【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】

宗教学者 島薗進氏のツイートをまとめました。 雑誌『科学』2015年3月号掲載のstudy2007氏による論文の紹介です。 原発事故発生後、初期被ばくスクリーニング基準値が大きく緩和され、避難者や住民の初期被ばく状態が把握しにくくなり、それが現在の初期被ばく過小評価につながる仮定が検証されています。
震災 原発 初期被ばく スクリーニング
54
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011
岩波書店『科学』2015年3月号。 「見捨てられた初期被ばくースクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」study2007さん pic.twitter.com/bZ75VkfwMd
拡大
拡大

岩波書店 雑誌『科学』
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/

島薗進 @Shimazono
1【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯】study2007氏の重要論文『科学』3月号。原発事故直後に被ばく安全基準が大きく変えられ、健康影響対策をとらず「心のケア」ですませる方向転換がなされた経緯。iwanami.co.jp/kagaku/
島薗進 @Shimazono
2【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】。2014年12月25日に開示された政府事故調ヒアリング記録により、2011年3月12日から15日にかけて放射線被ばくのスクリーニング基準が引き上げられた経緯が明らかになった。
島薗進 @Shimazono
3【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】「1歳児甲状腺等価線量100mSvに相当する表面汚染40Bq/㎠または大口径GM管サーベイメーターによる1万3000cpmがスクリーニング基準値として定められ、それを超えた場合は」
島薗進 @Shimazono
4【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】「ヨウ素剤を服用することなどが緊急被ばくマニュアルなどで定められています」。ところが今回の事故では、10万cpmに引き上げられた。緊急被ばく医療機関、福島医大で3月13日に急きょ決断。
島薗進 @Shimazono
5【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】。細井義夫氏(広島大緊急被ばく医療センター副センター長)が提案し決定。1万3000cpmではそれ超える人が多いので除染(水が必要だがそれがない)等、対処しきれず、避難に支障を来たすため。
島薗進 @Shimazono
6【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】。ヨウ素剤服用についての指示はなされなかった。関係者は服用していたが、スクリーニングを受ける人には指示されず。1万3000cpmを超える人たちにどう対処するかは討議もされなかったらしい。
島薗進 @Shimazono
7【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】。14日夜、汚染のひどい患者を放医研にヘリコプターで送る。その際、放医研の緊急被ばく医療の責任者、明石真言氏は「人命救助を優先するため、既に福島県立医科大学で適用されている」
島薗進 @Shimazono
8【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】「10万cpmを原子力安全委員会(国)が正当化してくれるよう働きかけます。その結果、原子力安全委員会は20日付でスクリーニング基準値の変更を行い、翌21日には厚生労働省からも」
島薗進 @Shimazono
9【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】「各自治体宛に「新基準」が「事務連絡」されることになります。」これは救急患者に限ってのこととしてという認識だったはず。ところが、一般住民についてどうするかは専門家が議論した形跡がない。
島薗進 @Shimazono
10【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」】一般住民は1万3000cpmまで下げるべきとの認識が抜け落ちた。「21日の厚生労働省による「事務連絡」では「10万cpm未満のものについては保健師が心のケア等を実施し、説明後帰宅」とされています。」
島薗進 @Shimazono
11【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】「つまり、スクリーニング基準値の引き上げに関する一連の経緯を見る限り、本来の目的である汚染の拡大防止や甲状腺がんなど確率的影響への防護措置は完全に抜け落ち、」
島薗進 @Shimazono
12【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】「対応できない事故への形式的な追従と国による後付けの正当化がなされているに過ぎません。そして、混乱のなか引き上げられたスクリーニング基準値10万cpmは、2,011年8月29日付の」
島薗進 @Shimazono
13【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号】「原子力安全委員会の助言にもとづいて、原子力災害現地対策本部から1万3000cpmへの引き下げが通知されるまで、福島県および関係し著損で用いられ続けることになります。」
島薗進 @Shimazono
14【見捨てられた初期被ばく―スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」『科学』3月号。まったく科学的根拠がない10万cpmという新基準値が「健康に影響を及ぼす量ではない」として通用し、多くの人々が「安心」を強要され、健康影響低減の機会を奪われたことになる。(続)

コメント

studying @kotoetomomioto 2015年3月8日
「心のケア」を発明した人というのがどっかには居るんだろうけど、その人のヒアリング記録があるのかどうかは未だナゾ。
永添泰子(まっとうな人を議会に送ろう!) @packraty 2015年3月8日
「心のケア」って何?意味が分からない。「もうすでに被曝したんだから黙って、あきらめなさい」ということですか?
studying @kotoetomomioto 2015年3月8日
「上記の対応により、健康に影響のないレベルになる」。驚くべき一文だ。、、、⇨これを発明した人もヒアリングには出てこないのよね。
studying @kotoetomomioto 2015年3月8日
流れ的には、3月13日の夜から14日朝までの数時間で創作したはずではあるんだけど、、。
studying @kotoetomomioto 2015年3月8日
そういう意味では「検査縮小」「安心安全」「ストレス」「心のケア」みたいな、あらゆる場面で繰り返され続けてるアレ系のひな形は、3月13日夜から21日朝までのわずか1週間足らずで完成してるわけよね、既に、、。
studying @kotoetomomioto 2015年3月8日
で、特に問題なのは、そういった隠蔽というかすり替えというか、1週間の間に完成した「安心安全キャンペーン」のせいで、東京とかの21日前後の被ばくを防ぐことにも失敗してしまった、、的な?
studying @kotoetomomioto 2015年3月8日
で、さらに凄いのは、その超アレな流れのまんま、今パブコメに出てる原子力災害対策指針(案)では、「どうせ汚染されるんだから4万cpmで良いよねw」とか言って、基準値を引き上げちゃってるんですよねhttps://twitter.com/study2007/status/574073093171232768 
studying @kotoetomomioto 2015年3月8日
つまり「福島では失敗して問題になっちゃったから、基準値を上げて文句言われないようにしとこう」という、、。まあ、ある意味「福島の教訓」を活かしてるわけかもしんないけど。
studying @kotoetomomioto 2015年3月8日
(ぜひ班目さんにマンガにして頂きたい案件)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする