2015年5月28日

最近の戦争で米兵はどんな死に方をしているのか 山崎雅弘氏のツイートより

日本政府は知っているけれど、私たちは知らない現代の戦争。
106
山崎 雅弘 @mas__yamazaki

政府は「敵が撃ってきたら応戦する」「危険な事態になれば後方に逃げる」という、第二次大戦型のイメージで国民を騙しているが、イラク戦争で米兵がどんな「死に方」をしているかを正しく説明していない。「後方地域」の道路や路肩に設置された簡易爆弾が突然炸裂して、輸送車両の乗員などが即死する。

2015-05-25 13:33:36
山崎 雅弘 @mas__yamazaki

【閲覧注意・ショッキングな映像です】走行中の米軍車輌が即席爆発装置(IED)で爆破される動画。砲弾や地雷の信管と携帯電話等を繋げて、遠隔操作で爆破する。運良く生存しても、凄まじい衝撃波で脳の損傷(TBI=外傷性脳損傷)を受ける場合も。bit.ly/1Q5txiT

2015-05-25 13:35:27
リンク YouTube 【イラク戦争】IED(路肩爆弾)攻撃を受けた米軍車両映像集 ※即席爆発装置(そくせきばくはつそうち、IED、Improvised Explosive Device)とは、あり合せの爆発物と起爆装置から作られた、規格化されて製造されているものではない簡易手製爆弾の総称である。 日本の防衛省では「即製爆発装置」あるいは「即製爆弾」と訳している。 道路脇などに仕掛けられたIED...
山崎 雅弘 @mas__yamazaki

2001年10月から2008年11月までの7年間に、アフガニスタンで死亡した米軍および多国籍軍の兵士は699人にのぼったが、その約四割に当たる290人が、敵との銃撃戦ではなく、IEDによる死亡者だった。言い換えれば、死者の四割(半数弱)以上は、前線での交戦でなく後方で死んでいる。

2015-05-25 13:37:24
山崎 雅弘 @mas__yamazaki

2010年2月に米国防総省が発表した調査結果によると、アフガニスタンとイラクで2001年10月から2009年10月までの8年間に「対テロ戦争」に従軍した米兵約200万人の約7%に当たる約14万人が「外傷性脳損傷(TBI)」と診断された。同省は最終的に患者数は30万人に上ると推計。

2015-05-25 13:38:45
山崎 雅弘 @mas__yamazaki

防衛省で現代の紛争を研究している専門家は、当然こうした過酷な現実をよく知っている。しかし国会での安保法制議論では、このような「現実に基づく話」ではなく、「全く違う時代の古いイメージ」の枠内で派兵問題の是非が話し合われている。自衛隊員の命が、日本政府によって著しく軽く扱われている。

2015-05-25 13:40:00

コメント

大言壮語 @burado1 2015年5月30日
死者の数を語るなら、機雷散布によって起こる惨劇のほうがもっと死者を出しそうだね。反撃は大事です。
22
七七四未満六四以上 @zy773 2015年5月31日
う~んと、イラクもアフガニスタンもアメリカが攻勢(侵略)に「出た」戦争ですしね。日本の問題、集団的自衛権の要点であるシーレーン防衛とは違うとは思いますが、◇アメリカにとってアフガン・イラク戦争はしなくても良かった戦争なんでしょうが、日本はシーレーン切られると餓死しますよ。◆とは言えアメリカの「外征」に付き合わされるリスクは無視出来ないですよね。
3
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
popoi それは違います。戦争のバイブルと言われ現代でも軍人の必読書とされる「戦争論/クラウゼヴィッツ著」では戦争ですら外交の手段の一つとして位置付けられています。クラウゼヴィッツは戦争を殲滅戦である「絶対的戦争」と、目標目的の解決が終結とする「限定戦争」の2つを定義しました。更にクラウゼヴィッツは現実の戦争は限定戦争であると断じています。戦争は目標目的を達するための極限的外交です。終戦は決して政治そして国家の終了ではありません。
20
nekosencho @Neko_Sencho 2015年5月31日
多数の死者と経済的な損失に見合うだけの利益が上げられないなら失敗なんじゃないですかね、戦争って。仮に戦争が外交の手段だとしても、「外交」で多数の死者出して金も湯水のように使ってろくな結果が得られなければ失敗ですし
12
nekosencho @Neko_Sencho 2015年5月31日
最近の先進国では人命の値打ちも上がってますし、兵器の価格も運用コストも上昇している、戦争が採算割れする率はきわめて高いですよ
6
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
Neko_Sencho はいその通りです。例えば直近の例を挙げれば米国によるイラク戦争がその例に該当すると思います。戦争そのものが政治的失敗というのは行き過ぎた表現であるというのが今回の主張で、戦争の中には政治的失敗に該当するものがあるというのにはボクも同意します。過激なことを言ってしまうと日本画今後する可能性のある戦争には政治的成功の戦争もあるということは認識するべきですね。逆も然りですが。
4
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
第一次大戦前のヨーロッパ式戦争って、お互い出せる兵力をずらっと並べて、(こりゃアカン)と思った方が兵を引くと聞いたな。WW1の始まりのグダグダも、各国その感覚でいたら参加国がどんどん増えて収拾が付かなくなってコントロール不能になって。
3
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
tennteke クラウゼヴィッツは強依存の貿易関係にあったイギリス-ドイツにも言及してますね。誰も望んでない戦争が発生してしまうこともあると。
3
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
ボクは船乗りですから海運へ非常に興味あるわけですが日本が今後する可能性のある戦争としては日本-ホムルズ海峡航路防御戦が昨今話題です。日本の勝利条件・政治的成功条件は「日本-ホムルズ海峡航路を維持すること」です。この日本の勝利条件・政治的成功条件は敵艦隊を打倒することでも敵国を殲滅することでもありません。ただ維持することだけです。そして日本-ホムルズ海峡航路は尖閣諸島を経由するということも付け加えておきます。ここまで言えば"敵国"の狙いも理解できたと思います。
22
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
WakazoMarine 今の日本の野党と船乗りの関係って、どうなんでしょう?単純に何も知らないです。野党は憲法九条のからみで安全法制:戦争法案を語っていますが、野党は何か船乗りの立場に寄り添っていることは、あるんでしょうか?
0
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
「戦争ですら外交の手段の一つ」という時の「戦争」は威嚇戦・示威行動であって、殲滅戦は違うでしょうね。引き際終わらせ方を考慮している「戦争」と日本の大東亜太平洋戦争も違うし。クラウゼヴィッツの戦争論はクラウゼヴィッツのルールを双方が理解し守っているときに有効。だと思うけど読んだことはないです。(_ _)
5
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
tennteke ぶっちゃけほとんどないと言っても良いかも知れません。共産党は得意分野の労働関係で動くことはあっても安全保障に関しては素知らぬ顔をしています。民主党はむしろ会社側との交渉の方が好きらしく港湾利用に関して動くことがあります。少なくとも機雷除去に文句を言ってる間は船員から今の野党は評価されないでしょう。レーダーに怪しい小舟の影が映る怖さってのをもう少し理解してもらいたいものですな。
13
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
tennteke クラウゼヴィッツのルールというよりもクラウゼヴィッツが生きていた時代の戦争ルールと言った方が良いかも知れません。例えば戦争論には航空機に関する考察が抜けています。実用的な航空機は存在しなかったからです。それでも怖いくらいに戦争という概念を冷静に考察していますので図書館あたりから借りて読んでみると誰しもが戦争に関する意識に変化を起こすであろうとボクは保証します。それほどの名著です。
12
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
海運安全保障関係で文句を言う方々は言葉に気をつけないといけないと一応警告しておきますよ。その言葉は「海自の代わりに船乗りが死ね」という言葉と同義である場合もありますからね。前線に居るのが軍人だけだと思い込まない方が良いです。
47
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
WakazoMarine ひえ!なんとか協会の理事とかになってないかと思っていたんですけど…
0
西風鉄工所 @zr750c 2015年5月31日
2次大戦での軍人の損耗率は、陸軍20%海軍16%船員は43%なので、「最近の戦争で…」と言われましても感はある
7
m @moriyatomo 2015年5月31日
何かと思ったら陸上輸送の話だった。そもそも自衛隊は相手国の領土での兵站を担えるような能力ってあるの?ないでしょ?海上輸送や掃海ならともかく。
4
ポポイ @popoi 2015年5月31日
WakazoMarine 「戦争が外交の一手段である」と、「戦争が政治の失敗である」は、矛盾しないと考えます。損得勘定の線引きにもよりましょうが。
1
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
popoi それは終戦後に始めて認定できることだとボクは考えています。戦時中は選曲が日々変わりますから、例えばWW2当時の中国からすると前半戦は政治的失敗でしたが後半は政治的成功でしょう。そしてWW2の最終的な評価では中国はWW2において政治的に成功したとなっていると思います。
10
ポポイ @popoi 2015年5月31日
アレだけ莫大な被害を出した事は、元来、国力が足りていなかった事なども含め、政治的な失敗ですね。>中国
0
kitty guy @namaegawakannai 2015年5月31日
興味深いコメント欄になっていますのでお邪魔しますね。戦争も後方支援も民間を含む輸送も経済の一部として捉える、で良いのでしょうか? 仮にそうなら人的損失もコストとして軍民共に秤にかける必要があるでしょうし、戦争を含めた国際貢献に運輸業も入れるべきなのでしょうね。
2
kitty guy @namaegawakannai 2015年5月31日
国際的ルールで民間は攻撃しない事になっていても、信管たる携帯電話の輸送や持ち運びはゲリラ側にとって兵站とも受け取れる。一般に認知されてはいなくとも、保険を掛けるならそうしたリスクも考慮しなければならない。そもそも、自分達より高度な技術の移送自体が脅威になり得る、と。
0
kitty guy @namaegawakannai 2015年5月31日
そうなるとイスラム教徒にとってマララさんの受賞は明確な敵対行為であって、万人に平等な教育を"施す"等という思想は正に奢りに他ならない訳です。それでええと…、なんだっけ? 隊員さんにどんな危険があるか知ってるとか知らないとかの話だっけ? …ごめんよく分かんなくなっちゃったからやっぱり止めますね。m(..;)ノシ
0
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2015年5月31日
実は10年前、イラク南部サマーワに派遣されていた陸上自衛隊の車両がIED攻撃受けてるんですよね。幸い死傷者は出なかったとのことですが。
1
漫遊人 @manyujin 2015年5月31日
Neko_Sencho そこですよね。先の大戦でも、わが国は結局はそういうことだった。現在は、シーレーンの防衛ということではアメリカと利益は一致してますから、その部分で自衛隊が引きずり出されるのは仕方ないんでしょうね。
2
ネリナナリネ @nerinanarineyo 2015年5月31日
「クラウゼヴィッツの『戦争とは他の手段をもってする政策の継続』がやたらと引用される理由はなんだろう」 「最初の方に書いてるからさ」 という笑い話を思い出した」ですね。分かります。現代は戦争になったら「結果」関係なく負けですよ。不利益しかない。しかし、有事の自衛隊員輸送、船員を予備自衛官として動員すること考えてる自民を完全スルーで共産がー、民主がー、とか言ってる船乗りさんオモシロ。
1
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
nerinanarineyo 特殊技能持ちは仕方ないんですよ。ボクは陸の非特殊技能労働者よりも、あまり言いたくないですが徴兵される可能性が高い立場に居るんです。そんな立場に居るからこそ出来る限り現実的に考えなくちゃならないんです。戦争に行きたくないから。陸の人を戦争に行かせたくはないから。だから皆さんに情報を提供して考えて貰うんです。TVがホムルズ海峡と尖閣諸島を関連付けて紹介しなくてもボクがします。そして全編読まないと航空機に関する記述が抜けてるって解らないですよ♪
9
ネリナナリネ @nerinanarineyo 2015年5月31日
前の戦争で民間船と船員がどういう目にあって、どういう保証されたのか知っててそういうご理解のある発言してるのなら脳天気なことですね♪
1
Gril @Gril_ops01 2015年5月31日
だからこその「アホに任せると戦争になる」という意見では…?
3
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
前の戦争で民間船と船員がどういう目にあったのかを現在の状況で例えるなら、大日本帝国議会の議員達は何をやってたんだ?っつーことなんだが。
5
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
東条が悪いだの軍部が悪いだの天皇の戦争責任は?もいいだろう。で現在の野党の立ち位置は帝国議会の議員達だよ。命張ってる・張ってた人たちから相手にされてない、みそっかすの集団。
6
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
民主党が船乗りさんたちの命を心配して法案に反対していると思っているんだったらお目出度。船員さんは野党を頼みにしてなく(どうせ連中は聞く耳持たないんだから)自分たちの判断で自公案を警戒している。それを頭から賛成していると読むのは、まず決めつけの結論ありきの証明。
13
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
東日本大震災で東電が危険だからと撤退をしようとしたら菅直人が「撤退は許さん!」と息巻いて喝采を受けた。あれが特別専門職の徴用でなくてなんだっていう。日本の最高権力者が民間人に「時と場合によってはそこで死ね!」と命じたんだぞ?それが民主党の本質なんだぞ?菅は鳩山・小沢派じゃなく民主党生え抜きで、岡田に近い派閥。
18
thx4311@平壌運転 @thx_4311 2015年5月31日
IED問題は有り体に言うと「北爆仕様のMk82爆弾を108発(約24トン)装備したB-52の編隊で"耕す"」事が許されない世の中になったというのが大きいでしょうね。
2
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
国民は結果的に菅直人の判断を支持して、別に死を前提とした訓練をしているわけでもない民間人が政府の命令で死ぬか生きるかの最前線に配置されることは認めているんだよ。内閣不信任案に反対したし。船乗りさんがそれを意識しているかどうかは知らないけど。
3
ネリナナリネ @nerinanarineyo 2015年5月31日
じゃあ自民の立ち位置は当時の何処なんですかと・・しかし自民党が船乗りさんたちの命を心配してると思ってるならお目出度。「それを頭から賛成していると読むのは、まず決めつけの結論ありきの証明。」・・自公への警戒感一切なく、野党批判しかしてないんだから賛成してると思われても仕方がないよね。♪までつけて明らかに脳天気。
1
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
だからさ、自民党が船乗りさん達の命を心配していると思っているなんて、誰がどこに書いてあるんだっていう。書いてないことを脳内補完でわめいている人に付き合ってらんないっていう。
15
言葉使い @tennteke 2015年5月31日
自公への警戒感一切なくって、まだ審議の途中じゃねぇか。自公への警戒感なんて言わずもがななんだが、言わないと賛同していることになるらしい。反野党=親自公という決めつけかぁ。反野党で疑自公なんだよん。
13
Gril @Gril_ops01 2015年5月31日
最大の問題が野党が国民の命を守るわけが無いと思われている点、次に問題なのがそれを理解できない支持者が喚き散らしてる点
7
ephemera @ephemerawww 2015年5月31日
「政府は…第二次大戦型のイメージで国民を騙しているが」にいきなりひっかかった。現代の戦争について、日頃やれ徴兵制だのやれ特攻だのやれ焦土だのと言い出してるのは左翼だろう。それは左翼が持ってるイメージだ。それを最大に利用して大衆をオルグして煽っているのも左翼だ。左翼政党がそういう時代遅れのイメージで質問をするから政府もそういう前提に基づいた応答になるのと違うかね? 「政府は」だって? ホントよく言うよ。いやあ、心底呆れるわw
12
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
あらあらボクが言いたいことを代弁してくれた方が居るようで。少なくとも船員は掃海に関しては好印象を持ってるけれども、徴兵に関しては当然嫌なのです。法案に関して個別の意見を持ったって良いじゃないですか。少なくともこのまとめの件に関しては野党は船員に取って役立たずです。ボク達船員は安全かつ快適、そして短距離の航路が欲しい。この件に関しての主張はこれがメインなのです。地政学や外交云々はオマケみたいなもの。
11
ワカゾー @WakazoMarine 2015年5月31日
もう一つオマケで以前作ったコレを残しておきます。海運関係の安全保障のときに参考にすると良いですよ。この航路が日本の生命線の一つであると認識を持っていただきたいです。https://twitter.com/WakazoMarine/status/598821370236014593
6
Nikogori @4FootBlowtorch 2015年5月31日
米軍の場合は帰還後の自殺者も多く社会問題になっています。海外派兵するかどうかとは別に、こういう問題についての理解が日本でも広まればいいな、と思います。http://stopsoldiersuicide.org/
3
m @moriyatomo 2015年6月1日
WakazoMarine 尖閣諸島が抑えられても海上の通行はできるでしょう。
0
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年6月1日
「敵がきたら撃つ、危なくなったら逃げる」のイメージで語ってるのはむしろ「安倍は戦争したがってる」というアンチの方だと思うなぁ。賛成や容認の人が想定してるのは「シーレーン防衛」や「他国が攻撃してきたときの本土防衛」といった引き先のないシチュエーションで、状況次第では先制的自衛も選択肢に入れてるでしょ。このまとめの内容、「知ってる」って言われるだけに思うけど。
11
えびくろす @yukisuri 2015年6月1日
陸路や空路がそうであるように、海路もインフラであり、経済性や安全性を元に経路が定められ、調査、整備、維持管理されている、と思う。便利で重要な海路がひとつ使えなくなったとき、簡単に代替ルートが見つかるものだろうか。阪神淡路大震災や東日本大震災で通常の陸路が使えなくなったとき、相当不便になったり費用がかさんだりしたはず。
3
みるく・フローランス@アルブレヒト提督ver.1.10.8 @flowlanss 2015年6月2日
確かに尖閣諸島が抑えられても海上の通行はできるでしょう。しかし、それが通行の著しい障害になる。国際社会で明らかに領有しているとは言いがたい状況で勝手に実力行使でさも自分のものかのように扱う相手なら、もしかすると唐突に臨検などを始めるかもしれない。当然近道はしたい。経済的にも得だし、楽だ。極端に言えば近道はしたいけど怖いので通りたくないというのが船員さんの本音なんじゃないですか?
4
だいしゅきホールディングス(株)ウマ怪文書事業部 @botch_tourer 2015年6月4日
ここにも1人居るみたいだけど結論決まってる人間とは議論にならないので無視していいと思う。 んでホルムズにも尖閣にも迂回ルートはないわけじゃないけど、迂回できれば全く問題ないって話にはならないわけで。
8
s.j. @uo_kawa 2015年6月4日
外交とは交渉(negotiation)の事なので、「外交の手段としての戦争」は「交渉の手段としての戦争」という事です。そしてWWⅡは総力戦で、これは「国家の総力を出す戦争(総動員戦)」の事ではなく、「国家の総力を破壊する戦争」の事です。なのでWWⅡは目的限定戦争ではありませんでした。
3
センチネル @gundoll9 2015年6月4日
すでに原発の停止措置によって燃料代が増大してるこのさなかに、さらに海上交通路を「迂回せざるを、あるいは諦めるしかないかも知れない」という可能性を与えられて、どれだけ不安要素の増大に繋がるのか。シナにしてみたらそれだけで「日本の命脈を握る」というカードが得られるわけで、そういった圧力を背景とした交渉ができるということになる。レアアース禁輸措置とか実際あったばっかじゃん。
11
センチネル @gundoll9 2015年6月4日
南シナ海が封鎖された場合、原油コストが増大するのは目に見えてるわけです。物価の高騰、社会不安の増大、それに伴う治安の悪化などさまざまな悪影響が考えられるわけで、それはレアアース禁輸などとは比べ物にならない、かつてのオイルショック・パニックの再来になりかねない。トイレットペーパー買占め騒動とか笑い話ではなく、実際に過去にこの日本で起こったことなんだけどなぁ。
10
氷雨(鴎) @kamome54 2015年6月4日
食えなくなる心配がない人たちの思想遊び(首相からしてその気はありますが)のおもちゃと化した安全保障
1
kamekiti @kamekiti_360 2015年6月4日
米兵(人間)はどういった死に方をしているか、という話なので、政府関係の話は無関係なのでは? 記事で示されているのは、国ではなくて人間です。  こういう怪我やら何やらの話って、非常に重要ですよね。銃で亡くなられる方が多いと思っていましたが……。何よりも外傷性脳損傷って、今後の生活に致命的な影響を及ぼしそうですね
0
星五115体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2015年6月4日
どんな死に方だったら良いの?じゃあ?としか。榴弾でミンチになったりもするしな。死に方を出しても何の意味もない
2
センチネル @gundoll9 2015年6月4日
(テーマがずれてた。ごめんなさい)今の法制度上では自衛官は「銃と弾薬を抱えたまま、先制攻撃を敵に譲って死ね」に等しいものだという問題点。あと反戦を主張する人たちの「現代戦の機動歩兵」の想定1つとっても、「バンザイ突撃歩兵(サーベル指揮官に従って塹壕から這い出て突撃)」、「赤紙召集未訓練歩兵(メットと小銃渡したら即できあがりなインスタント歩兵)」といったものでしかなさそうで、現実とズレすぎててまとめにあるようなまっとうな疑問からは置いてけぼりな気がする。
2
センチネル @gundoll9 2015年6月4日
「後方支援でも戦死者は出る」「政府の言うような"逃げるから大丈夫"」的な発言はあきらかに現実の戦場に即していない、という主張はわかる。それでも行かねばならないのか、というのは「死者と国益の兼ね合い」という冷たい方程式が当然出てくるわけなんだけど……。(続く)
3
センチネル @gundoll9 2015年6月4日
そこで引いてしまえば「日本という国は戦死者が出るというごく当たり前な理由で、軍隊は戦闘することなくさらに後方へ逃げる」を公言するに等しいわけで、そんなの軍隊を統括する人らが言ってしまうとか大問題だと思うんだよな(世界中見渡してもそんなのあらかじめ公言してる軍がいるんだろうか)。
1
センチネル @gundoll9 2015年6月4日
軍を送り込んで介入するからには「覚悟」があって当然だし、冷酷なようだがそれができなきゃ軍でも何でもない。そんな「自分ら逃げますんで」を公言するという軍隊にあるまじき集団と、後方支援だろうが何だろうが連携して戦うほかの国の身にもなれっていう。足手まといどころの話じゃない。ネガティブリストばかりの(その上超ヘタレ逃走をしでかすというオマケつき)軍隊なんてありえねーと思うのだが。
2
センチネル @gundoll9 2015年6月4日
そのへんの覚悟というか戦争というものに対するマインドセットが全然できてないから(というか意図的に大戦後に壊されたというか)なんていうか議論以前の問題だと思うんだな……。そりゃ戦争なんて大嫌いだし死人なんて出てほしくないけど、もし、仮に引けない情勢下で戦いしか選択できない局面が来たとき、どこぞの芸人みたいな「黙って殺されればいいんですよ」みたいなことになりかねん気がする。
4
センチネル @gundoll9 2015年6月4日
>>「後方支援でも戦死者は出る」×/「後方支援だから直接戦闘はない」○
0
各務原 夕@自動翻訳人形サービス @nekoguruma 2015年6月4日
てか、このオッサンが言うリスク、自衛隊をPKOやらなんやらで海外に出すようになって以来、ずーっと付きまとってるリスクなんですが。今頃になって出してきた辺り、実のところ自衛官の命だのリスクだのに興味ないんだろうなぁとしか思えませんわ
21
やらか堂(モデルナミュータント) @yarakado 2015年6月4日
“尖閣諸島が抑えられても海上の通行はできるでしょう。”って言ったって、どうせそれで発生する莫大な運輸コストの物価への転嫁は受け入れないんでしょう?
8
マルンボーリ @tandaji 2015年6月4日
WakazoMarine 肝に銘じておくべきでしょうな、第二次大戦で夥しい数の民間船員が犠牲になってますし。
0
いへうこ(゜ロ゜) @koheeeeeei 2015年6月4日
ところで現代のアフガニスタンだけを例に出してますが比較するならばWW2時にはどうだったかも出さなきゃ分からないのでは?こういう事を言う人は自分の鏡像に向かって非難をしている印象。
0
hellcatcart@リンガ泊地 @hellcatcart 2015年6月4日
しかし普段は自衛隊員を犬以下しか思ってないサヨクがなにいってるんだろうねw
5
Sea_Doberman @Sea_Doberman 2015年6月4日
WWII以降、戦争はどんどん民間人犠牲者のほうが膨れ上がって、イラク、アフガンとなると、米側の損失は驚くほど少ない。最近の戦争は完全な民間人虐殺。
0
Sea_Doberman @Sea_Doberman 2015年6月4日
ちなみにホルムズ海峡ら辺は、周辺諸国への援助や武器の供与、売買を通じて、実質中国支配という噂がある。中国にとっても重要拠点だから。米中が支配する地域に、世間知らずの日本人が勘違いして出て行ってもろくなことがないと思うが。
0
Sea_Doberman @Sea_Doberman 2015年6月4日
日本人は、自分たちが20年以上経済成長していない一人負けの間に、世界がすっかり変わってしまったことを理解していない。世界はその間、2倍以上成長している。物価もそれなりに上昇している。その中での円安。これで、驚異的なダンピング(激安日本)が起きている。叩き売りで生活している民族が他国のことをどうとか、一人前のことを言っているのが恥ずかしい。世界は米中を中心に回っている。
0
Sea_Doberman @Sea_Doberman 2015年6月4日
Sea_Doberman 空襲などによる民間人大量虐殺が始まったのがWWII。
0
「立て!万国の労働者!」社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2015年6月4日
そうですね。その通りです・・・で、米兵の死に方と安保法制に何の関係が? 米兵が後方で悲惨な死に方をするから日本は石油の輸入はあきらめろと?・・・相変わらず論点ずらして情緒に訴える芸風には飽きてきました。そろそろ新しい芸を見せてください・・・
5
各務原 夕@自動翻訳人形サービス @nekoguruma 2015年6月4日
ん?民間人虐殺が始まったのが第二次大戦?単に技術の進歩によって歩兵が略奪しながら虐殺してたのを、遙かな高みから耕すようになっただけでしょ。それがこの話に何の関係があるのか知らんけど
6
ut_ken @ut_ken 2015年6月4日
nekoguruma なんであの手の人たちは、戦争での悲惨な大量死が近代~現代特有のものと思い込んでいるのだろう。とりあえずドイツの総人口の半分を死に至らしめた17世紀前半のドイツ三十年戦争とか見てから言おうよ。なお三十年戦争での大量死の原因は、略奪、飢え、伝染病など
4
しわすみ @s_w_s_m 2015年6月4日
「自衛隊が死傷する可能性が0ではない→法改正反対」とかいう訳の解らない反対論の存在が現実離れした神学論の跳梁跋扈の原因だと指摘しない辺りダメだなーと。
1
ut_ken @ut_ken 2015年6月4日
http://matome.naver.jp/odai/2141611708918549101 死者を大量に出した戦争【ランキング】【虐殺・歴史】 数え方にもよるでしょうけど二十世紀以降の戦争が案外少ない。また近代以前でも中国のスケールがでかい
0
しわすみ @s_w_s_m 2015年6月4日
イラク派遣時に自衛隊車両がIED攻撃を受けている(幸い死傷者は無かったが)から、リスクがあるかないかの二元論なら「ある」が正しいが、それを「法改正でリスクが生じる・増える」とミスリードしてみたり、自衛官のリスクを踏まえたうえで、日本がPKOや多国籍軍に協力しないことのリスクを意図的に無視しようとするのは明らかに間違っているよな。中途半端な正論を振り回すのはやめていただきたいものだ。
5