ミイラレ!第七話:こっくりさんのこと(実況付き)

怪異に好かれる少年と退魔師の少女がなんやかんやするお話。主人公、さっそくピンチ。
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

【ミイラレ!第七話:こっくりさんのこと】 #4215tk

2015-07-16 20:36:27
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

「電話、終わった?」部室の中から上級生……都月薫が顔を出す。ちょうど通話を切ったところだった四季は慌てて頷いた。薫が笑みを見せる。「そっか!ちょうどいいね。準備ができたから戻ってきてくれる?」「は、はあ……」引きつりそうになる顔を抑え、部室の中へ。1 #4215tk

2015-07-16 20:39:15
栗なご @kurinago77

ミイラレダー!こっくりさん! #4215tk

2015-07-16 20:39:25
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

部室の中は薄暗い。電気が消されているからだ。窓から入るわずかな光が、部室中央の机を占領する道具を照らす。ひらがな一覧表に『はい』『いいえ』と鳥居のマークをつけた大きな紙。そして十円玉。四季は体を強張らせる。なぜ入学早々、こんなことになっているのか?2 #4215tk

2015-07-16 20:42:07
栗なご @kurinago77

怪異を引き寄せる体質の四季君とこっくりさんをやるというのか… こっくりさん以上の物が降臨してしまうのでは? #4215tk

2015-07-16 20:44:55
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

「おかえり、下級生くん」入り口で立ち止まってしまった彼に声をかけたのは外藤(がいどう)。眼鏡をかけた長身の女生徒。「ご、ごめんね?急にこんなことに付き合わせちゃって……」本気で申し訳なさそうに言ったのが鹿島。目が隠れるほどに伸びた前髪が特徴的な、同じく女生徒だ。3 #4215tk

2015-07-16 20:45:08
折リドラ a.k.a.LP ツイ減 @origa_mi_dra

怪異を引き寄せる体質の四季がこっくりさんをやったら呼び出されるのは狐狸妖怪で済むのだろうか #4215tk

2015-07-16 20:46:44
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

「かいなってば、そんな恐縮しなくて大丈夫だって!」明るい声で鹿島に答える薫に、外藤が半眼を向ける。「そりゃ薫っちはそうだろうさ。あんた少しは急に呼ばれる方の身にもなりなよ」「なんで?あたしはひとときの楽しみを下級生に体験してもらおうと」「もういいわかった。黙れ」4 #4215tk

2015-07-16 20:48:34
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

うんざりと会話を打ち切る外藤に、薫は笑顔のまま首を傾げていた。本気でなぜ呆れられているかわかっていないらしい。「変なの。ま、いいや。日条くんはこっちね」「は、はあ」相手に促されるまま、彼は上級生たちと一緒に机を囲む。なぜこうなったのか。自問自答しながら。5 #4215tk

2015-07-16 20:51:19
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

花子との再会後、彼はほとんど半強制的にこのオカルト研究会に連れてこられた。今隣に座っている研究会の部長、薫の手によって。ほとんど一方的にオカルト研究会の活動紹介を始めた彼女は、部活体験の一環としてあるイベントを催したのだ。つまり、このこっくりさんを。6 #4215tk

2015-07-16 20:54:12
たいむしふたーまくず @znntmk

RT ホント許しがたき巻き込まれ力である

2015-07-21 17:21:07
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

「下級生くん、ほんっとうに申し訳ない」対面に座った外藤が真顔で頭を下げた。「こいつ、言い出したら聞かないんだ。野良犬にでも噛まれたと思って諦めてくれ」「あ、いえ」あたふたと四季は視線を彷徨わせる。ふと相手の首元に巻かれた赤いスカーフに目が止まった。7 #4215tk

2015-07-16 20:57:10
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

「よし、じゃあ始めるよー」四季の思考は薫の声で中断された。そして十円玉に指を乗せ、鳥居のマークの上に移動させる。その上に外藤が指を乗せる。次に鹿島。視線で促され、四季も仕方なく最後に指を乗せた。「こっくりさん、こっくりさん、どうぞ御出でになってください……」8 #4215tk

2015-07-16 21:00:04
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

先ほどまでと一転した落ち着いた声音で薫が呟く。まるで呪文を唱えるかのように。詠唱が始まるとほぼ同時、四季は自分の指の上になにかが乗せられたように思った。「ん、いらっしゃったみたい」薫がにっこりと笑った。「じゃあ質問タイムだ。じゃあ紅子(べにこ)からね」9 #4215tk

2015-07-16 21:03:34
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

外藤が溜息をつき、質問する。「運命の人と出会えますか」十円玉が動き、『はい』へ。「次、かいな」「失くしたものは見つかりますか」『わ・か・ら・な・い』十円玉が移動。「じゃあ次、日条くん」「ええと……」四季が言葉に迷ったそのときだ。部室のドアがノックされた。10 #4215tk

2015-07-16 21:06:12
@hiiragi_r_t_d

ノックされる→手を離すの流れやばくね?コックリさん中断しちゃまずいよね? #4215tk

2015-07-16 21:12:25
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

指先を重ねていた面々は、一人を除きほぼ同じタイミングでドアを見やる。唯一そうしなかったのは薫だ。「はいはーい」明るい声をあげた彼女は、自分の指を引き抜いて立ち上がる。「え」四季は呆気にとられた。こんなにきつく押さえつけられているのに。いや、それ以前の問題だ。11 #4215tk

2015-07-17 20:39:05
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

オカルトに疎い彼でさえ、こっくりさんを途中でやめるのはまずいことくらい知っている。にも関わらず彼女は「あれ、零冶じゃん。どしたの?」「どしたの?じゃねえよ!」少年の怒鳴り声。驚いて振り向くと、薫を見下ろすガラの悪そうな生徒が一人。対応からして薫の同級生か?12 #4215tk

2015-07-17 20:42:14
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

「お前!こっちに新入生引き込んだろ!」「んー?あーはいはい、いるよー。日条くーん」「え、あ、はい」おずおずと立ち上がった四季は薫の元へ。その横で、外藤たちが慌ててこっくりさんの道具を片付け始めている。薫の側にきた四季はようやく気づく。来訪者は一人ではない。13 #4215tk

2015-07-17 20:45:05
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

零冶という少年の後ろに三人。見たことのない男子生徒。なぜか生徒会長。そして「怜!」幼馴染の顔を見つけ、四季は思わず声をあげた。彼女はわずかに微笑んだあと、すぐにきつい視線を薫へ向ける。「駄目ですよ、都月さん。入学したばかりの一年を居残りさせては」14 #4215tk

2015-07-17 20:48:10
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

咎める生徒会長に、薫は困り顔を見せる。「そんなこと言われても。昼過ぎまで学校にいたのはこの子のほうで」「それは理由にならないでしょう?」ぴしゃり、と生徒会長が言い放つ。彼女の目配せを受けた怜が、四季の手を取った。「さ、帰ろ。四季」「う、うん」15 #4215tk

2015-07-17 20:51:04
鹿奈しかな a.k.a SS @RiverInWestern

こっそり近づいていた鹿島から荷物を受け取り、四季は手を引かれるままにオカルト研究会を後にする。振り返ると、生徒会長らから説教を受けているらしい薫と目が合う。彼女は意味ありげに笑みを浮かべ、ひらひらと手を振った。彼は軽く頭を下げ、怜とともに昇降口へと向かう。16 #4215tk

2015-07-17 20:54:09
残りを読む(117)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?