2015年7月2日

エイト妄想♡ハロウィン×ゆにば×横山

ハロウィン×ゆにば×横山
3
しえ @syerryloves8

ハロウィン×ゆにば×横山 1. 「ただいまー♪」 『あー、おかえ…。なんやそのカッコ…』 ユニバに遊びに行ってた彼女を迎え入れると、その格好に言葉が出ない 「えへ、可愛い?ウィッチドレスー♡」 そう言って黒のミニスカワンピにオレンジ色のリボンがついた衣装でヒラリと一回転

2014-10-31 23:16:01
しえ @syerryloves8

2. (パンツ…見えた…) 『そんな格好でようで歩けたな…尊敬するわぁ…』 (こんな可愛い格好、そこらじゅうの人間に見せて歩いてきたんか…チッ) 「今日はハロウィンなんだからユニバじゃなくてもいっぱいいたよ〜?それより!はいっ!きみくんにお土産♡」

2014-10-31 23:16:50
しえ @syerryloves8

3. ばさっと頭から黒い布、手に棒、メガネをかけさせられた 「ぶ笑。できた!キミー・ポッター!笑」 『はぁ?、何勝手に着せてんねん!//アホか笑。つーか、ポッターて…マルフォイちゃうんか//』 「あ、きみくんの杖はマルフォイのだよん♡私のはダンブルドアの最強ニワトコの杖♡」

2014-10-31 23:18:11
しえ @syerryloves8

4. エクスペクトなんとかー!とか言いながら杖を振って遊んでいる彼女。 『俺も最強のがええ』 そう言って後ろから彼女を抱きしめ、彼女の杖を取ろうとするが、ダメーっと手から放そうとしない 「マルフォイいいじゃん、アトラクションのマルフォイカッコ良かったよ〜♡」

2014-10-31 23:18:40
しえ @syerryloves8

6. 「えっ?…て、イタズラだけ…?」 『そんな姿で街出歩いてきた彼女はおもてなししてやらん』 彼女を担ぎ上げベッドへと運ぶ 「まっ、まって…きみ…んぅ!」 抵抗する彼女の口を塞ぎ、服の上から胸を揉む 「あっ…や…ぁん」

2014-10-31 23:21:27
しえ @syerryloves8

7. いつもより濃い真っ赤な口紅が滲むくらい激しく口付け、舌を絡めているとはぁはぁと彼女の息は荒くなっていく 「…き、きみくん…」 唇を離すと潤んだ目が見上げていた 『イタズラ…好きやろ…?』 ニヤと笑って、彼女のスカートの中へ手を伸ばし、パンツだけ脱がせる

2014-10-31 23:21:50
しえ @syerryloves8

8. 顔を赤くしながら脱がされるままになった彼女は少し震えながら少し膝を開く 「さ、触っ…て…」 『ヤダ』 えっ?と驚く彼女を抱き起こし、 『俺、お菓子欲しいからちょっとコンビニで買うてきて』 彼女の顔が驚き、困った顔になる 『な…?お前も早く触って欲しいやろ…?』

2014-10-31 23:23:08
しえ @syerryloves8

9. そう彼女の太ももをなぞると、ビクッとした彼女は少し睨んで俺を見た 「買ってきたらもう意地悪しない…?」 『おん、せえへん』 俺の返事を聞くと彼女が財布を持って玄関へと向かう 玄関まで追いかけ、彼女を抱きしめる 『嘘…。そんな可愛い格好で絶対外なんて出してやらん…』

2014-10-31 23:24:29
しえ @syerryloves8

10. 「きみくんのあほ…」 潤んだ彼女の目にキスして彼女を玄関の壁に立たせたまま押しつけると、俺は跪いて 『ちゃんとイタズラするな…?』 そう言って、彼女の片足を肩に乗せ、スカートの中に顔を突っ込み、秘部の飾りをペロっと舐める 「き、きみくん…⁉︎ちょっ…ぁん‼︎//」

2014-10-31 23:25:21
しえ @syerryloves8

11. 彼女が俺の頭を放そうとするが、両手を壁に押しつけ、黙らせる 「あっ…だめっ…はぁんっ…あぁっ…!」 飾りとその奥のひだを何度か舐めると彼女の足が震えだす ひだの奥へ舌を伸ばし、中へ舌を入れると、耐え切れなくなった彼女が俺にもたれながらズルっと座り込む

2014-10-31 23:26:08
しえ @syerryloves8

12. 『後ろ向いて、壁に手ついて』 彼女を立たせ、そう言うと素直に従った彼女が肩越しに潤んだ目を向ける 「…ぁ…きみくん…も…」 懇願する彼女のそこに自身を当て、ベタベタに濡れた入口に擦り付ける 『コレ…入れて欲しいん…?』 「ぅん…きみくんの…おっきいの…入れて…」

2014-10-31 23:27:18
しえ @syerryloves8

13. 可愛い彼女のお願いを聞いてあげ、ずぷっと中へ押し込んだ 『きつ…、はっ…』 きゅうきゅうに締め付けられて、腰が止まらなくなる 「はぁん、ぁん!ぁあ!気持ち…いいよぉ…!」 ひっきりなしに声を上げる彼女の耳元で 『ココ…玄関て分かっとる…?…はっ…』

2014-10-31 23:27:49
しえ @syerryloves8

14. ビクッと彼女の身体がしなると中がさらにきゅうと締まり、俺を締め付けた 「ぁん、…ふぅ、んむっ…ぁ…//」 『なんや…、感じたんか…っ』 「も…意地悪しないでっ…ぁん…」 『えぇよ…もっと乱れてぇや…』 そう言って耳を舐めながら彼女の中を突き上げる

2014-10-31 23:28:21
しえ @syerryloves8

15. 「あぁ!あん!やぁ…イちゃ…きみたかっ…!」 『…っ‼︎//あぁっ…俺も…っ、くっ…‼︎』 ズルッと彼女が座り込み、中の俺が抜け出る。まだ硬さを保ったままの俺のものをはぁはぁと息が整わない彼女の舌が舐め上げた 『っ‼︎//おまっ…//』 「こ、今度は私…ね?」

2014-10-31 23:29:08
しえ @syerryloves8

16. とろんとした瞳でいやらしい液が付いた唇を舐めながら、俺のモノに彼女が手をかける 『…エッロ…//ええよ…降参や…』 ハロウィンの夜はまだまだ続く… (終)

2014-10-31 23:29:34

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?