2015年9月3日

日本の陶器製手榴弾について

日本の陶器製手榴弾についての基礎知識をまとめておこうと思います。手榴弾四型については明日以降追加します。
129
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

いよいよ例の放送が明日なので、日本の陶器製手榴弾についての基礎知識をまとめておこうと思う。 pic.twitter.com/Wl8SJFR89O

2015-09-02 21:42:42
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 陶器製手榴弾と一口にいっても、陸軍と海軍でそれぞれで別々のものを開発していた。 パイナップル型で知られる備前焼・京焼(清水焼)が陸軍。 球形の体部を持つ有田や瀬戸、信楽等のものが海軍で、「手榴弾四型」と称されたらしい。

2015-09-02 21:43:29
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 備前では、昭和19年に大阪陸軍兵器廠長名で当時隣組の組長であった金重陶陽に依頼があって、そこから製作にかかり、昭和20年4月頃から終戦までに3万ないし数万個が製造されたという。

2015-09-02 21:43:46
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 備前焼陶器製手榴弾の製作技法はロクロ成形と型押し成形がある。型押し成形では石膏型に粘土を押し込んで作るため、比較的形状・寸法にバラつきが少ないが、ロクロ成形では製作者の技量が如実に反映される。

2015-09-02 21:43:59
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 また、底面には基本的に製作者に割り当てられた番号が刻印又は手書きされ、それにより製作者が分かるものがある。但し、印がないものも僅かながら存在する。以下に各種の特徴を示す。

2015-09-02 21:44:47
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 ロクロ成形で番号不明の陶器製手榴弾。山本陶秀製作の手榴弾に似るが、線やプロポーションの特徴から別人作と思われる。底面は付着物のため製作者番号が読み取れない。 pic.twitter.com/up93Dn0toc

2015-09-02 21:45:46
拡大
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 製作者番号が判明していないが、手榴弾をロクロ成形で製作したのは金重陶陽・金重勉ほか2名と言われ、そのいずれかの可能性がある。

2015-09-02 21:46:24
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 ロクロ成形で3番の陶器製手榴弾。西村春湖製作で、理由は不明だが刻み目がないのが特徴。但し、縦横の刻み目入り個体も一定量確認されている。備前で線を入れなかったのは、他に彼の弟子の金井春山だけである。 pic.twitter.com/pIeqrLoz17

2015-09-02 21:46:55
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 型押し成形で7番の陶器製手榴弾(右)。この個体は一般的なサイズのもの(左)と比較すると一回り大きく、素地は淡橙色、表面の塗り土も完全にガラス化していない。即ち、生焼け品である。 pic.twitter.com/dsfomBhUlo

2015-09-02 21:49:01
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 京都藤平陶芸で立命館大学が行った調査でも同様のものが8点報告されているが、備前では今のところこれだけしか確認していない。製作者は不明。

2015-09-02 21:51:05
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 型押し成形で9番の陶器製手榴弾。手書きで大きな製作者番号が特徴である。同じ印のものが木村興楽園に伝えられており、同窯の製作か。 pic.twitter.com/QuAErZVmNl

2015-09-02 21:51:39
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 ロクロ成形で10番の陶器製手榴弾。藤田龍峰製作で、比較的現存数が多い。 pic.twitter.com/dJ3fULZRzR

2015-09-02 21:52:41
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 ロクロ成形で11番の陶器製手榴弾。山本陶秀製作で、製作者番号印には大小2種があるほか、1点だけ爪で刻んだ個体が確認されている(備前市教育委員会所蔵)。 pic.twitter.com/Iyqlgh6kif

2015-09-02 21:53:23
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 型押し成形で12番の陶器製手榴弾。大きな製作者番号印が特徴である。製作者は不明。 pic.twitter.com/mhtI6UWsgr

2015-09-02 21:55:29
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 型押し成形で15番の陶器製手榴弾。片倉直之製作で、比較的現存数が多い。線は、元から型に刻まれていたままのもので、他の製作者のように手で刻みなおしていない。 pic.twitter.com/ItVTeoVR1Y

2015-09-02 21:56:08
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 型押し成形で20番の陶器製手榴弾。金井春山製作で、成形技法の違いはあるが、彼の師匠の西村春湖同様に刻み目有りと無しの手榴弾を作っている。 pic.twitter.com/HErz9Z7lXH

2015-09-02 21:57:13
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 京焼(清水焼)の陶器製手榴弾は、備前と同じパイナップル型であるが、胎土が半磁器質で殆どのものに筋目がないのが特徴である。製造は、藤平陶芸のほか、高山耕山化学陶器株式会社で行っていたといわれる。 pic.twitter.com/zkW7IESEGc

2015-09-03 21:43:25
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 成形手法は、石膏型への泥漿鋳込み成形である。鋳込みで作った体部に円盤状の頭部を貼り付け、口を穿孔して細部の整形を行ったのち、全面に鉄釉をかけ、上面と口内面の釉薬を削り取り、乾燥させて焼成している。 pic.twitter.com/Y7rAIqJitz

2015-09-03 21:44:04
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 藤平陶芸では、製造した陶器製手榴弾の側面下部に「京 正文」もしくは「正文」の刻印をしているものが見られる。但し、釉薬が厚かったのか元から押してなかったのか、確認できないものも多い。 pic.twitter.com/Ix8yE0k3Dz

2015-09-03 21:44:37
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 平成8年に藤平陶芸で見つかった256個の陶器製手榴弾弾体は、そのうち215個が立命館大学国政平和ミュージアムに寄贈された。これを調査した報告書によれば筋目有りは2点のみで、見本品か熟練工の作だろうとしている pic.twitter.com/NPMmv6hbSz

2015-09-03 21:46:03
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 私が所蔵する京焼陶器製手榴弾は、これらとの比較から全部藤平陶芸製と思われ、立命館大学の調査が入る前に市場に流出したものだろう。筋目あり1点、無しが5点ある。

2015-09-03 21:46:40
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 美濃焼の手榴弾は、縦横と斜めの深い刻み目が入り、陶器製の蓋と栓を有するのが特徴である。製造所は、岐阜県土岐郡笠原町の日本製器であるが、現在この会社はなくなっている。 pic.twitter.com/BXHsjbVS3K

2015-09-03 22:00:56
拡大
拡大
拡大
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 日本製器では、マンガンと粘土を混ぜた「マンガナイト」という土を開発したところ、それで手榴弾を作れと軍から命ぜられ製造したという。また、丸型以外にも茶筒型のものも製造したという。 pic.twitter.com/PqNB2xdS35

2015-09-03 22:03:33
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 この陶器製手榴弾は、表面に刻み目のある石膏型を用いた機械ロクロ成形で、比較的寸法のバラツキが少なく、規格性は高い。 pic.twitter.com/SIaDIzfWU7

2015-09-03 22:04:24
拡大
たまや 金曜日東ホ41a @tamaya8901

@tamaya8901 ただ、刻み目を見ると、元から深い線が型に刻んであったものと、型に浅い線だけが入っていて後から深く手で刻みなおしたものが見られる。手刻みではさらに、横から見た斜線の向きが「<」と「>」の2種がある。 pic.twitter.com/Xnw0YxQK51

2015-09-03 22:05:36
拡大
残りを読む(29)

コメント

言葉使い @tennteke 2015年9月3日
前に陶製手榴弾の話しをしたとき「今の時代、セラミックって陶製ってことなんだよ」と言われたことがある。陶製手榴弾と現代セラミック製品に繋がりはあるのかしらん。
1
汐鈴@ワクチン3回目接種済み @cio_lunacy 2015年9月3日
不謹慎かもしれんけどちょっとしたインテリアにいいなぁ。
5
岡一輝 @okaikki 2015年9月3日
筋彫り無しのモノは、棗って言っても通りそうな。いや、そもそもが茶入れを作ってた職人の手なのかな。
4
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2015年9月3日
土地柄かなりのお手ごろ価格で備前焼きが入手出来るので食器で使ってるが、爆破させるより鈍器や投擲として使った方が効果があると思われ。
0
あおやもり @aoyamosan 2015年9月4日
信楽出身で小学校の資料室に十数個の陶製手榴弾があった。丸と茶筒。腐った信管有り炸薬抜き。地雷の皮もあった。懐かしい(笑)
0
kawonasi @kawonasi4989 2015年9月4日
へうげものに登場する由緒ある茶入れ「勢高肩衝」に似ているかも(←目がフシアナ) 番組では「威力はごく低い」っていってたけど、内部にボールベアリングを入れてたら 多少はマシになってたかも?
2
nekosencho @Neko_Sencho 2015年9月4日
こういう茶道具あるよねえ、もうちょい口が広ければ本当に転用できそうだ
2
ポンポコリン @nanji_sorenari 2015年9月4日
美濃焼のは、ひょうげた茶入れだなぁ
1
kartis56 @kartis56 2015年9月4日
地雷容器と似たようのものをどっかで見た気が…と思ったら、漬け物用重石だった     http://www.amazon.co.jp/dp/B00KQAENE8
0
Bernoulli【浮上中】 @civilmarvelous 2015年9月4日
某河川敷にゴロゴロ転がってるんだよなぁ。
0
こぎつね @KogituneJPN 2015年9月4日
兵器としても機能美も日本製器製のものが一番高度に思えるが、世間的には人間国宝とか名の知れた陶芸家のの作品の方が評価が高いんだろうな
0
ぺったん @pettan_72 2015年9月4日
刻み入れてあるってことは破片手榴弾なんだろうけど、陶製でどれ位威力が保てるのだろうか。鉄球や鉄線入れて使うものだったのかな?
0
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年9月4日
まぁ、刻み目は無駄ってのが最近解ったので、問題は質量と硬度なんだろうけど、石に準ずる陶製+手榴弾程度の爆発範囲なら、ほぼ鉄製と変わらなかったんでは。
0
www @tosidense 2015年9月4日
番組見たけど、信楽焼き以外の陶器製地雷はあるんだろうか?
0
nekosencho @Neko_Sencho 2015年9月4日
それはそうと、輸送中や行軍中に割れて爆発事故とか起きそうな気がするんだが、そのへんどうだったんだろう?
1
ネコチャキュービー静岡ホビーショー5/15参加 @NekochaQB 2015年9月4日
破片手榴弾の弾片を効果的に発生させるためには、弾殻の外側ではなく内側に切れ目を入れなくてはならない(手榴弾として有名なM1グレネードもパイナップルみたいな弾殻形状に実質的な意味はなかった)ので、陶製手榴弾に刻み目入れようと入れまいと関係はなかったのだ。ショッギョムッジョ!!
4
inukusu @inukusu 2015年9月4日
西村春湖作の線が入っていない備前焼、いい感じですね。普段使いにもよさそう。
0
タツコマ@一夫多妻※太め好き @TATukoma1987 2015年9月4日
元寇のときに使われた『てつはう』の近代化再現なんだよね。ちなみに、ベトナムでは設置型地雷としてコンクリート地雷が量産しやすくて安いって事で結構使われたそうだ。表面の切れ込みは滑り止めにしかならんのだとか。
1
える子@ノンセクト見習い💉💉💉 @floretCLG 2015年9月4日
一輪差しの器にちょうどいい風格ある手榴弾が多すぎる
1
アロイジア @aloisia530 2015年9月5日
既に何人もの方が指摘してますが,本当に茶入れ(濃茶用)みたいな形状ですね.
1
たまや 5/15神戸かわさき元町2 @tamaya8901 2015年9月5日
まとめを更新しました。ソ連で作られた陶器製手榴弾に関して追加。
1