2015年6月3日

「ファンタジーで例えば“伊達”は使えない?」「いや使える?」

興味深かったのでまとめました
34
たまがわ @tamagaw_to

使えない日本語というか、小野不由美先生の後書きで「世界感からして言葉選びは難しい、例えば”伊達”という文字が入る言葉は伊達政宗が存在する世界でないと成立しない」みたいなこと書いてあって、ははーってなった

2015-06-03 10:55:56
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

↓一概にそうとは言えない。いわゆる世界観を持った創作のパイオニアであるトールキンの指輪物語は、「作品内世界の言語で書かれた本を作者が英語に翻訳した」というタテマエで、中つ国(ミドルアース)には存在しないはずの言い回しが使われている。

2015-06-03 14:03:17
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

伊達正宗がカッコイイと京の都で評判になったからカッコイイことやかっこつけを「伊達」と言うようになった……なんて語源の話をほとんどの日本人は知らない。だからファンタジー小説で「伊達男だな」という言い回しが出てきても、とくに違和感は覚えない。

2015-06-03 14:05:33
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

だがStrider → 韋駄天 てめーはだめだ

2015-06-03 14:07:07
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

以前も話した気がするが、ホーガンの「造物主の掟」で12進法を使っていると思われる機械人類たちが「百倍だ!」というような言い回しをわざわざ「十二の十二倍だ!」と表記しているのは上手い世界観の生かし方だと思いました

2015-06-03 14:16:04
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

トールキンの「作品内世界の言語を英語に翻訳したよ」スタイルは徹底してて、主人公のフロドやサムの名前ですら「これは英語圏の読者が目にした時の印象を考えて改変した名前だよ。フロド・バギンズは原語ではMaura Labingiだよ」ということになっている

2015-06-03 14:21:29
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

Mauraとは「賢いもの」という意味の言葉で、トールキンは「英語版への翻訳」に際してゲルマン語で同じような意味と響きを持つ「フロド」に改変した。だから日本語版の指輪物語ではフロドじゃなくて「賢太郎」とかにすべきだったのかのう……

2015-06-03 14:24:49
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

完璧日本語版指輪物語では、エルフ系の固有名詞は「西より来て優れた技や文化をもたらしたもの」つながりで百済系の名前にしたらええねん。

2015-06-03 14:31:48
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

「エルフの技によるみごとな像」→「百済観音」

2015-06-03 14:32:31
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

だいたいが「ミドルアース」→「中つ国」という日本語訳からして日本の美称の芦原中津国なんだから、「アマン」も「唐つ国」にしちまえばええんや(白目)

2015-06-03 14:34:28
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

「世界観に沿って描写を完璧にしました」系の創作と言えば「オネアミスの翼・王立宇宙軍」がある。あれも不用意に横文字の外来語を使わないようにして、極力漢語を用いていた。でも「ロケット」「ジェット」とかは無理だったらしい

2015-06-03 14:38:23

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月3日
割と小説が面白ければあまり気にならなくなるもんです。
6
Ukat.U @t_UJ 2015年6月3日
こういうのは翻訳でさんざん例が溜まってると思うんだよね。「シラノ・ ド・ベルジュラックは伊達男」って表現はよく使われても、今やアルセーヌ・ルパンが「 お釈迦様でも気がつくめぇ」と喋る様な訳し方する人はまずいない。 使うのが適切かどうかは、語源は何かって知識の問題じゃなくて、その言葉が読者の大多数にどういうイメージを喚起するかに尽きるよ。
5
夢乃 @iamdreamers 2015年6月4日
栗本薫さんもグイン・サーガのあとがきで同じこと言ってたね。(上のコメントこれのことかな?) 読者からの「イシュトヴァーンが仏教語の『南無三』を使うのはおかしい」って指摘に対して「グインの世界の言葉を日本語に訳しているから登場人物が日本語で使いそうな言葉を使っている」って。
5
nekosencho @Neko_Sencho 2015年6月4日
ロケットは火箭でどうだろうと思ったけどイメージわかないわなw ちなみにロケットにかかわった初期の日本の技術者はロケット作るぞといわれて、写真入りペンダントを想像したという話も
2
朝雑炊 @Jingisukan512 2015年6月4日
軌条が存在していない世界観で登場人物が「話が脱線している~」とか言ってるのを見るとすごい気になる・・・
3
smw @Shi_MeiWo 2015年6月4日
世界観をビシッと作っている作品は読者に誠実で好感がもてるんだけど、読む側としては正直あまり気にしないかなぁ。よほどチグハグでなければ(「八兵衛、ファイトファイト」など)
4
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年6月4日
源氏物語を現代語約するのと同じで、現代の読者が違和感なければ何の問題ないと思うよ。明治時代の子供向けグリム童話は登場人物名を無理やり日本語の名前に置き換えてるものがあったりで、かなり笑える代物になってたりします。
5
marinabornauk @marinabornauk 2015年6月4日
雰囲気を壊さなければ良いと思います。 固有名詞に英語などがそのまま使われているのは雰囲気を壊すので、たまに気になります。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年6月4日
シンデレラを「おしん物語」にした坪内逍遥の話もありましたな。そもそもシンデレラの起源はエジプトらしいし。
1
JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2015年6月4日
最初に登場するときに現地語直訳風なり漢文風に記述、カッコ書きで(以下~~と表現)と記述してそれ以降は普通に表現する、という手段を思い付きましたが、面倒ですね。
1
りそーすななじゅう @resources70 2015年6月5日
いわゆるファンタジー小説におけるナイフ問題ですね→
0
ふみはし @2384real 2015年6月5日
こういうのって大事だよね~
0
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2015年6月6日
進化した鯨のSFで、原語では「手に由来する単語」を一切使ってなかったから、翻訳にあたって手偏の漢字を使わないようにした、ってエピソードのある作品はなんでしたかね……?それ思い出した。
1
カスガ @kasuga391 2015年6月6日
むしろ柳瀬尚紀氏なんかは「原文で含意のある固有名詞をそのまま音訳するのは翻訳家の怠慢」と主張していたけど、妥当な意見だと思う。
3
カスガ @kasuga391 2015年6月6日
その主張の結果が「イボダラーケ・ショッパー」とかじゃなければ、もっと良かったけど。
2
れんちるーと @lenchroot 2015年6月6日
「読者の常識に寄り添う」「異世界の文化だと納得させる」両方やらなくっちゃあいけないのが翻訳家のつらいところだな!
4
cinefuk 🌀 @cinefuk 2015年6月6日
映画「テッド」でガチャピン、くまモン、星一徹を字幕に使った際の賛否両論ありましたね。 http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20130120 訳者は「日本人の大多数にわかるように固有名詞を置き換えた」と言ってましたが、スラングの翻訳は特に難しい
2
司城肥後介誠治 @opinel432 2015年6月8日
作品世界とわかりやすさの整合性は難しい。
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年6月8日
SFや時代劇であっても、台詞は当事者間でしかわからなくてもかまわないけれど、ト書きや地の文に当たる箇所は誰にでもわかるように書くのが原則ですよ。
0
mnianzinno @mnianzinno 2015年6月8日
乾石智子の古代ローマ風ハイファンタジー「夜の写本師」で「メリダヒ」→「左目」ってのが出てきてクラクラしました。他はいいんですがねえ……
0
mnianzinno @mnianzinno 2015年6月8日
懺悔しますが「ハレンチ」を外来語だと思っていて歴史ドラマのセリフに思いっきり突っ込んだことがあります。
2
悠戯@迷宮レストランとか @shkwyt 2017年1月15日
あまり関係ないけど、シグルイの「伊達にして帰すべし」を思い出した
1
くろぅど @Kuro_udo 2020年7月16日
下手にやりすぎても「パルスのファルシのルシがパージでコクーン」になるだけだから。 小説なら「何度も読み返してでもわかりたいという面白さがあるなら」という条件付きでいいけどな。 ガンダムでも富野系はZ以降は何度も見るか、設定資料集片手に視聴が必要だったし。 本筋の出来次第で評価が変わる。
0
降間 秋の同人祭 超15 @purimusu_ji 2020年7月16日
「いんだよ 細けぇ事は」(平松伸二先生)
0