電すれば 雲に遮られることも無くメンテナンスのための内部エレベータの電力もまかなうことができるかもしれない 技術がバラバラではできないことも組み合わせればどうにかなると思うよ俺は
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする