10周年のSPコンテンツ!
0
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
誰も彼の物語なんぞ愛していない。彼より、彼の人格や経歴とは切り離されるべき彼の物語が、こうして茶にされて今後一切正当な批評も評価もされないだろうことに、それを出した会社と、物語に携わる喜びを売り渡した人々を、心から軽蔑する。物語があまりにも可哀想だ。出来不出来があったとしても。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
馬鹿な表現規制の同じ間違いを同じように繰り返して、同じように規制されて同じように迫害されて、それでその歴史に残るから、って言ったって慰めにはぜんぜんならない。私はそこまで突き放して作品描けない。いつも不出来でも自分の子だと思っている。まあ、それが出来る器用な人はいいだろうけど。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
その小器用さが、こういう馬鹿げた何でも茶にするだけの恐ろしい批評の貧困と、呼応する表現の貧困、そして物語の、書籍の世界をとんでもない荒野にしてしまった。私はそういう人々より少し後の世代だけど、それでも少し関わったものとして心より恥じる。器用さよりも真摯でありたいと思ってきたから。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
それだけ物語を愛してきた。学ぶ以上に、本当に心踊らされ、悲しみ、怒り、共感してきた。だから物語を今でも書いている。下手だと言われ、踏みつけにされても、書けること、書いて学ぶことが嬉しかった。だから安易な言いがかりには苦しくても抵抗してきた。実際は安易な解決を選ぶ会社だらけだが。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
これでめでたく物語に心動かされたりするよりも、商品として茶にしたり言い掛かって騒ぎを楽しんで「多様な消費のスタイルを取ることができる」社会ができたわけだ。私は自分を省みて、ものすごい無力感と、その上で自業自得とさらに自分を責める。ただただ悲しい。消費者様には絶対に勝てません。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
なんかね。私が嫌ってるものがちゃんと伝わらないところが悲しい。彼も消費者ですからね。正当な批評が殆どなされていないことはわかりそうなものなのに。でも「正当な批評」を読んだことがないから、今の状態の異常さがわからないんだろう。悲しいよ。本当に。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
私なりにやっていてもいつまでも過去を持ち出して、浅い理解で結局は誹謗中傷になるという。私の身から出た錆とはいえ、どこが公平なんだか。読む力もないし。読者と消費者は違うんだけどね。もうちょっと書籍問題の本ぐらい読もうよ、と思ったけど、自由にやりたいんだから仕方ないね。もういいよ。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
好きにやればいいよ。そうやってトゥギャることの価値を落としたいんだから。ヲチの流儀でいきたいんだろうから。10年だの8年だのの昔を持ち出して、ずっと粘着してこれからもそれ続けるんだろう。続ければ?私の自戒だの反省だのはスルーだし。まあ、何を言っても無駄だとは始めから思ってたけど。
畑 七生 @z_115
@yoneden 過去の話って?ヲチって?私の最初のTogetterはこれで、このトラブルというか、一方的なつぶやきが腑に落ちなかったため、まとめてみたものです http://togetter.com/li/59349
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
なんか、あんまりアホな読み方されると、それも自分の責任に思えてくる。いや半分はそうなんだと思ってる。まじで。
畑 七生 @z_115
@yoneden せめて消費者じゃなく、読者としてできることは、まず作品を読んでみる事なのでは?
畑 七生 @z_115
@yoneden さんのツイーとを拝見する限りでは、消費者も、読者もなく、作者がみえるだけ。もちろん、そのyonedenの執筆態度を否定するわけではありません
畑 七生 @z_115
@yoneden 自戒だの反省だのはスルーといわれても……最近作を拝読している限りでは、どこにそれがあるのかわかりませんでした
畑 七生 @z_115
@yoneden いえいえ、責任は全て私個人にあります。アホとかいわれる事も含めて
畑 七生 @z_115
@yoneden あと、蛇足ですが、yonedenさんの面白い、参考になったという意見もまとめさせてもらってますよ http://togetter.com/li/60284
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
@z_115 すまないけど、今時間がちょっと足りなくて忙殺されてるのでお返事後でさせてください。ヲチについては米田淳一あるいは※でぐぐれば山ほどヲチスレとそのまとめwikiが出てきます。全然おすすめできませんが、深入りしたいのなら仕方が無いのかもしれません。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
@z_115 なんとなく事情が飲み込めてきた感じなので、とりあえずリセットします。ヲチャにはいろいろ犯罪をやられてきたのですが、あなたはそれとは違うかもしれませんね。リセットし、ご疑問点にはあとでお答えします。そしてこれまでの度重なる過剰な非礼をお詫びします。すみませんでした。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
@z_115 本当にヲチャにはいろいろ洒落にならないことされてきたので、ああ、またか、という感じになっていました。真摯な批評についてはお答えするのは仕事のうちですが、騒ぎで茶にすることは何も生まない。水嶋さんもそうです。異常な評価がどれだけ書き手に取って辛いか、少しわかるので。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
@z_115 ともあれ、ほんと、非礼すみませんでした。悪しき消費者と生産者という関係には金と欲しかないですが、読者と作者については互いへの信頼とそれゆえの批評が成立すると思うし、それが書籍の世界の根幹だと思っています。そして消費と生産も、本来はそうなることが理想だと思っています。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
批評の世界が狭くなっているのは、たとえば「恋空」とかをまともに評価も批判もできないところ。あれはケータイ(昔の)に最適化された形であることは間違いないと私は感じました。小説でないかもしれないけど、あれが面白いというのは十分あり得ると思いました。規範批評しちゃダメだと思うのです。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
あと、私は時々一方的につぶやきますが、それは私のつぶやき以上でも以下でもなく、その上具体的に相手を晒すのは嫌だからという理由です。よくわからないというなら、それで私は十分です。責は私だけに存在すればいい。晒すと尻馬に乗って騒ぎにする連中が湧いて出てくるから。それは嫌です。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
腑に落ちないのが私というなら、それはそれでいいんです。世の中のすべてが腑に落ちるなんてことはない。私だって腑に落ちない。でも、つぶやきはつぶやき以上でも以下でもない。だからツイートの自由はあし、そしてトゥギャられるのとトレードオフだ。でも、関係した人まで巻き込むのは申し訳ない。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
RT問題にしろ、炎上という問題にしろ、「だとしたら問題と思われ」が一番のトラブルを起こしていると思う。問題があるのならちゃんと問題について聞いて欲しいけど、コメントにコメントをどんどん重ねていくところで伝言ゲームになり、騒ぎになる。それで幸せになるのは野次馬だけ。それがとても嫌。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
商売として読者さんの言葉を「こんな喜びの声が!」とやれるほどの神経持てないし、批判は十分以上に悪意アリアリのヲチサイトでやられている。読者さんから好意的なリプライ貰っても、RTしてこなかった。迷惑かけたら嫌だから。ほとんど@でやってきた。読者が見えないのは意図してやってる事。
米田淳一(鉄研総裁とJAM感謝) @YONEDEN
それと、自分語りなんて言われるけど、自分のことを書かないでやれってことなのか。そうしたら「だとしたら問題だと思われ」に近づいていくのでは。自分の立場も明らかにしないで伝言ゲームするのは嫌だ。でも自分について語っちゃいけないTwitterって、なんなのかよくわかんないけど。
残りを読む(1)

コメント

畑 七生 @z_115 2010年12月16日
さすがに…なので、気になった点にツッコミ >物語があまりにも可哀想だ。出来不出来があったとしても。 読まれないのが一番可哀想だと思うし、読んでもいないのに 「誰も彼の物語なんぞ愛していない」との断定する態度も、 氏が軽蔑すると書いた人々と同じなら、まず読んでみる事 が全ての始まりなのでは?
畑 七生 @z_115 2010年12月16日
>器用さよりも真摯でありたいと思ってきたから。 世間一般と米田淳一氏のいう「真摯」という言葉の意味が 大きく異なり、行動と矛盾する点が、氏が色々目立つ理由
畑 七生 @z_115 2010年12月16日
>消費者様には絶対に勝てません。 「消費者」に勝てなかったのではなく、読者を裏切った (という言葉はキツイかもしれませんが)結果なのでは
畑 七生 @z_115 2010年12月16日
よくわからない事(今の事を言っているのに過去の事とか、8年前の事とか、ヲチとか)を言われるので、ちょっとだけお付き合いしてみました
畑 七生 @z_115 2010年12月16日
お返事いただいたので、追記しました
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする