10周年のSPコンテンツ!
5
渡邊芳之 @ynabe39

千の風になって。

北海道帯広市 · twilog.org/ynabe39

渡邊 芳之(わたなべ よしゆき、1962年4月22日 - )は日本の心理学者。帯広畜産大学人間科学研究部門(人文社会・体育学分野)教授。博士(心理学・東京国際大学)。 佐藤達哉、尾見康博との共同研究を中心に心理学論、心理学史、人格心理学や血液型性格分類の批判的検討などの分野に論文・著作を持つ。趣味はレコード蒐集。
http://ja.wikipedia.org/wiki/渡邊芳之

渡邊 芳之 -帯広畜産大学-
http://www.obihiro.ac.jp/ichiran/watanabe_yoshiyuki.html

 

渡邊芳之 @ynabe39
犯罪を犯させない強制力がこれだけ強い効果を及ぼしている社会で「自分も明日は犯罪者になるかもしれない」という古典的なイマジネーションを持つのはけっこう難しいのではないか。
渡邊芳之 @ynabe39
凶悪犯罪が少なくなればなるほど凶悪犯罪を犯す人と自分との主観的な距離は遠くなっていくと思う。
INOUE Akihiro @inoueakihiro
@ynabe39  「種」とか「型」くらいが適切でしょう。ABO血液型だって、「型」だから優劣関係が感じられないが、戦犯分類のように「級」だったら、AがBより優秀だとか言い出す人が出てくるでしょう。
渡邊芳之 @ynabe39
社会経済的に恵まれていて(その人たちの持つ世界観的には)犯罪に手を染める可能性の低い人ほど「自分も明日は犯罪者になるかもしれない」というイマジネーションを持っている、あるいは表明しているという皮肉。
渡邊芳之 @ynabe39
「層」っていうとやはり上層と下層がイメージされてる感じがある。
しまぽん @sintach
@ynabe39 「自分もいつか犯罪者になるかもしれない」と言っただけで犯罪者扱いされかねないので、そういう気持ちを持った人が、誰にも相談できなかったり、「そういう人」が集まる場所に隔離されてしまう状況があるのかな、と思います。
渡邊芳之 @ynabe39
「凶悪犯罪に手を染めることの利得が究極まで小さくなって、じっさい凶悪犯罪が史上最低まで激減している社会」で、それでもなお凶悪犯罪を犯す人に対しては「異常」のイメージが帰属されやすくなり、共感や同情の対象にはなりにくくなるのは自然といえば自然な心の働き。
渡邊芳之 @ynabe39
いずれにしても議論は「いまの日本は歴史的に見ても比較文化的に見ても稀有なほど凶悪犯罪の少ない社会である」というところからスタートしないと。
Shoko Egawa @amneris84
神奈川県警は、3人の取調べを録音録画しているとのこと。県警幹部が「少年は誘導されやすいので、供述の過程を証拠として残すことが大切」と。時代は動いている →ずれる供述、遠い解明 場当たり的犯行か 川崎・中1殺害 - 朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…
渡邊芳之 @ynabe39
同じ意味で、犯罪の少ない社会ほどなんらかの異常や行動の障害が犯罪と結びつくイメージを帯びやすくなることも配慮しないとならない。
渡邊芳之 @ynabe39
これだけ注目される事件だと捜査に問題や落ち度があったらそうとう批判されるのが予想されるもんね。
渡邊芳之 @ynabe39
いまの日本で犯罪やその処罰について考えるときには「自分も明日は犯罪者になるかもしれない」というイマジネーションが「当たり前」ではない社会になっている、というのは意識しないといけないと思う。
渡邊芳之 @ynabe39
この話題では「自分がほんとうに危惧していること」をそのままの形では書けないので「そこんところ感じ取って〜」としか言えない。

コメント

りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年3月9日
「明日自分が犯罪者になるかもしれない」を字面まんまに捕らえてる人初めて見たような気がする。あれニュアンス的には「なるかもしれない」つーよりは「されてしまうかもしれない」の方が近いぞ多分。
MaliS @MaliSNacht 2015年3月9日
自動車の運転免許持ってたら、普通は、この程度の「イマジネーション」は持ってるはずなのだけど…。
f。 @_ffff 2015年3月9日
このての話のコメント欄とか見てると、もはや自分とは別種の生物なんじゃないかと疑いたくなるほどに、「犯罪者」なんて自分とはまったく別種の生物くらいに思ってそうな人がいてちょっと怖い。
高槻の生活保護受給者 @Starving_nomad 2015年3月10日
何を以てして「凶悪犯罪」と定義せしめ、どのようにカウントするのか。「世界規模で見ても大量の自殺者」を生む社会構造において「凶悪犯罪」は本当に稀になっているのか。等々、疑問は絶えない。
高槻の生活保護受給者 @Starving_nomad 2015年3月10日
「エクストリーム自殺」などと一部界隈で呼ばれる不可思議なカウントの「自殺」も有ることだし、「凶悪犯罪」まで含めた犯罪一般は潜在化して見え難くなってるだけなんじゃないですかね。
高槻の生活保護受給者 @Starving_nomad 2015年3月10日
軽犯罪法違反や道交法違反、労基法違反は増え過ぎてて取り締まられてないだけだし、「明日自分が犯罪者になるかもしれない」じゃなく、現に犯罪を犯しているけど逮捕されず自覚も無い犯罪者が多いだけのように見えますよっと。
高槻の生活保護受給者 @Starving_nomad 2015年3月10日
罪刑法定主義の日本で、その罪刑を定めた法をどれ程の人が認知してるかという問題をおざなりにしたまま上っ面の心理だけ追ってみたところで、実態との整合性がどれだけ担保できるのか、甚だ疑問です。ぼくはほとんど知らないと自覚してますよ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする