第40回IT勉強宴会【DDD,UML,DOA競演モデリング発表会2】tweetまとめ

https://atnd.org/events/64593 での3つの発表の様子
2
nmrmsys @nmrmsys

今回、渡辺さん来られないのか~、残念。「モデリングの標準問題から学べること」設計者の発言 bit.ly/1O6GMEl 第40回IT勉強宴会【DDD,UML,DOA競演モデリング発表会2】 #benkyoenkai atnd.org/events/64593

2015-04-20 12:57:47
nmrmsys @nmrmsys

今回は早めに到着して、まったりモード。 #benkyoenkai

2015-04-25 13:48:28
Takuya Kitamura @chipstar_light

第40回IT勉強宴会【DDD,UML,DOA競演モデリング発表会2】 #benkyoenkai atnd.org/events/64593 これに行こうと思ったけど、手前の広場で肉汁祭なるものが開催されていて、心が揺らいでいる

2015-04-25 13:53:39
かわべ たくや @kawakawa

始まった! / 第40回IT勉強宴会【DDD,UML,DOA競演モデリング発表会2】 #atnd #benkyoenkai atnd.org/events/64593

2015-04-25 14:01:27
nmrmsys @nmrmsys

トップバッターは後藤さん、今日もワイルドな感じだw #benkyoenkai

2015-04-25 14:02:48
かわべ たくや @kawakawa

『モデリングの3つの本質に加え、DDDとして1つ加えると「動くモデルであれ」という考えがある』 #benkyoenkai

2015-04-25 14:04:34
nmrmsys @nmrmsys

モデリング原則 本質、大局観、効果的な伝達。それに+1で動くモデル #benkyoenkai

2015-04-25 14:04:37
nmrmsys @nmrmsys

システムとは何か?、人間系も含めてシステムですよねー #benkyoenkai

2015-04-25 14:07:06
Takuya Kitamura @chipstar_light

ということで、今日はこれに参加! 第40回IT勉強宴会【DDD,UML,DOA競演モデリング発表会2】 #benkyoenkai atnd.org/events/64593

2015-04-25 14:07:58
かわべ たくや @kawakawa

『設計には意図がある』 いい言葉だ。 #benkyoenkai

2015-04-25 14:09:19
nmrmsys @nmrmsys

何を設計要素とみるか、渡辺さんの三要素モデルでは、受払予定ではないか、私はそう見ました。 #benkyoenkai

2015-04-25 14:11:26
杉本啓 @sugimoto_kei

問題のドメインーシステムのドメインー作り方のドメイン。この三層モデルはわかりよいね。#benkyoenkai

2015-04-25 14:13:18
杉本啓 @sugimoto_kei

後藤さん。ドメインスコーピングとドメインモデリングを分ける。これは、エヴァンスさんのDDDというよりコプリンさんのマルチパラダイムデザインだね。 #benkyoenkai

2015-04-25 14:16:22
杉本啓 @sugimoto_kei

目の前の業務だけでなく、世間の他の事例も見る。個別アプリケーションを超えたドメイン指向ですね。 #benkyoenkai

2015-04-25 14:18:40
かわべ たくや @kawakawa

『DDDのとっかかりとして、「概念を取り出す」、「名詞にこだわらない」、「動詞(挙動)に注意する」』 #benkyoenkai

2015-04-25 14:19:42
杉本啓 @sugimoto_kei

DDDでは、名詞だけでなく動詞(振る舞い)にも着目する。#benkyoenkai

2015-04-25 14:20:14
nmrmsys @nmrmsys

ドメイン分析の際に引きで見てみる。縦で切る。横で切る。モデリング原則にあった大局観って、そういう事か #benkyoenkai

2015-04-25 14:21:20
かわべ たくや @kawakawa

『次に、DDDでは境界づけられたコンテキストと呼ばれる、コンテキストを見出す作業を行う』 #benkyoenkai

2015-04-25 14:23:55
杉本啓 @sugimoto_kei

境界づけられたコンテクスト。コンテクストが違えば言葉があ変わる。情報の単位も変えて良い。(この辺がいわゆる「サブシステム」と、ちょっと違いますね)。境界の「あちら」と「こちら」をコンテクストマップでつなぐ。#benkyoenkai

2015-04-25 14:23:58
杉本啓 @sugimoto_kei

販売管理と在庫管理のコンテククストマップ、面白い。販売管理側では「在庫、在庫」と言わない。「受注可否確認」を依頼する。コンテクストマップがそれを「在庫確認」に変換する。#benkyoenkai

2015-04-25 14:25:58
かわべ たくや @kawakawa

『暗黙的だった概念を明示化してみる (仕様パターン)』 #benkyoenkai

2015-04-25 14:26:40
nmrmsys @nmrmsys

おお、コンテキストごとに状態・操作に名付けをして、コンテキスト境界を越えた場合は、マッピングできる概念を探すのか、後ろにドメインエキスパートの存在が感じられていいなあ #benkyoenkai

2015-04-25 14:27:03
杉本啓 @sugimoto_kei

責務のレイヤ。業務機能はレイヤ化できる。在庫ロスを減らすというひとうの問題に対して、潜在能力/業務/確約/ポリシー/意思決定といった各レイヤでの対応が可能。どの部分を対象にするのか確認する。 #benkyoenkai

2015-04-25 14:28:59
杉本啓 @sugimoto_kei

(DDDの戦略的設計のパートはよく練られていると思う...) #benkyoenkai

2015-04-25 14:31:17
かわべ たくや @kawakawa

『責務のレイヤーに割り当てることで、ロス率軽減を意思決定とし、ポリシーとして「新鮮な花の維持」と考えると、「品質維持可能日数」という新しいパラメータが見えてくる』 #benkyoenkai

2015-04-25 14:31:18
残りを読む(50)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?