2015年2月7日

ポエ子テツヤbot

「じゃあ ポエムってなんですか?」
1
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

呼吸を止めて 頬を伝う滴 虚空を閉じて 望まぬ夕立 孤独染入る錆びついた刃を胸に あたたかいその傷に声を塗ろう 淡く触れる拳と拳が 密やかな終焉を希うのなら 掻き抱くよりも掻き消して 黒は無に 無は透明に 想い出せない 影絵 忘れたくない 光景  忘れちまった 最後の世界

2015-01-31 00:00:11

ポエ子のバスケ 帝光編

ポエ峰大輝bot @PoeMinence

大切な…自分の夢を描く力 勝利になれていつしか忘れてしまったんですね… “すきなことをしてる”…ってこと 人とのふれあいもわずらわしくなって… 逸らした瞳すら冷たくなって… キミはうそをつく時 必ず目をそらしますね でも 思い出して下さい 失ったものならまた見つけ出して下さい

2015-01-31 01:00:09
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

時は常に背後から迫り 唸りを上げて眼前に流れ去る どうか踏み止まってください 時がキミを 美しい世界へ押し流そうと どれほど牙を剥こうとも 前を見ても仕方ない キミの希望は 背後に迫冥冥たる濁流の中にしかないんです ポエ峰君よりすごい人なんてすぐ現れますよ ポ「テツゥ…」

2015-01-31 02:00:07
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

差出人:ポエ原君 宛先:黒子 件名:メールありがとう 本文:オレはそんな強い光を もう長い間見ていない気がする 目を閉じてもプラネタリウムみたいに 人口的なネオンしか浮かばない オレもしょせんそのネオンにすぎないと思ってたから 黒子の言葉に またひとつ救われた ありがとう

2015-01-31 04:00:04
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

差出人:ポエ原君 宛先:黒子 件名:約束 本文:守れなくてごめんな 来年 絶対やろう ちゃんと目を見て話がしたいよ 偽らずに誰かと見つめ合う事は 自分自身を見つめることでもあると思うから 目を背けたら負けだよな オレはもう負けたくない ポエ原シゲヒロ

2015-01-31 05:00:06
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

青「連鎖(つながら)ないオレ達(2点)」 黄「なのに 変化(かわり)続けるオレ達(2点)」 緑「天体よ(3点)」 紫「どうしてこの世に(2点)」 赤「僕がいるの(2点)」 青「バスケしながら考えんのムズイな」 赤「次もっと詩の完成度を上げていこう」 ポエムってなんですか?

2015-01-31 07:01:03
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

ポエ峰君 今だって 狂うほどあの日々に焦がれてる キミが孤独に泣いているなら その海を照らす月になりたかった キミがうつむく時は その世界と戦う キミを キミをこの手で 守れるのなら

2015-01-31 08:00:07

ポエ子のバスケ 高校編

ポエ峰大輝bot @PoeMinence

ボクたちは ひかれあう 水滴のように 惑星のように ボクたちは 反発しあう 磁石のように 肌の色のように 黄「ポエ峰っち黒いッスよね〜」

2015-01-31 10:00:06
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

苦腦 後悔 罪悪 ボクの魂を腐蝕する全ての黒を 我が光よ キミは知っていますか? キミがその逞しい腕(かいな)で ボクにパスするとき キミがその純真で高潔な胸中で 勝利を思うとき キミを欺いてるに等しいことを とはいえ ボクには 真実のボクを キミに打ち明ける勇気がないんです

2015-01-31 12:00:06
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

きらいな人の名を貝殻に書いて 海へ流してやると その人が町にいられなくなってしまう ということを本で読みました 古代アテネの人たちの 貝殻追放の話です でも どうしてでしょう 砂浜で立ちすくむボクには これを手放す勇気がない 火「海の家の焼きそばってうめーよな!」

2015-01-31 14:00:03
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

ねえ ポエ峰君 「いつも笑顔でプレイしてて バスケが大好きでした」 たとえ何もしてあげられなくても 「彼のバスケを否定して 偉そうに諭すつもりはありません」 キミの寂しさを分かち合いたい 「ただ…もう一度」 この拳を合わせて 「ポエ峰君が笑ってプレイする姿を見たい」

2015-01-31 16:00:07
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

ねえ ポエ峰君 ボクは本当は一人では 不安で泣いてばかりの 小さな子供みたいだったから キミに会えてよかった 「火神君に会えて本当によかった」 「ったく…あいかわらずこっぱずかしいコトしれっと言うな テメーは」 そう言ってあげればよかった

2015-01-31 17:00:06
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

白黒の世界 冷めた陽射し 重すぎる夜空 いつだってがまんできた ボクは黄瀬君のことが嫌いでした けど 良い意味で です あのときだって 助けたのはボクじゃない ボクの存在を唯一認めていてくれたのは 嫌いだったはずのキミでした 世界が色づき 陽だまりは心地よく 透き通った夜空

2015-01-31 19:00:04
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

若さ故の過ちの代償を 何時の間に清算した? 甘い悔恨 狂おしい春の暴風雨(あらし) 地獄の季節に置いてきた 決して逃れる事叶わぬボク 永久に漏らす溜息 永久不滅の贖罪の烙印を押された魂 汝──我が同類 観衆よ 括目してみよ! 灼けた鋼の如き光を 彼ぞ『光』我ぞ『影』

2015-01-31 21:00:09
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

万物に平等に降り注ぐはずの光にさえ ボクは見放されました 諦念が渦巻く一片の光輝(かがやき)すらも届かぬ深淵 哀しき旧懐の亡霊が執行人さながらに 粛々と黒光りの断頭台へボクを誘う 祈りを捧げる清らかなる文 無慈悲な別れの其の瞬間に ボクは請う 彼への憐憫を リ「日本語でいいわ」

2015-01-31 22:00:07
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

ポエ峰君 感謝してる 今でもあの頃に戻れたらと 心のどこかで頑に願ってる だけど一つだけ…賭けてみたい ボクが好きになれたボクを もし誰かが見つけてくれたら その人の影になろうって決めてた 再び失くしても大丈夫って頷いて 光は何度でも灯ると 満月の在処さがしにボクは行きます

2015-01-31 23:00:08

ポエ峰大輝bot @PoeMinence

…なんだ そーゆーことかよ …っく はっ はははっ _人人人人人人_ > はははは <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ そんなことだったのかよ── 桃(……大ちゃん…?)

2015-01-31 23:50:07
ポエ峰大輝bot @PoeMinence

開かねぇワケだ なんせオレは 捨てちまったんだからよ… なんだよ 門番なんかじゃなかった 扉の前に立ってたのは… お前だったんじゃねーか  T E T S U 桃(やっぱ病院に連れてかなきゃ…)

2015-01-31 23:55:03

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?