22

デザイン画

🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
次は金魚。 並行して別のモノもちょこちょこやる予定です。 pic.twitter.com/blkrwcBv5E
拡大

使用するタガネ

🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
金魚金具、制作開始。 タガネはいつもより数本だけ多いこれだけでいこうと思います。 pic.twitter.com/EuzSYUOJnO
拡大

作業工程

まず、作業領域を作るために最初のタガネを打ち込みます。
使用地金は素銅、1.2㎜厚のモノを使っています。

続いて木タガネでおよその高さを出すために裏から打ち出します。
打ち出すと地金全体が歪むので、先ほど打ち込んだタガネ跡の外側だけ木槌で均します。

続いて冒頭でお見せしたタガネ類を使い、表から造形していきます。
高いところを残しつつ、低いところは落としていくイメージ。

タガネで叩いていくと地金が加工硬化を起こして硬くなります。
以降、打ち出し過程のツイートはその度に焼きなましをしてから作業→ツイート、を繰り返しています。

🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
たまにはこんなのも。 焼き鈍し後、硫酸に浸けて酸化被膜を除去した直後の表裏です。 #goldfish #金魚 #Repoussé #打ち出し #MakingProcess pic.twitter.com/vmhnsf53bk
拡大
拡大
🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
そろそろ裏から数か所打ち出さないと、表からの作りこみでは限界がきたので次、打ち出します。 #goldfish #金魚 #Repoussé #打ち出し #MakingProcess pic.twitter.com/k7oZHZJLrr
拡大
拡大
拡大

造形を進めていくと、低くしたところの周りの地金が引っ張られてしまい、高さを保ちたいのに低くなっていまったり、丸みを出したいのに平面に近くなってしまったりするので、必要に応じて最初の打ち出し同様、木タガネで裏から叩いて持ち上げたりしていきます。

🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
尾びれを少しいじりました。 そろそろ、胸びれとか腹びれとかを作り込みし始めよう。 #goldfish #金魚 #Repoussé #打ち出し #MakingProcess pic.twitter.com/1pmwZi0i2M
拡大
拡大
拡大
🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
胸びれ、腹びれの位置を少し変更、および顔周りを作り始めました。 それに伴い、(特に腹びれが)下がってしまったので、打ち出します。 #goldfish #金魚 #Repoussé #打ち出し #MakingProcess pic.twitter.com/iEY9da75zt
拡大
拡大
🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
位置移動をさせて再度持ち上げた胸びれ、腹びれの作り込みをしました。 まだ高さが足りないところがあるので、また改めて打ち出す必要ありです。 #goldfish #金魚 #Repoussé #打ち出し #MakingProcess pic.twitter.com/qnqLtW7z2Y
拡大
拡大
拡大
🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
胸ひれ、腹ひれを持ち上げ、尾びれの表情付けをさらに進めました。 #goldfish #金魚 #Repoussé #打ち出し #MakingProcess pic.twitter.com/knfzP7fuqC
拡大
拡大
拡大
🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
さあ、若干迷走しだしました。 ちょっとどうすればいいかよくわかんなくなってきています(;´∀`) #goldfish #金魚 #Repoussé #打ち出し #MakingProcess pic.twitter.com/spTC1b3X2k
拡大
🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
修正できそうです。 腹びれを再度持ち上げて、形を整え、尾びれを数か所膨らませればいけるとおもいます。 #goldfish #金魚 #Repoussé #打ち出し #MakingProcess pic.twitter.com/hKSwqkxsR1
拡大
拡大
🍢Mirai Yamazaki🍢 @ateliertakanari
ちなみに現状の凹凸感はこんな感じ、ということでいつもと違うアングルで。 pic.twitter.com/Jc3ldAfzZH
拡大
残りを読む(28)

コメント

Rick=TKN @RickTKN 2015年11月6日
トゥギャトピ! 編集部へ ・鉄では無くて銅です。 ・一円玉の直径は2cmです。 ※“1枚の鉄から1cmの金具細工ができるまで”に対するツッコミ
nMaAmMeE @jkgkikllh 2015年11月6日
鍛金は耳をやられるから、教室を開いても生徒が集まらなくて、金銭的に苦労するって、人間国宝の人が言ってたな。
🐔名無し🐔 @ScreamIcecream7 2015年11月8日
日用品の制作実演と販売は見たことあるけどこの手の金具細工を作る工程ってのは初めて見た気がする
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする