小劇場と「舞台監督」と「安全」について

2015年7月1週目に起きた「都内某劇場での場当たり中の本水を使った事故」に端を発した、小劇場での「安全」についてのみなさんのコメント。事故についてのまとめはありましたが、一般論としての小劇場の安全について主に集めたものを作りたくて始めました。編集自由です。(劇場名・団体名を特定するものは避ける方針で編集したいです)
舞台監督 小劇場
red_eft 35221view 18コメント
46
ログインして広告を非表示にする
  • ことの発端となった都内某劇場での事故

  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:49:12
    取り急ぎまとめ 一回目、劇場立ち会い場当たり中、想定以上の浸水 照明ユニット浸水危機 中断 舞台監督依頼の照明回路の養生がされていないことが発覚 排水作業 セット一部撤去での乾燥作業へ 劇場、演出協議の上、降雨時間の大幅減少で対応 上記すべて、照明部は冷静に対応、 続
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:49:22
    その2 漏電の簡易検査後復旧 当方電気工事士免許保持者 二回目、水タンク排水中 排水パイプすっぽ抜け 噴水状態 照明機材、配線、壁、梁ビチャビチャに ホースの止め方がビニテとその時知る ここで初めて声を荒げる 復旧作業 舞台監督捕まえて相談 明日どうするのか? 続
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:49:32
    その3 舞台監督回答 非常時対応で、人員を常に配置し、非常時はすぐにポンプを停止するとの回答 根本が違うと思います 漏れないために養生やら保護やらの約束を取り付けること出来ず そんな状態では、本番で明かりを出すことは難しい 漏電の危険が伴い、公演ストップの事態も 続
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:49:42
    その4 一秒でも吹きあげれば、即漏電の危険がある状態 舞台監督は大丈夫ですと言うが、その言葉の根拠は、すぐに止めるからということ 漏電の危険性全くわかっていない 人災、火災の危険性もあり、お客様にも被害が及ぶ 水使用の見直し提案するも、却下される 続
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:49:51
    その5 そこで私の終電の時間 帰宅せねば 2回目の噴水の漏電検査が出来ない状況なので、無給でもいいから明日来て対応すると言い残し帰宅 漏電の件をあまりに軽視していると考え、進言したにも関わらず でも何も伝わらず、改善されず 告発を決意してのツイートをする 続
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:49:58
    その6 チーフから連絡あり そこで私が劇団から呼ぶなと言われたと知る チーフの立場考え、復旧方法を教え、連絡体制整え 翌日の増員を諦める この時点で、電気技師として安全ですとは絶対言えない現状が続いている 下手したら劇場機構損傷の恐れもありうる 続
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:50:06
    その7 現状のまま強行した場合に考えられる危険性 火災 感電 照明機材破損 浸水による腐食 カビ 簡易な漏電で、災害にならなかったとしても、乾燥状態になるまでは、停電状態の持続 すなわち公演中断をせざる得ない状態へと 続
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:50:12
    その8 ここまできたら、私一人ではどうしようもない 情報を広め、危機管理意識を高めてもらおうというのが、私の意図でした 万が一消防、警察沙汰になれば、グレーな領域にある劇場というものの存続が危ぶまれる状態にもと考えます 起こってしまっては遅いのです 続く
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:50:20
    その9 方法論、言動に問題はあったとは思います 私の発言意図は、無事に幕を開けて降ろすためだったということを知って頂きたく思っております 小劇場界の将来を潰すことになってしまうような事故目前の状況 黙って見過ごすことは出来ませんでした 続
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 07:50:26
    その10 以上が大雑把ではありますが、事の次第です 私が願うのは、安全と小劇場の繁栄です これを機会に今一度考えていてだけたらなどと考えております 幼稚な文章にお付き合いいただき大変に恐縮です 長々と失礼いたしました ご意見、質問ありましたらお寄せください 米野
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-04 14:51:29
    大前提書いてなかったですね 今回私、仕込みの2日目だけの照明増員 2日目とは、浸水した日 職業舞台監督、大道具、照明屋 電気工事士免許保持者 内装、電気工事、舞台資材製作、レンタル会社経営 元地方小屋付き 都内小劇場アドバイザー数カ所 劇場施工、改修も数カ所 という者です
  • きちんとした舞台監督がいなかったことが問題に

  • さとうひでのり @hidekichiii 2015-07-03 02:33:53
    劇場で水を使う事は本当に怖い。水はどこにでも入り込み金属腐食性があり電気を通す。全ての機材は金属部品と大容量の電気で動く。更に1m2で1トンの重量物だ。裸火や人吊りと同レベルの安全対策が必要なのだ。なぜわざわざ本火・本水という言葉があるのか。それを教えるのも本来は舞監の役割。
  • 米野直樹 @nyoneno 2015-07-03 02:05:59
    これを機会に、舞台監督という物の責任範囲、管理する側の体制 様々な問題を抱えた今回の事案 いいきっかけとして、見直す方向になればいいと本当に心から思う 簡単に本水使えると思って欲しくない 万が一の損害、誰が責任とるの? 全て解決して欲しい
  • しましま(下田雅博) @shimashima0703 2015-07-03 09:40:42
    公演中止、劇場設備全面賠償、工事期間の間の全団体利用中止で全額返金、レンタル機材の賠償。全部ひっくるめたら1000万円で済むかな?
  • 板じゃなくて坂。 @banno0908 2015-07-03 12:11:09
    @peach_nectar417 聞いたとこによると1tの水を排水なしで20分降らせようとしたらしい。ちなみに接続部はビニテ。素人が本水扱っちゃだめなんだよ。どの位もれたかわからんが、場当たりで漏れて退館間際に排水しようとして滝が出来たらしいから、床は確実にアウト。
  • 山本かおり @kaoriymt 2015-07-03 12:15:05
    @banno0908 @peach_nectar417 噴水状態で灯体にもかかったらしいですよ。その場合スピーカーにも被害があるんじゃないだろうか・・なんにしてもおそろしい。。
  • 板じゃなくて坂。 @banno0908 2015-07-03 12:17:40
    @kaoriymt @peach_nectar417 らしいですね。水かかった灯体を見た目大丈夫だと思って使えばショートして火を噴くし、スピーカーも同じです。水や火を使う事を簡単に思いすぎだし、ましてやそんな舞台に職業舞台監督を使わないとか話になりません。
  • 417。 @peach_nectar417 2015-07-03 12:32:05
    @banno0908 @kaoriymt …小屋さんやスタッフさんが不憫ですね… うちもよく水仕掛けやりますが、15年以上水仕掛けをやっている座長が専門で念入りに、神経質にやっています。 それほどまでにリスキーな仕掛けなのだなと学びました。排水をビニテ…悲しくなりますね。
  • 板じゃなくて坂。 @banno0908 2015-07-03 12:38:45
    @peach_nectar417 @kaoriymt それだけの効果を生むためにめちゃくちゃ周到に用意をして臨むべきものなんだよ。それでも事故は起こる。だから万が一の為の事を考えてさらに準備する。でも素人仕掛けで事故られたら、ちゃんとやってるカンパニーまで水NGになっちゃうよ。
  • 417。 @peach_nectar417 2015-07-03 13:35:22
    @banno0908 そうですね。万全の準備をしていても、ダメなときはダメ。プールにたった1ヶ所の針の穴があるだけで一晩で床板が再起不能になる。野外ならともかく、小屋で本水を使うって言うのは、それだけ繊細なお仕事なわけですよね…チケ五千円なら、職業舞監さん雇えなかったのかなって
  • 舞台監督の重要性について

  • はやしだいすけ @daisukezeros 2015-07-03 09:44:34
    他の現場の話を聞いてるとうちの現場はまだまだ全然へいわなんだと思った。。 とりあえず、舞台監督はちゃんと怒れる人でないといけないんだ。判断出来る人じゃないといけないんだ。 上を目指す劇団さんなら舞台監督は多少高い金払ってでも信頼おける職業舞台監督を置くべきだと実感。
  • あるみん @alumin13 2015-07-04 20:05:39
    舞台監督という名称を一般人が知らないことを嘆いても仕方ないので、馴染みのない人に説明するときは、多少のニュアンスのズレは無視して「現場監督」「現場責任者」などの用語を使うことにしている。

コメント

  • 赤原えふと @red_eft 2015-07-04 11:50:00
    「小劇場と「舞台監督」と「安全」について」まとめを更新しました。
  • Takayuki Akiyama @Tank_Tank_Tank_ 2015-07-04 12:02:00
    これは下手したら大事故に
  • 言葉使い @tennteke 2015-07-04 12:19:23
    平田オリザ氏が昔「日本には図書館法や博物館法はあるが劇場法がない。法律の有無にメリットデメリット双方があるが肝心なのは社会から「一人前」と見なされていないこと。小屋主と興行主で責任を負いますから消防法とかの管理を外してくださいが通用しない(暗転時で非常口ライトが興ざめとか客数が座席数を埋めたら後の客を断るとか)」てのがあったけど、「演劇に法律は馴染まない」という勢力にパージされて、劇場法の中身は別物になったような。
  • 言葉使い @tennteke 2015-07-04 12:20:36
    tennteke でも博物館や美術館にも「非常口ライト」、消防法の制限はあるよね?私の読み方がおかしいのだろうけど、そこはまぁ勘弁してください(_ _)
  • 言葉使い @tennteke 2015-07-04 12:21:58
    舞台監督って話し言葉で省略するときは「ぶたかん」と聞くけど、書き言葉で省略するときは「舞監」なのか。
  • hanahanasaori @hanahanasaori 2015-07-04 12:36:21
    略す時は「ぶかん」て発音する ブタはいやづら
  • ヨド @takuya_maiyuki 2015-07-04 17:56:45
    1tの雨か、たぶんウチだと許可自体しないな。風呂みたいな直接水を撒かない演出にしても、安全圏を確保したシート養生はしてもらう。このまとめの話だと最低でも床一面の養生は必須だと思うが、仕込み中にその確認しなかったのかな?
  • ヨド @takuya_maiyuki 2015-07-04 17:59:48
    それとグレーな部分って何だろ?いや自分も携わっているから心当たりはあるんだけど、関係者がグレーってぶっちゃけるのは正直どうかと思う。
  • 赤原えふと @red_eft 2015-07-04 18:52:24
    まとめを更新しました。
  • ネヨ筑摩屋松坊堂 @chikumaya 2015-07-04 22:00:39
    「タカラヅカの怪談」思い出した.アレを現代に現実として蘇らせたいのか素人舞監は
  • 赤峰 翔@三重 @showark 2015-07-04 22:50:29
    水だだ漏りにすりゃそりゃ舞台管理ブチ切れるだろ普通。浸水したフロア、下手すりゃ月単位で乾かないし小屋によっては舞台機構もイワしちまう。その上噴水して調光までやったら…最悪十億単位だな。
  • urakata @urakataCQ 2015-07-06 18:08:39
    労働災害の経験則に「ハインリッヒの法則」と言うのがあり、舞台ワークの事故も概ねこの法則に従って起こります。 1つの重大事故の背後には29の軽微な事故が在り、その背景には300のヒヤリハットが存在すると言うものです。 取り返しのつかない事故が起こる時には、その予兆として既に何度か小さな怪我や些細なトラブルやアクシデントが起こっていて、その現場では今のところ問題視されなくても危ないと度々感じていたり、安全で正しい作業が出来なく思えるような要因があちこちに見え隠れして居たはずです。
  • urakata @urakataCQ 2015-07-06 18:11:54
    作業中にヒヤリとする事や、ハッと危険を察知する事が時々あるなら、要注意です。大きな舞台では全国的に劇場機構がある程度は統一されており、舞台技術者がその劇場で詳細に決められたルールに従って作業を進めるなら、ハード面のトラブルはほとんど回避できます。大舞台で起こる事故の原因は、想定外の出来事が重なったり、作業の遅れから切迫して時間に追われた時に、本来ならするはずの行程を省略したり、誰かに任せた作業の確認を怠ってしまったり、慣れや経験から大丈夫だろうと、
  • urakata @urakataCQ 2015-07-06 18:13:21
    希望的に楽観視してしまう詰めの甘さ、つまりは人的な要因から事故は起こります。そしてその心の弛みは、自分の思い込み、固定観念から発生します。経験値の違うスタッフを、自分の常識や物差しで測ってはならないのです。水中のホースを繋ぐのに、ビニールテープで巻いて繋げる訳がないと勝手に思い込み、本水を使う前に最終確認を怠ったことが原因です。規律の取れたプロの技術者しか居ない大劇場でも毎年数件の事故は起こるのです。
  • urakata @urakataCQ 2015-07-06 18:15:37
    ましてルールや決まり事の少ない小劇場では、知識や経験値のかけ離れたプロとアマチュアが入り混じり、往々にしてお互いの作業を関知する事のない様々なセクションが同時に作業をするのです。更に小劇場の舞台監督は、増員数の少ない部署やスキルの低いセクションを止むを得ず手伝うことも多く、他人の作業を手伝いながら全体の進行状況を把握しなければなりません。その為にも舞台監督は舞台技術の知識を全般的に知るだけでなく、それぞれの技術者のスキル、知識度、人間性に至るまでを把握し、
  • urakata @urakataCQ 2015-07-06 18:22:20
    相手に合わせた的確な助言と指示を与えねばならないのです。小劇場に於いて大事故を未然に防ぐには、物理的にも精神的にも、ヒヤリハットを徹底して無くす事です。先ずは整理整頓です。使った工具やテープ類は、使い終わったら決められた場所に戻します。この当然の事が出来ない集団に、ヒヤリハットが多いのです。道や通路に荷物を置いて通行の邪魔をしないとか、ほんの少し仲間の便利を考え、みんなが居心地の良い場所に劇場を変えて行く事が、確実に事故を未然に防ぐ事になりますよ。
  • kaz @kaz141421356 2015-07-08 10:03:13
    tennteke ? 元の文脈が分かりませんが、誘導灯の消灯はある施設の特認から始まってます。それがいわゆる劇場では無いという意味ならその通りですが

カテゴリーからまとめを探す

「ライフハック」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする