10周年のSPコンテンツ!
92
てすら @Teslamk2t
津軽における看護師の翻訳例(津軽弁は標準語話者にとっては理解不能なため、地元出身看護師が医師と患者間の通訳者となって活躍した)見てると日本語が通じない日本があるんだなぁと驚きますね。。、
てすら @Teslamk2t
「例えば,看護学生が「具合はどうですか?」と患者に尋ねた所,「今日サ何ダガイパタダダ」という応えが返ってきた。学生は「イパタダ」を「一般的だ」と聞き「問題ない」という判断をした。だが「イパタダ」は<普通でない,変わっている・変だ>という意味である。つまり「問題がある」のだ。
てすら @Teslamk2t
患者がコミュ障の場合、医者はどのように症状を聞き出すべきか?とか乗ってて医学専門雑誌は面白いですね。。。たしかに医者にとって見れば、患者の謎方言や言葉足らずの文章から文意を察する能力を求められるわけだから、重要になってくるんだろうなぁ。医者もコミュ力大事ですね。。。
てすら @Teslamk2t
「首都圏に暮らす息子夫婦に引き取られた津軽出身の女性は首都圏の病院で津軽弁が理解されず、治療をあきらめそうになり、 病院スタッフが津軽出身の看護師を探す事態もあった。」この例では、津軽弁話者は津軽弁しか話せないことが述べられている。標準語を話してくださいと言っても無理なんだなぁ。
てすら @Teslamk2t
「経済連携協定でインドネシアから青森県むつ市に来た介護士への聞き取りでは、現場で聞いて分からない言葉が共通語か方言かも分からないという実態も浮かび上がった。外国人が地方で働く場合、共通語や専門用語のほかに方言を習得することも必要となり、日本語習得のためのハードルが高くなる。」
てすら @Teslamk2t
弘前大医学部では津軽弁が「必須科目らしい - コラム - Jタウンネット 青森県 j-town.net/aomori/column/… そして大学教育にまで津軽弁を取り入れてなんとか対処しようとしているのが現状のようだ
てすら @Teslamk2t
方言のせいで医療や介護が行えないって笑い話ではなく、国立国語研究所が『東北方言オノマトペ用例集』の策定準備をしているくらいだ。311の際に福島宮城岩手へ訪れた都内の医療従事者がほとんど方言を理解できず支障が出たという実例を元に策定されている。医療現場では大問題なわけである。
リンク www.ninjal.ac.jp 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所 - 東北方言オノマトペ用例集 国立国語研究所は,日本語が持つ普遍性と個別性を多角的・総合的に研究し,その成果を広く社会に還元していくことを目的としています。 主な内容:国語研案内,研究組織・共同研究・データベース,催し物,刊行物,研究成果。

コメント

まっつん @mazdadesu 2015年2月22日
正直言って医者の前でさえ、標準語を話そうと試みる事さえしないっていう事が理解できない。テレビやラジオで標準語が流れてないのか。新聞雑誌書籍には標準語が書かれてないのか。
mnianzinno @mnianzinno 2015年2月22日
テレビやラジオのおかげで聞いた標準語を理解はできるけど、使わないから話せないんでしょう。人間の脳は、聞いて理解するときに使う「辞書」と喋る時に使う「辞書」は別になってます。
柚乃アザラシ @yuno_0220 2015年2月22日
英語を聞き取ることは出来ても話すのは苦手なのと同じですね>標準語は理解出来ても話せない 普段使わないので相当する言葉を引き出すのも苦労するのですよ。また単語や擬音にも方言が多く、周辺ではそれが普遍的なためそれが方言だと知らない場合も多いです。なので思ったまま話して通じなくて混乱するようです。
柚乃アザラシ @yuno_0220 2015年2月22日
若い世代は標準語に対応してますが高齢者の場合は標準語を話す機会がそもそもない方も多いので「標準語を話そうと試みもしない」と言われましてもそりゃ「ご無体な」ですよ。本人は伝わるはずの言葉で話してるんですから。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2015年2月22日
まあ、聞く時に、回答の選択肢を提示する系「1.xxのとき,2.yyのとき...」でやれば、まだなんとかなるかな。本当の言語が通じないは、質問自体を理解してもらえない/できない、だからね。
ゆゆ @yuyu_news 2015年2月22日
標準語では上手く伝わらない方言でのニュアンスってあるし、痛みとかもやもやした感覚を表現するのに方言が出やすいかもなあ。方言でなくても、ネットスラング的な語彙がしっくりくるんだけど、それを標準語では説明しにくいような感じで。
smw @Shi_MeiWo 2015年2月23日
弘前の薬局で常備薬の下痢止めを買ったとき、店主さんと雑談になったんだが、「きみでお腹を壊す」と言われ、「きみ、とは卵の黄身のことですか?」と聞くと、「きみ…きみったらきみよ、こうして食う…」と食べるジェスチャーまで始める。それでわかったんだが、トウモロコシこのことを「きみ」って言うわけね。で、このとき思ったのは「方言から標準語に置き換えられない人間に遭遇する可能性は高い」ということ。それで我も津軽弁さ勉強しようって思ったんだばな。
cocoon @cocoonP 2015年2月23日
方言でも通じなくて困っているなら外国人介助者とかありえんなあ
Tokyo23hour @Tokyo23hour 2015年2月23日
方言を使う人に標準語で話せと書いている人がいるけど、本人たちはテレビの標準語と同じ言葉を喋っているつもり、というケースが多いらしい。なので、少し訛っている程度の方言を使う人よりも、通じにくい方言を使う人の方が、なぜ通じないのか(標準語とは単語・発音が違う,単語の選択が違う 等)がわかっていないと思う。通訳してくれる人がいれば助かるけど、いない場合はどうしたらいいんでしょうね。
歴史 言語@እንጀራ @histoire_langue 2015年2月23日
私にしてみりゃあ共通語を日本におりゃあ誰んでも通じる言葉や思う方におかしみを感じるんやがなあ……
菊地研一郎 KIKUTI , Kenitiro @kenitirokikuti 2015年2月23日
17、8年前、茨城県の大学で秋田県の地主の跡取りが同期だったが、農村部に聞き取り調査に行ったら全然わからんかったと言ってたな。
黎🦉🐈 @saitou_rei 2015年2月23日
おじいちゃんおばあちゃん位になると地元民ですら何言ってるか聞き取れないし、本人からしたら津軽弁が標準語みたいなもんだし頑張って聞き取ってもらうしか無いんでね…
NTB006 @NTB006 2015年2月23日
書いても駄目なのでしょうかね? ご老人でも文書は共通語で教育を受けたと思いますが。言葉が古すぎるというのは辞書で対応など。
眠る羊 @sleep_sheep2010 2015年2月23日
四国ですが、診察机に方言の翻訳一覧表挟んでる病院もありますね。なぜ標準語で話さないかについては、「方言だと知らずに話している」「標準語と微妙なニュアンスが違う」っていうのもあると思います。(例えば「しんどい」と「えらい」は同じようなニュアンスで、どちらも標準語では「大義だ」などと翻訳されますが、意味は微妙に違います)
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2015年2月23日
tsuyoshi_cho あ、あと「なんとかなる」としてますが、あくまで平時で。つうか緊急時は(標準語話者だったとしても意思疎通できるとはかぎらないが)、たぶん翻訳できる人がいたとしても、かなりリスキーになっちゃうだろうな...
銀花🐱WithAllMyHeart💖 @SnoWwhite0331 2015年2月23日
蝦夷内陸部と、浜に住む人間では確実に浜言葉は外国語に感じるもんねー(-_-;)。 (北海道は基本、標準語って括りがあるけど、浜は訛りが凄いので、聴いても申し訳ないけど、“翻訳”なしでは理解できない)
匣河豚工房 @hakofuguf 2015年2月23日
元々思考言語が方言でがっつり出来上がってる上に、年とるとよけいその傾向が強くなるんじゃないかと、うちの身内で外に出たことある人でも年を重ねる毎に方言に戻るのが早くなりますしまして外に余り出ない昔の人では。
くすき @kusuki_xx 2015年2月24日
一緒に住んでいる親子・祖母孫間でも通じない言葉があるのに、これを他人同士でやるとは気苦労が耐えないだろうと同情します。 本人達はいたって標準語を話しているつもりなのですから、「標準語使え」って言われても傷つくだけだよね。 筆談したくても年を取るにつれ、どんどん読めない字で文法なんてめちゃくちゃですし。
くすき @kusuki_xx 2015年2月24日
こういった事例を聞くと、年寄りが生まれ育ち生活していた場を離れて、一新した生活を始めるという事がどれだけのストレスになるのか… 過疎地など不便であろうと離れる事に恐怖すらするだろう。何も考えずに不便な地に住んで被災したりすると自業自得と罵る人もいるが、事情を考慮してほしいものだ…
あけみさん @akemi127 2015年2月25日
茨城だけど近所のおばちゃんが大学付属病院へ入院した時に研修医の人たちが茨城弁を理解するためによく話をしにきたって言ってたっけ。関東圏でもそういうことあるんだもん・・・長年茨城に住んでいて全然理解できないことはないけどネイティヴ茨城弁がわからないことがたまにあるから東京辺りからきた人にはわからないこともあるのだろうなぁと納得した出来事。
🍛📷@うぉーうぉーしました @LivingRust 2015年2月25日
20代ですら自分の使った単語が通じず「これ標準語じゃないの?!」という事態も起きるくらいなので、標準語に触れる時間が短かった高齢者は標準語が話せなくてもおかしくない。私の祖父母も標準語が本当に不得意だった。聞き取りは出来るが、自分の言葉を標準語に置き換えることが出来なかった。あと標準語に置き換えられない表現や単語というのもあるし。あと生まれ育った土地でも古い言葉が分からないこともあるのよ…。
Azimong @ruribitaki6 2015年2月25日
私の父も、本人は標準語を話しているつもりでも訛りまくりなのを思い出しました。亡くなった祖母など、喋っている事の2〜3割はわかりませんでした。同じ県内でも、離れていた所に住んでいた舅、姑の話す内容は、当初半分くらいしかわかりませんでした。身内や同じ県内でさえこんな状況ですから、何をかいわんやですよね。医療関係者の皆様の御苦労がしのばれます。
Megatherium @Dairanju 2015年2月25日
北東北に十数年住んでいたけど、職場では、「自分はこっちの出身ではない」ということをまず周囲に伝え、相手に「標準語モード」に切り替えてもらう必要があった事を思い出した。
ベンがみさん @taku_dokaben 2015年2月26日
LivingRust 「おちょきん」や「ズック」を標準語だと思って使っていた私が通ります。
こぱんだ上等兵 @42cynthia42 2015年2月27日
28歳までの間に18回全国転居したけど、その土地から離れない人達ってテレビ観てても日常会話が方言じゃないってガチで思っているから(このあたりは『舞子はレディ』って映画見ると早い)。うろ覚えだけど、日本語にも実は現在完了形などがある地域もあった気がする。そのぐらい違う。
シンダーハンネス @karasukame 2015年2月27日
暴論なのは承知の上だが、方言を滅ぼして言語の均一化を図るのは大切だと思う。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2015年2月28日
既存言語を滅ぼして均一化なら日本語を滅ぼして英語にするしかないでしょうね。そのほうが便利だし。
如月 宗一郎 @S_kisaragi 2018年9月25日
「主に地方で行われる仕事」で、かつ「高齢化している」林業だと、もー大変。しかもここに無駄に伝統的な仕事らしく「符丁」まで加わるから、よその人や若い人が物理的に入れない。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする