10周年のSPコンテンツ!
85
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
『バトルシップ』って『コマンドー』みたいな日本限定カルト映画になりそうな予感がする。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
昨日は『バトルシップ』が盛り上がってたけど、なぜこの映画が面白く見えるのか、その構造をちょっと分析してみた。  結論から言うと、「異星人があんまり強くない」ってところがミソ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 強大な敵を倒すことで、観客にカタルシスがもたらされる……というのが、この手の話の基本。当然、敵は強い方がいい。  ところが、あまり敵を強くしすぎると、主役側が勝敗をくつがえすことが困難になるというジレンマがある。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 そこで、これまでのこうした作品では、主役側が不利な戦局をひっくり返すための仕掛けを用意していた。 A「地球側がすごい超兵器を出してくる」 B「侵略者側にあからさまな弱点を設定する」  基本的にこの二択。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 日本の作品だとAのパターンが多い。巨大ロボット・アニメの多くはそうだし、『地球防衛軍』のマーカライト・ファープや、敵は異星人じゃないけど『海底軍艦』の轟天号もそう。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 アメリカ映画だとBが多い。古くは『空飛ぶ円盤地球を襲撃す』。もちろん『インデペンデンス・デイ』や、『スター・ウォーズ』のデス・スターとかもそう。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 『バトルシップ』はそのどっちでもない。確かに異星人が光に弱いという弱点は設定されてるけど、勝敗の決定的な要素にはなってない。  最後は砲弾とミサイルの撃ち合いで勝負が決まる。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015あと、 異星人がビーム兵器を使わないのも特徴。あのパンジャンドラムとかも、冷静に考えてみると、実は地球の現用兵器と破壊力は大差なかったりする。  つまり、まともに戦っても勝てる可能性があるように、最初から設定されている。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 なぜ主人公側がピンチに陥ったかというと、ハワイ一帯がバリヤーで封鎖されて援軍が呼べなかったから。あのバリヤーがなかったら、たちまち地球側の総攻撃くらって壊滅してた。つまり、実はかなり弱い侵略者なのだ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 それでも強そうに見えるのは、パンジャンドラムとかの絵的なインパクトで、「すごい科学力だ!」と観客に印象づけてるから。  すごい科学力だから強そうに見えて、「どうすれば勝てるんだろう」とはらはらしてしまうわけだ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 だからあのパンジャンドラムにも、作劇上、大きな意味がある。絵が派手なので、本当はあまり強くない侵略者を、「強い敵だ!」と観客に錯覚させる効果があるわけだ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 しかも、主人公側の逆転の秘策が、最新の超兵器なんかではなく、昔の戦艦というところが、上手い仕掛けだ。  つまり『バトルシップ』という映画は、従来のパターンのAもBも否定してるのだ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 「強大な敵をどうやって倒すか」ではなく、「そんなに強くない敵をどうすれば強いように見せかけられるか」という発想の転換。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 まあね、確かにバカ映画だと思うよ(笑)。ラジー賞を総舐めにしたっていうのも分かるわ。いくらなんでもミズーリに実弾積んであるとは思えないし。そのへんは嘘と割り切って観ることを要求される。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 ただ、バカ映画ではあっても、かなり計算されて作られているのは確か。そのへんは素直に評価すべきじゃないかと思う。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 まあ、僕も小説の中でこれまで何度もバトルのシーン書いてきて、そのたびに「どういう展開にすれば最も燃えるか」で頭悩ませてきたからなあ。主人公側があっさり勝っちゃったら面白くない。ぎりぎりまで危機感を盛り上げたところで、どうやってひっくり返すかが難しい。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 だから『バトルシップ』の監督・脚本家も、かなり頭ひねって、ああでもないこうでもないと悩みながら、プロット組み立てていったと思うんだよね。

コメント

ならづけ @nara_duke 2015年5月5日
「実は地球の現用兵器と破壊力は大差なかったりする。」 元がボードゲームだから打撃力と防御力が互角なのは仕方ないですやん...
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年5月5日
面白くなったのはたまたまな気がするw頭をひねったっていうよりもウェーイウェーイで決めたというかwもっとも見てるだけで内実がしれちゃうってこともないだろうから実際には知らんけどw
arabiannightbreed @a_nightbreed 2015年5月5日
あの異星人たちは母星で食い詰めた少数派で、一発逆転の夢にかけて植民惑星候補(地球)を探査しにきた、とか、あの射程距離の短そうな兵器類は実は資源採掘用の発破とか削岩機だったとか考えると切なくなる。
ハドロン @hadoron1203 2015年5月5日
深く考えちゃダメというか、突っ込んだら負けというか。こういう芸風をあえて楽しむのが、日本人ならではだと思う。
arabiannightbreed @a_nightbreed 2015年5月5日
B「侵略者側にあからさまな弱点を設定する」について、別の言い方をした人がいて、なるほどと思った次第。曰く「既に運用している兵器と作戦とチームワークの組み合わせで強大な敵を倒すというのは、現在進行形で戦争遂行中のアメリカらしい」。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年5月5日
TLで、「あの異星人たちは宇宙船の航宙機能と通信機能が壊れたために、やむなく地球に不時着。修理資源ないし通信手段を求めて四苦八苦したものの、現地の知的生命体(地球人)とのファーストコンタクトに大失敗した挙句、うっかり戦闘しちゃって後戻り出来なくなった挙句、結局殲滅されてしまった気の毒な漂流者たち」というのを読んで、なるほどなあと思ったwww
G.Foyle @GFoyle1 2015年5月5日
tikuwa_zero >結局殲滅されてしまった気の毒な漂流者たち 「納得力」(^^ ありますなぁ あのかなり徹底的な非戦闘員(物)の選別とか、 昨今のこの手の映画の敵対者としてはかなり人に近い姿とか ある意味製作者側の自傷行為なのかとも
トラベラー @Traveller3110 2015年5月5日
手法としてAでもBでもないというのは対戦ゲーム由来の作品でよく見るね。打ち手にこだわりが見えるのもそう。かるたとかTCGとか…… (麻雀だとAのケースがある気がするけど)
darkwood @major_oaks 2015年5月5日
バリヤーは水中には展開されてない感じだし、宇宙人は対潜兵器は持ってない感じなので、潜水艦を繰り出せばいいやんと思った。レーダが使えなくてもソナーが有るしね。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年5月5日
あの兵器の呼び名は完全にスペースパンジャンドラムで確定したんだ
おだ @sippoda 2015年5月5日
基本的に古いメカをリサイクルして旅に出るってのは男は好きなのよ。 ヤマトもちょっと違うけどフォルムはわざわざ古い戦艦だし。 松本零士も好きだと思うよバトル湿布。
ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 2015年5月5日
ピンの刺さった数まで原作準拠と聞いてびびった。「戦艦が簡単に沈むか!」=4本刺さったら沈んでた マジか……
夢守雷樹 @Raiju202 2015年5月5日
major_oaks 壺|Д゚)∫本編中のバリアーの説明で海面下にも展開してる旨の説明があったと思います。
聖夜 @say_ya 2015年5月5日
実のところ海のプレデターと言っていいくらいストーリー構造やガジェット配置はほぼ同じです。硬度な文明を持つ割に未熟で前近代的な戦いをする異星人とかまんまですね
聖夜 @say_ya 2015年5月5日
ターミネーターやエイリアンが最初から(予算規模も含めて)2を作ってたら似たような評価だったのではないかと。
l-m @light_m 2015年5月5日
地球発の電波を拾って即座に星間宇宙をかっ飛んで来れるエイリアンなんだから、『低レベルかつ初期装備(実体兵器オンリー)での縛りプレイ』で成人の儀式でもしてたんじゃないかなぁw
川崎さとし @haya808 2015年5月5日
「『コマンドー』みたいな日本限定カルト映画になりそうな予感がする」・・・いや本当に。コマンドーみたいに台詞ネタがいろんなとこで使われると思う。
darkwood @major_oaks 2015年5月5日
Raiju202 見逃してたようです。ご指摘ありがとうございます。
ざ_な_く&890P@VOCALOID&VTuber @z_n_c_890_P 2015年5月5日
いつか、日本でも「ラズベリー賞」を獲れそうなバカ映画を撮って欲しいものです。文春きいちご賞が休止したのは寂しい限り…
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年5月5日
て言うか「兄弟の軍人で兄が戦死して弟が主役」「古い戦艦を掘り出してきて宇宙人と戦う」て言う時点で日本では受けるのも無理無いわけで
しぇりりん(令和の次はがんばる) @m_sheririn 2015年5月5日
長門が健在だったら日本でも長門を最後の切り札で使う映画が作れたんだろうなぁ…。ファーストコンタクトに失敗して戦争になったといえばイデオン…
とくがわ @psymaris 2015年5月6日
Dam_midorikawa というより多分そのあたりも含めもろに日本狙いな気がします。確かタカラトミーが関係してたような… なんでアメリカで撮った。アメちゃんに受けないだろう別に、としか思えない。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年5月6日
psymaris 昔「アイオワ級戦艦の記念艦を使って実写版ヤマトをハリウッドで製作しよう」みたいな噂を聞いた記憶もあり、いろいろとねじれまくった末に出てきた結果がバトルシップなのかもしれんなあと
三十郎 @sanjuro2 2015年5月6日
冷静に考えればラスト寸前でスペースパンジャンドラムも固そうに見えて空対空ミサイルで叩き落とされてるものなぁ。強さ配分がバランス良かったんでB級臭く見えないのかなぁ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする